一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)HIVの母子感染の撲滅 ― タイ

MMWR抄訳

rss

2016/06/10Vol. 65 / No. 22

MMWR65(22):562-566
Elimination of Mother-to-Child Transmission of HIV — Thailand

HIVの母子感染の撲滅 ― タイ

タイでは1990年代、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が流行し、妊婦における罹患率は2.0%、母子感染(MTCT)率は20%を超えていたが、2016年6月、アジアで初めてWHOが目標とするMTCT撲滅に達した。タイで初めて妊婦がHIVに感染したのは1988年であり、その後増加していたが、1996年、ACTG 076試験[HIV感染妊婦を対象としたジドブジン(AZT)の経口投与と静注投与による効果を比較した第III相試験]の後、Thailand Ministry of Public Health (MOPH)とシリラート病院はCDCと共同し、短期間の経口AZTの試験を開始、この試験でMTCTの50%抑制を得た。1996年、ソアンサワリ王妃がMTCT予防のため赤十字に資金を提供、1997~1999年、MOPHはタイ北東部および北部にてMTCT予防のパイロットプロジェクトを開始し、妊婦を対象としたHIV検査、AZTの予防投与、さらにMTCTのモニタリングシステムを開始した。2000年にはMOPHの健康局(DOH)がMTCT予防策(妊婦のHIV検査、抗レトロウイルス治療および母親がHIV陽性の場合の乳児に対する授乳)に関するガイドラインを発表した。抗レトロウイルス治療は2000年、HIV陽性妊婦に対し、妊娠34週からAZTを投与し、生まれた乳児に4週間AZTを投与するとされていたが、2004年にはネビラピン単回投与が追加され(WHOオプションA)、2010年には高活性抗レトロウイルス治療(オプションB)として妊婦のCD4細胞数に基づき治療を継続、2014年にはCD4細胞数にかかわらず、高活性抗レトロウイルス治療を一生継続する(オプションB+)と進歩した。乳児の検査ガイドラインも進歩し、2000~2006年は抗体検査により生後12、18カ月にて診断されていたが、2007年には生後1~2カ月および2~4カ月にてHIV DNA PCR検査を実施、2014年には感染リスクの高い乳児に対して、生後4週未満より高活性抗レトロウイルス治療が開始される。また、MTCTモニタリングシステム(Perinatal HIV Intervention Monitoring System)により妊婦のHIV検査率は1998年:61.9%、2001年:92.9%、2015年:99.6%、MTCT予防のための抗レトロウイルス治療の実施率は1998年:64.6%、2001年:71.4%、2015年:95.6%となり、MTCT目標値(それぞれ95%、90%)に到達した。これらの予防策の実施により、MTCTの発症率は1994年:24.2%から2003年:10.2%、2015年:1.9%と大きく低下し、これらの成果は他の国のモデルとなっている。

References

  • Thailand Ministry of Public Health. Validation of elimination of mother-to-child transmission of HIV and syphilis, Thailand 2013–2015 Report. Nonthaburi, Thailand: Thailand Ministry of Public Health; 2016.
  • Shaffer N, Chuachoowong R, Mock PA, et al.; Bangkok Collaborative Perinatal HIV Transmission Study Group. Short-course zidovudine for perinatal HIV-1 transmission in Bangkok, Thailand: a randomised controlled trial. Lancet 1999;353:773–80. <http://dx.doi.org/10.1016/S0140-6736(98)10411-7>
  • Bunnell RE, Yanpaisarn S, Kilmarx PH, et al. HIV-1 seroprevalence among childbearing women in northern Thailand: monitoring a rapidly evolving epidemic. AIDS 1999;13:509–15. <http://dx.doi.org/10.1097/00002030-199903110-00010>
  • World Health Organization. Elimination of mother-to-child transmission (EMTCT) of HIV and syphilis. Global guidance on criteria and processes for validation. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2014. <http://www.who.int/hiv/pub/emtct-validation-guidance/en/>
  • Thaineua V, Sirinirund P, Tanbanjong A, Lallemant M, Soucat A, Lamboray JL. From research to practice: use of short course zidovudine to prevent mother-to-child HIV transmission in the context of routine health care in Northern Thailand. Southeast Asian J Trop Med Public Health 1998;29:429–42.
  • Connor EM, Sperling RS, Gelber R, et al. Reduction of maternal-infant transmission of human immunodeficiency virus type 1 with zidovudine treatment. Pediatric AIDS Clinical Trials Group Protocol 076 Study Group. N Engl J Med 1994;331:1173–80. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJM199411033311801>
  • Kanshana S, Thewanda D, Teeraratkul A, et al. Implementing short-course zidovudine to reduce mother-infant HIV transmission in a large pilot program in Thailand. AIDS 2000;14:1617–23. <http://dx.doi.org/10.1097/00002030-200007280-00018>
  • Amornwichet P, Teeraratkul A, Simonds RJ, et al. Preventing mother-to-child HIV transmission: the first year of Thailand’s national program. JAMA 2002;288:245–8. <http://dx.doi.org/10.1001/jama.288.2.245>
  • Plipat T, Naiwatanakul T, Rattanasuporn N, et al. Reduction in mother-to-child transmission of HIV in Thailand, 2001–2003: Results from population-based surveillance in six provinces. AIDS 2007;21:145–51. <http://dx.doi.org/10.1097/QAD.0b013e328010e02d>
  • Naiwatanakul T, Voramongkol N, Punsuwan N, et al. Uptake of early infant diagnosis in Thailand’s national program for preventing mother-to-child HIV transmission and linkage to care, 2008–2011. J Int AIDS Soc 2016;19:20511. <http://dx.doi.org/10.7448/IAS.19.1.20511>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ