一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)成人勤労者におけるシートベルトの着用 ― 21州、・・・

MMWR抄訳

rss

2016/06/17Vol. 65 / No. 23

MMWR65(23):593-597
Seat Belt Use Among Adult Workers — 21 States, 2013

成人勤労者におけるシートベルトの着用 ― 21州、2013年

2013年のアメリカでは交通事故は労働災害による死亡の24%を占め、勤労者における致命傷の主な原因となっている。2013年の勤務中に発生した交通事故に対する労働災害補償費用は、29億6千ドルと推定されている。シートベルトの着用は、乗用車のフロントシートおよび軽トラックの乗員の致命傷のリスクをそれぞれ45%および60%軽減する。職業グループによる成人勤労者におけるシートベルト着用の特徴を調査するために、CDCは2013年のBehavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)を調査した。BRFSSは、アメリカに居住している特定の組織に属していない18歳以上の成人を対象とした毎年の州ベースの無作為番号ダイアルによる電話調査で、2013年では全ての州でシートベルト着用について質問した。シートベルト着用の頻度の回答は「常に着用する」以外を「常に着用しているわけではない」に統合した。また、結果は居住する州の2013年におけるシートベルトの法律により層別化した。21州のうち14州では、運転者はシートベルト非着用単独で停止させられて交通違反切符を切られるが(直接的シートベルト法)、6州では運転者は別の違反で停止させられた場合のみにシートベルト非着用の違反切符を切られる(二次的シートベルト法)。ニューハンプシャー州では成人に対するシートベルト法はない。21州における全体の回答率は31.1~59.2%で、回答者は84,593人、そのうち直接的シートベルト法の州の居住者は64%、二次的シートベルト法の州の居住者は36%であった。すべての職業グループで、「シートベルトを常に着用しているわけではない」人の調整した発生率は、二次的シートベルト法の州で直接的シートベルト法の州よりも上回った。職業グループ別の[シートベルトを常に着用しているわけではない」人の調整した発生率は、直接的シートベルト法の州においては建築および採掘業(14.1%)、法律家(14.0%)、設備、保守管理、修繕業(12.8%)、保安職(12.7%)、農業、漁業、林業(12.7%)で高く、二次的シートベルト法の州では農業、漁業、林業(38.1%)、建築および採掘業(32.1%)、設備、整備、修繕業(27.0%)、ビルおよび土地清掃、保守管理業(25.9%)、保安職(25.4%)で高かった。雇用者におけるシートベルト着用を増加させるために、州は直接的シートベルト法の成立および強化を行い、使用者はすべての自動車乗員にシートベルト着用を求める安全指針の実施する必要がある。また、シートベルト着用率の低い職業グループの勤労者に対し、シートベルトの安全性を啓蒙するべきかもしれない。

References

  • CDC. Vital signs: nonfatal, motor vehicle–occupant injuries (2009) and seat belt use (2008) among adults—United States. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2011;59:1681–6.
  • Beck LF, Shults RA, Mack KA, Ryan GW. Associations between sociodemographics and safety belt use in states with and without primary enforcement laws. Am J Public Health 2007;97:1619–24. <http://dx.doi.org/10.2105/AJPH.2006.092890>
  • Chen GX, Collins JW, Sieber WK, et al. Vital signs: seat belt use among long-haul truck drivers—United States, 2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:217–21.
  • Kim K, Yamashita EY. Attitudes of commercial motor vehicle drivers towards safety belts. Accid Anal Prev 2007;39:1097–106. <http://dx.doi.org/10.1016/j.aap.2007.02.007>
  • Eby DW, Fordyce TA, Vivoda JM. A comparison of safety belt use between commercial and noncommercial light-vehicle occupants. Accid Anal Prev 2002;34:285–91. <http://dx.doi.org/10.1016/S0001-4575(01)00024-0>
  • Retzer KD, Hill RD, Pratt SG. Motor vehicle fatalities among oil and gas extraction workers. Accid Anal Prev 2013;51:168–74. <http://dx.doi.org/10.1016/j.aap.2012.11.005>
  • Oron-Gilad T, Szalma JL, Stafford SC, Hancock PA. Police officers seat belt use while on duty. Transp Res, Part F Traffic Psychol Behav 2005;8:1–18. <http://dx.doi.org/10.1016/j.trf.2004.10.005>
  • Shults RA, Nichols JL, Dinh-Zarr TB, Sleet DA, Elder RW. Effectiveness of primary enforcement safety belt laws and enhanced enforcement of safety belt laws: a summary of the Guide to Community Preventive Services systematic reviews. J Safety Res 2004;35:189–96. <http://dx.doi.org/10.1016/j.jsr.2004.03.002>
  • American National Standards Institute/American Society of Safety Engineers (ANSI/ASSE). Safe practices for motor vehicle operations (ANSI/ASSE Z15.1–2012). New York, NY: American National Standards Institute; 2012.
  • Network of Employers for Traffic Safety. NETS’ comprehensive guide to road safety. Vienna, VA: Network of Employers for Traffic Safety; 2014. <http://trafficsafety.org/nets-comprehensive-guide-to-road-safety-download>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ