一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)Title X家族計画クリニックへの男性の参加 ―・・・

MMWR抄訳

rss

2016/06/17Vol. 65 / No. 23

MMWR65(23):602-605
Male Attendance at Title X Family Planning Clinics — United States, 2003–2014

Title X家族計画クリニックへの男性の参加 ― アメリカ、2003~2014年

生殖医療ケアは男女ともに必要であるが、家族計画サービスはこれまで女性を中心に行われてきた。1970年以降、アメリカではNational Title X Family Planning Programの資金提供により、Title Xサービスサイトにて主に低所得者の男女を対象に妊娠前検診、不妊、避妊、性感染症(STD)に関するケアが提供されている。アメリカ合衆国保健福祉省のOffice of Population AffairsおよびCDCは、Family Planning Annual Reportの2003~2014年のデータからTitle Xサービスへの男性の参加状況について検証した。2014年、50州およびワシントンDCのTitle Xサービスサイト約4,100カ所を利用した男性は計3,800万人に上り、利用者における男性の比率は2003年の4.5%(221,425名)から2014年の8.8%(362,531名)へ、ほぼ2倍の増加となった。2014年の男性参加者の内訳は、白人(34.6%)、ヒスパニック系(27.6%)、黒人(24.2%)で、約半数(49.0%)が20~29歳であった。州別では、男性利用率の低いミシシッピ州(0.7%)、テネシー州(0.7%)、アラバマ州(1.0%)から、利用率の高いロードアイランド州(16.1%)、デラウェア州(19.1%)およびワシントンDC (27.2%)まで幅があった。男性利用者の大多数(87.5%)が避妊法を用い、その多く(71.9%)がコンドームであった。また、男性利用者の66.6%がクラミジア検査を受けていた。その他のSTDについては、利用者10名あたり7.5回の淋病検査、3.3回の梅毒検査、5.7回のHIV検査が実施された。Title Xサービスサイトの男性利用者は増加しており、医療機関は男性を対象とした家族計画サービスの向上に努めるべきである。

References

  • Kalmuss D, Tatum C. Patterns of men’s use of sexual and reproductive health services. Perspect Sex Reprod Health 2007;39:74–81. <http://dx.doi.org/10.1363/3907407>
  • Sonfield A. Looking at men’s sexual and reproductive health needs. Guttmacher Rep Public Policy 2002;5:7–10.
  • Gavin L, Moskosky S, Carter M, et al. Providing quality family planning services: recommendations of CDC and the U.S. Office of Population Affairs. MMWR Recomm Rep 2014;63(No. RR-4).
  • Marcell AV, Gavin LE, Moskosky SB, McKenna R, Rompalo AM. Developing federal clinical care recommendations for men. Am J Prev Med 2015;49(Suppl 1):S14–22. <http://dx.doi.org/10.1016/j.amepre.2015.03.006>
  • Chabot MJ, Lewis C, de Bocanegra HT, Darney P. Correlates of receiving reproductive health care services among U.S. men aged 15 to 44 years. Am J Mens Health 2011;5:358–66. <http://dx.doi.org/10.1177/1557988310395007>
  • Office of Population Affairs. Male family planning services. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, Office of Population Affairs; 2016. <http://www.hhs.gov/opa/title-x-family-planning/initiatives-and-resources/male-services/>
  • Finer LB, Darroch JE, Frost JJ. Services for men at publicly funded family planning agencies, 1998–1999. Perspect Sex Reprod Health 2003;35:202–7.
  • Raine T, Marcell AV, Rocca CH, Harper CC. The other half of the equation: serving young men in a young women’s reproductive health clinic. Perspect Sex Reprod Health 2003;35:208–14. <http://dx.doi.org/10.1363/3520803>
  • CDC. Sexually transmitted disease surveillance 2014. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2015. <http://www.cdc.gov/std/stats14/surv-2014-print.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ