一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)州および郡レベルにおける医師に診断された関節炎の有・・・

MMWR抄訳

rss

2016/05/20Vol. 65 / No. 19

MMWR65(19):489-494
Prevalence of Doctor-Diagnosed Arthritis at State and County Levels — United States, 2014

州および郡レベルにおける医師に診断された関節炎の有病率 ― アメリカ、2014年

医師により診断された関節炎は一般的な慢性疾患であり、アメリカでは成人の22.7%、約5,250万人(2012年)が罹患しており、障害の主な原因となっている。成人における関節炎の詳細な有病率を明らかにするため、CDCはBehavioral Risk Factor Surveillance System (BRFSS)の2014年のデータから、州および郡ごとの有病率を評価した。BRFSSは50州およびワシントンDC、アメリカ領に居住する18歳以上の成人を対象とした無作為抽出の電話によるインタビュー調査である。「これまでに医師により何らかの関節炎、関節リウマチ、痛風、ループス、繊維筋痛症と診断されたことがあるか」という質問に対する「はい」の回答を医師により診断された関節炎と定義した。調査の結果、50州、ワシントンDC、プエルトリコ、グアムから計464,664人の回答を得た。年代別の関節炎の有病率は、18~44歳が8.8%、45~64歳が33.1%、65歳以上が53.3%であった。また、有病率は男性に比較して女性にて高く、学歴が高くなるほど低くなり、白人や非ヒスパニック系黒人と比較してアメリカインディアン/アラスカ先住民および多民族系で高く、ヒスパニック系およびアジア系では低かった。年齢調整後の州別の有病率は18.0%~35.5%であり、30%以上の州は4州あった(アラバマ州、ケンタッキー州、テネシー州、ウェストバージニア州)。郡別(3142郡) の有病率は15.8%~38.6%であり、アパラチア山脈、ミシシッピ川、オハイオ川沿いの郡において高かった。州および郡の医療関係者は、これらのエビデンスを活用し、自己管理教育および適切な身体活動への介入を通じて関節炎症状を軽減し、健康状態の向上を図る必要がある。

References

  • CDC. Prevalence of doctor-diagnosed arthritis and arthritis-attributable activity limitation—United States, 2010–2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:869–73.
  • CDC. Prevalence and most common causes of disability among adults—United States, 2005. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2009;58:421–6.
  • Klein RJ, Schoenborn CA. Age adjustment using the 2000 projected U.S. population. Healthy people statistical notes, no. 20. Hyattsville, Maryland: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2001.
  • Zhang X, Holt JB, Lu H, et al. Multilevel regression and poststratification for small-area estimation of population health outcomes: a case study of chronic obstructive pulmonary disease prevalence using the behavioral risk factor surveillance system. Am J Epidemiol 2014;179:1025–33. <http://dx.doi.org/10.1093/aje/kwu018>
  • Zhang X, Holt JB, Yun S, Lu H, Greenlund KJ, Croft JB. Validation of multilevel regression and poststratification methodology for small area estimation of health indicators from the behavioral risk factor surveillance system. Am J Epidemiol 2015;182:127–37. <http://dx.doi.org/10.1093/aje/kwv002>
  • CDC. Arthritis as a potential barrier to physical activity among adults with obesity—United States, 2007 and 2009. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2011;60:614–8.
  • CDC. Arthritis as a potential barrier to physical activity among adults with heart disease—United States, 2005 and 2007. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2009;58:165–9.
  • CDC. Arthritis as a potential barrier to physical activity among adults with diabetes—United States, 2005 and 2007. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2008;57:486–9.
  • Brady TJ, Kruger J, Helmick CG, Callahan LF, Boutaugh ML. Intervention programs for arthritis and other rheumatic diseases. Health Educ Behav 2003;30:44–63. <http://dx.doi.org/10.1177/1090198102239258>
  • Sacks JJ, Harrold LR, Helmick CG, Gurwitz JH, Emani S, Yood RA. Validation of a surveillance case definition for arthritis. J Rheumatol 2005;32:340–7.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ