一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)全国HIV検査の日の影響に関する評価 ― アメリカ・・・

MMWR抄訳

rss

2016/06/24Vol. 65 / No. 24

MMWR65(24):613-618
Evaluation of the Impact of National HIV Testing Day — United States, 2011–2014

全国HIV検査の日の影響に関する評価 ― アメリカ、2011~2014年

新たなHIV陽性診断の確認における全国HIV検査日(NHTD、6月27日)の有効性について、2011~2014年に行われたCDCによるHIV検査イベントに関するNational HIV Prevention Program Monitoring and Evaluation (NHM&E)データが分析された。この期間、CDCによるHIV検査イベントは13,051,035回(2011年:3,299,690回、2012年:3,287,024回、2013年:3,343,633回、2014年:3,120,688回)実施され、新たなHIV陽性検査結果は2011年:17,216件(0.52%)、2012年:16,976件(0.52%)、2013年:17,426件(0.52%)、2014年:16,530件(0.53%)にて認められた。検査イベント数は6月がピークであり(6月:1,198,719回、1~5月および7~12月の平均:1,077,574回)、HIV陽性例の確認数も6月に有意に増加していた(6月:6,455件、1~5月および7~12月の平均:5,608件)。6月27日(NHTD)のイベント数は他の日に比べ多く、また、27日の新規HIV感染診断例数とNHTD前後2週間における新規診断例数を比較した場合、27日における新規診断例は2番目に多い日に比べ2011年は25%多く、2012年、2013年、2014年はそれぞれ40%、20%、17%多かった。HIV新規診断例は20歳以上にて6月とその他の月に有意差を認め(20~29歳:6月:2,469例、その他:2,239例、30~39歳:1,486/1,341例、40~49歳:1,265/1,012例、50歳以上:982/766例)、また、性別、人種/民族を問わず検査イベントおよび新規診断例は6月にて有意に多かった。男性同性愛者(MSM)も白人、黒人、ヒスパニック/ラテン系いずれも検査イベント、新規診断例ともに6月に有意に多く、NHTDはHIV新規診断例の確認に有効な戦略であることが示された。

References

  • CDC. National HIV testing day and new testing recommendations. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:537.
  • CDC. National HIV testing day—June 27, 2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:441.
  • Office of National AIDS Policy. National HIV/AIDS strategy for the United States. Washington, DC: Office of National AIDS Policy; 2010. <http://www.aids.gov/federal-resources/national-hiv-aids-strategy/nhas.pdf>
  • Siddiqi AE, Hu X, Hall HI. Mortality among blacks or African Americans with HIV infection—United States, 2008–2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:81–6.
  • CDC. Estimated HIV incidence among adults and adolescents in the United States, 2007–2010. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. <http://www.cdc.gov/hiv/pdf/statistics_hssr_vol_17_no_4.pdf>
  • Seth P, Walker T, Hollis N, Figueroa A, Belcher L. HIV testing and service delivery among blacks or African Americans—61 health department jurisdictions, United States, 2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:87–90.
  • Van Handel M, Mulatu MS. Effectiveness of the US national HIV testing day campaigns in promoting HIV testing: evidence from CDC-funded HIV testing sites, 2010. Public Health Rep 2014;129:446–54.
  • Marks G, Crepaz N, Janssen RS. Estimating sexual transmission of HIV from persons aware and unaware that they are infected with the virus in the USA. AIDS 2006;20:1447–50. <http://dx.doi.org/10.1097/01.aids.0000233579.79714.8d>
  • Hall HI, Holtgrave DR, Maulsby C. HIV transmission rates from persons living with HIV who are aware and unaware of their infection. AIDS 2012;26:893–6. <http://dx.doi.org/10.1097/QAD.0b013e328351f73f>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ