一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)妊婦におけるジカウイルス感染症の可能性 ― アメリ・・・

MMWR抄訳

rss

2016/05/27Vol. 65 / No. 20

MMWR65(20): 514-519
Possible Zika Virus Infection Among Pregnant Women — United States and Territories, May 2016

妊婦におけるジカウイルス感染症の可能性 ― アメリカの各州および準州、2016年5月

アメリカでは2016年2月よりジカウイルス性疾患および先天性ジカウイルス感染症が確認され、妊婦が感染した場合の先天性疾患との関連性が示されていることから、CDCはアメリカ各州および準州にて、ジカウイルス感染症のエビデンスを研究室レベルで示す妊婦を対象に妊娠のモニタリングと先天性転帰に関するサーベイランスを開始した。サーベイランスはプエルトリコを除く地域の妊婦を対象としたU.S. Zika Pregnancy Registry (USZPR)とプエルトリコの妊婦を対象としたZika Active Pregnancy Surveillance System (ZAPSS)があり、2016年5月12日の時点で279名の妊婦(各州およびワシントンDC:157名、準州:122名)をモニターしており、ジカウイルス性疾患の症例基準を満たす妊婦113名(同48名、65名)がArboNETを介してCDCに報告されている。USZPRを通じモニターする157名の妊婦のうち症状を示す妊婦は73名(49%)であり、その症状は発疹:64名(88%)、発熱:37名(51%) 、関節痛:36名(49%)、結膜炎:17名(23%)などであった。また、アメリカ準州にてUSZPRおよびZAPSSを通じてモニターする122名の妊婦のうち症状を示す妊婦は80名(66%)であり、発疹:60名(75%)、関節痛:29名(36%)、発熱:27名(34%)、結膜炎:15名(19%)などであった。また、rRT-PCR法にてジカウイルス核酸が検出された妊婦はそれぞれ39名(25%)、67名(55%)であった。これらサーベイランスを通じた妊娠中のジカウイルス感染症に関する追跡およびモニタリングデータは、臨床ガイダンスおよびカウンセリングを改善するとともに、先天性の有害転帰に関するリスクを把握する上で重要である。

References

  • Rasmussen SA, Jamieson DJ, Honein MA, Petersen LR. Zika virus and birth defects—reviewing the evidence for causality. N Engl J Med 2016;374:1981–7. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMsr1604338>
  • Council of State and Territorial Epidemiologists. Zika virus disease and congenital Zika virus infection interim case definition and addition to the Nationally Notifiable Diseases List. Position statement PS 16-ID-01 (interim). Atlanta, GA: Council of State and Territorial Epidemiologists; 2016. <https://www.cste2.org/docs/Zika_Virus_Disease_and_Congenital_Zika_Virus_Infection_Interim.pdf>
  • Oduyebo T, Petersen EE, Rasmussen SA, et al. Update: interim guidelines for health care providers caring for pregnant women and women of reproductive age with possible Zika virus exposure—United States, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:122–7. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6505e2>
  • Petersen EE, Polen KN, Meaney-Delman D, et al. Update: interim guidance for health care providers caring for women of reproductive age with possible Zika virus exposure—United States, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:315–22. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6512e2>
  • CDC. Zika MAC-ELISA—for use under an emergency use authorization only. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <http://www.fda.gov/downloads/MedicalDevices/Safety/EmergencySituations/UCM488044.pdf>
  • Meaney-Delman D, Hills SL, Williams C, et al. Zika virus infection among U.S. pregnant travelers—August 2015–February 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:211–4. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6508e1>
  • Hills SL, Russell K, Hennessey M, et al. Transmission of Zika virus through sexual contact with travelers to areas of ongoing transmission—Continental United States, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:215–6. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6508e2>
  • Petersen LR, Jamieson DJ, Powers AM, Honein MA. Zika virus. N Engl J Med 2016;374:1552–63. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMra1602113>
  • Sarno M, Sacramento GA, Khouri R, et al. Zika virus infection and stillbirths: a case of hydrops fetalis, hydranencephaly and fetal demise. PLoS Negl Trop Dis 2016;10:e0004517. <http://dx.doi.org/10.1371/journal.pntd.0004517>
  • Besnard M, Eyrolle-Guignot D, Guillemette-Artur P, et al. Congenital cerebral malformations and dysfunction in fetuses and newborns following the 2013 to 2014 Zika virus epidemic in French Polynesia. Euro Surveill 2016;21:22–30. <http://dx.doi.org/10.2807/1560-7917.ES.2016.21.13.30181>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ