一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)成年の勤労者における電子タバコの使用 ― アメリカ・・・

MMWR抄訳

rss

2016/06/10Vol. 65 / No. 22

MMWR65(22):557-561
Electronic Cigarette Use Among Working Adults — United States, 2014

成年の勤労者における電子タバコの使用 ― アメリカ、2014年

電子タバコの市場は急速に拡大しているが、長期使用による健康への影響については不明であり、ジアセチル、アセトアルデヒド、その他の有毒化学物質などの発癌物質や毒素をエアロゾルに含む電子タバコも確認されている。CDCは2014年のNational Health Interview Survey (NHIS)データより、18歳以上の勤労社会人における電子タバコの使用状況について調査を行った。2014年、NHIS調査の前の週における成人の勤労者は約14,600万と推定され、うち電子タバコの使用者は3.8%(推定約550万人)であった。電子タバコの使用率は男性(4.5%)、非ヒスパニック系白人(4.5%)、18~24歳(5.1%)、年間世帯収入が$35,000未満(5.1%)、健康保険非加入者(5.9%)、健康状態が不良(fair/poor:5.7%)にて高く、女性(3.0%)、非ヒスパニック系黒人(1.9%)、45~64歳(2.9%)、年間世帯収入が$75,000超(2.6%)、健康保険加入者(3.4%)、健康状態が優良(excellent:2.4%)と有意差があった。地域別では中西部:4.5%、南部および西部:4.0%、北東部:2.0%と中西部と北東部にて有意差を認めた。また、現喫煙者における電子タバコ使用率は16.2%と喫煙歴あり(4.3%)、喫煙歴なし(0.5%)に比べ有意に高く、紙タバコなど他のタバコ製品の使用者では15.0%、無煙タバコ使用者では9.7%とそれぞれ非使用者(2.9%、3.6%)に比べ有意に高かった。業界別の使用率は、宿泊および飲食サービス業にてもっとも高く(6.9%)、教育サービス業にてもっとも低かった(1.8%)。職業別では調理または給仕関連にてもっとも高く(6.8%)、ビジネスおよび金融関連にてもっとも低かった(2.3%)。雇用者、商業および事業者団体、従業員の代表は、電子タバコの使用率の高い集団に対し、電子タバコによる健康リスクおよび禁煙による利益について教育する必要があると考えられた。

References

  • Allen JG, Flanigan SS, LeBlanc M, et al. Flavoring chemicals in e-cigarettes: diacetyl, 2,3-pentanedione, and acetoin in a sample of 51 products, including fruit-, candy-, and cocktail-flavored e-cigarettes. Environ Health Perspect 2016;124:733–9. <http://dx.doi.org/10.1289/EHP348>
  • Callahan-Lyon P. Electronic cigarettes: human health effects. Tob Control 2014;23(Suppl 2):ii36–40. <http://dx.doi.org/10.1136/tobaccocontrol-2013-051470>
  • Cobb CO, Weaver MF, Eissenberg T. Evaluating the acute effects of oral, non-combustible potential reduced exposure products marketed to smokers. Tob Control 2010;19:367–73. <http://dx.doi.org/10.1136/tc.2008.028993>
  • King BA, Patel R, Nguyen KH, Dube SR. Trends in awareness and use of electronic cigarettes among US adults, 2010–2013. Nicotine Tob Res 2015;17:219–27. <http://dx.doi.org/10.1093/ntr/ntu191>
  • Schoenborn CA, Gindi RM. Electronic cigarette use among adults: United States, 2014. NCHS Data Brief no. 217. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC; 2015. <http://www.cdc.gov/nchs/data/databriefs/db217.pdf>
  • CDC. 2014 National Health Interview Survey (NHIS) public use data release: NHIS survey description. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <ftp://ftp.cdc.gov/pub/Health_Statistics/NCHS/Dataset_Documentation/NHIS/2014/srvydesc.pdf>
  • Jamal A, Homa DM, O’Connor E, et al. Current cigarette smoking among adults—United States, 2005–2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:1233–40. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6444a2>
  • CDC. Current cigarette smoking prevalence among working adults—United States, 2004–2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2011;60:1305–9.
  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of smoking—50 years of progress: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <http://www.surgeongeneral.gov/library/reports/50-years-of-progress/full-report.pdf>
  • Czogala J, Goniewicz ML, Fidelus B, Zielinska-Danch W, Travers MJ, Sobczak A. Secondhand exposure to vapors from electronic cigarettes. Nicotine Tob Res 2014;16:655–62. <http://dx.doi.org/10.1093/ntr/ntt203>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ