一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)旅行に関連したジカウイルス疾患患者の尿、血清および・・・

MMWR抄訳

rss

2016/05/13Vol. 65 / No. 18

MMWR65(18):475-478
Comparison of Test Results for Zika Virus RNA in Urine, Serum, and Saliva Specimens from Persons with Travel-Associated Zika Virus Disease — Florida, 2016

旅行に関連したジカウイルス疾患患者の尿、血清および唾液検体におけるジカウイルスRNAの検査結果の比較 ―フロリダ、2016年

2015年5月、ブラジルにて報告されたジカウイルスはその後アメリカ諸国に急速に拡大している。2016年4月20日の時点でFlorida Department of Health Bureau of Public Health Laboratoriesはジカウイルス検査基準を満たす913例の検体を検査し、うち91例が診断基準を満たす確診例または疑い例と判断され、全例が旅行に関連していた。Florida Department of Healthはジカウイルス感染が疑われる症例から複数の検体を採取し、すべての検体のタイプと発症からの経過日数により、急性ジカウイルス疾患にもっとも感受性が高く、有効なアルゴリズムを決定した。尿検体は70例より発症0~20日に採取され、うち65検体(93%)がRT-PCR法によりジカウイルスRNA陽性を示した。陰性であった検体は発症から2~14日に採取されていた。ウイルスRNAは発症から1~20日の検体にて陽性、7~20日に採取された検体の陽性率は83%(10/12検体)であった。尿および血清検体が同日に採取された66例(うち2例は妊婦)では、尿検体陽性が61例(92%)、血清検体陽性が31例(47%)であり、血清検体のみ陽性であった症例は1例(発症から2日目に採取)、尿検体のみ陽性であった症例は31例であった。発症から5日以内に尿、血清検体が採取された55例では尿検体陽性が52例(95%)、血清検体陽性が31例(56%)であり、血清検体の40%(22/55検体)にてジカウイルスIgM抗体を検出した。また、発症から5日以上経過後に採取した11例では、尿検体陽性が9例(82%)、血清検体陽性は0例であった。尿、血清および唾液検体が同日に採取された53例では、尿検体陽性が49例(92%)、唾液検体陽性が43例(81%)、血清検体陽性が27例(51%)であり、これらの結果から、急性ジカウイルス感染の検査には尿検体を用いることがもっとも有効であることが示唆された。

References

  • Council of State and Territorial Epidemiologists. Zika virus disease and congenital Zika virus infection interim case definition and addition to the nationally notifiable disease list. Atlanta, GA: Council of State and Territorial Epidemiologists; 2016. <https://www.cste2.org/docs/Zika_Virus_Disease_and_Congenital_Zika_Virus_Infection_Interim.pdf>
  • Gourinat AC, O’Connor O, Calvez E, Goarant C, Dupont-Rouzeyrol M. Detection of Zika virus in urine. Emerg Infect Dis 2015;21:84–6. <http://dx.doi.org/10.3201/eid2101.140894>
  • Rozé B, Najioullah F, Fergé JL, et al.; GBS Zika Working Group. Zika virus detection in urine from patients with Guillain-Barré syndrome on Martinique, January 2016. Euro Surveill 2016;21:30154. <http://dx.doi.org/10.2807/1560-7917.ES.2016.21.9.30154>
  • Musso D, Roche C, Nhan TX, Robin E, Teissier A, Cao-Lormeau VM. Detection of Zika virus in saliva. J Clin Virol 2015;68:53–5. <http://dx.doi.org/10.1016/j.jcv.2015.04.021>
  • Atkinson B, Hearn P, Afrough B, et al. Detection of Zika virus in semen [letter]. Emerg Infect Dis. Epub May 16. <http://dx.doi.org/10.3201/eid2205.160107>
  • Musso D, Roche C, Robin E, Nhan T, Teissier A, Cao-Lormeau V-M. Potential sexual transmission of Zika virus. Emerg Infect Dis 2015;21:359–61. <http://dx.doi.org/10.3201/eid2102.141363>
  • Lanciotti RS, Kosoy OL, Laven JJ, et al. Genetic and serologic properties of Zika virus associated with an epidemic, Yap State, Micronesia, 2007. Emerg Infect Dis 2008;14:1232–9. <http://dx.doi.org/10.3201/eid1408.080287>
  • Food and Drug Administration. Zika virus emergency use authorization. Emergency use authorizations. Silver Spring, MD: US Department of Health and Human Resources, Food and Drug Administration; 2016. <http://www.fda.gov/downloads/MedicalDevices/Safety/EmergencySituations/UCM491592.pdf>
  • Martin DA, Muth DA, Brown T, Johnson AJ, Karabatsos N, Roehrig JT. Standardization of immunoglobulin M capture enzyme-linked immunosorbent assays for routine diagnosis of arboviral infections. J Clin Microbiol 2000;38:1823–6.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ