一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)エボラウイルス病アウトブレイクから1年の医療ケアシ・・・

MMWR抄訳

rss

2016/06/03Vol. 65 / No. 21

MMWR65(21):538-542
Public Confidence in the Health Care System 1 Year After the Start of the Ebola Virus Disease Outbreak — Sierra Leone, July 2015

エボラウイルス病アウトブレイクから1年の医療ケアシステムに対する国民の信頼 ― シエラレオネ、2015年7月

2014~2015年のギニア、リベリア、シエラレオネでのエボラウイルス病(Ebola)のアウトブレイクでは、これらの国々が直面している多くの公衆衛生の課題、特に強固な保健インフラの必要性および不足が露呈した。Ebola制御努力はEbola伝染についての理解の不足、医療施設および提供者への不信および恐怖により阻まれ、受診の遅れおよび拒否を招いた。シエラレオネのEbolaからの復興および医療保障の努力は、住民の受診の意思および医療の信頼に左右される。Ebolaアウトブレイク中のシエラレオネでの医療機関の受診および医療制度の認知をより理解するために、シエラレオネ保健省およびCDCはシエラレオネをベースとしたNGOのFOCUS 1000およびその他の利害関係者と協力し、国家的な多段-集落抽出法による家庭調査を実施した。データ収集にアプローチした3,640人のうち最終的に3,564人(98%、男性1,774人、女性1,790人)が回答し、回答者の平均年齢は35歳であった。全体で、回答者の大半はEbolaが疑われる症例の医療機関の治療の期待について肯定的な反応を示し、69.8%はEbolaが疑われた患者は治療を受けたと信じ、56.0%は医療機関は当然、患者のEbolaを治療できるに違いないと信じていた。現時点で、病気になった時に救急車に乗るだろうと回答した患者の割合(63.3%)は、Ebolaアウトブレイクが宣言された時点での割合(65.8%)と同等であった。回答者の大半は、Ebolaおよび非Ebola疾患の治療、小児への安全な予防接種の提供、妊婦および産科ケアの提供に関する医療制度の能力について「非常に信頼」または「ある程度信頼」と回答した。Ebola伝染の進行中の地区(Ebola活動地区)に居住する回答者および教育レベルの高い回答者は他のグループと比べ、医療制度への信頼が高かった。Ebola活動地区ではEbolaへの対応が集中したため、医療機関への信頼が高まったと考えられた。回答者は国の重要な保健問題として、Ebolaおよびマラリアを上位に挙げた。シエラレオネにおける医療制度の復興作業は、医療制度に対する国民の信頼の上に築かれると考えられる。

References

  • Nabarro D. Ebola will not be gone in any country until it is gone from every country. 136th executive board special session on Ebola. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2015. <http://www.who.int/mediacentre/events/2015/eb136/speech-david-nabarro/en/>
  • Coyle RM, Harrison HL. Emergency care capacity in Freetown, Sierra Leone: a service evaluation. BMC Emerg Med 2015;15:2–10. <http://dx.doi.org/10.1186/s12873-015-0027-4>
  • Alexander KA, Sanderson CE, Marathe M, et al. What factors might have led to the emergence of Ebola in West Africa? PLoS Negl Trop Dis 2015;9:e0003652. <http://dx.doi.org/10.1371/journal.pntd.0003652>
  • Elston JW, Moosa AJ, Moses F, et al. Impact of the Ebola outbreak on health systems and population health in Sierra Leone. J Public Health (Oxf) 2015;27:fdv158. <http://dx.doi.org/10.1093/pubmed/fdv158>
  • Government of the Republic of Sierra Leone. Millennium Development Goals progress report. Freetown: Government of Sierra Leone; 2010. <http://www.sl.undp.org/content/sierraleone/en/home/library/mdg/2010-sierra-leone-mdg-progress-report/>
  • UNICEF. In Sierra Leone, vaccinations another casualty of Ebola. New York: UNICEF; 2014. <http://www.unicef.org/infobycountry/sierraleone_76892.html>
  • Chowell G, Nishiura H. Transmission dynamics and control of Ebola virus disease (EVD): a review. BMC Med 2014;12:196–211. <http://dx.doi.org/10.1186/s12916-014-0196-0>
  • Kilmarx PH, Clarke KR, Dietz PM, et al. Ebola virus disease in health care workers—Sierra Leone, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:1168–71.
  • Iliyasu G, Ogoina D, Otu AA, et al. A multi-site knowledge attitude and practice survey of Ebola virus disease in Nigeria. PLoS One 2015;10:e0135955. <http://dx.doi.org/10.1371/journal.pone.0135955>
  • Walker PG, White MT, Griffin JT, Reynolds A, Ferguson NM, Ghani AC. Malaria morbidity and mortality in Ebola-affected countries caused by decreased health-care capacity, and the potential effect of mitigation strategies: a modelling analysis. Lancet Infect Dis 2015;15:825–32. <http://dx.doi.org/10.1016/S1473-3099(15)70124-6>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ