一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)ポリオ撲滅への進歩 ― 全世界、2015~2016・・・

MMWR抄訳

rss

2016/05/13Vol. 65 / No. 18

MMWR65(18):470-473
Progress Toward Polio Eradication — Worldwide, 2015–2016

ポリオ撲滅への進歩 ― 全世界、2015~2016年

2015年9月、ポリオを風土病とする国のリストからナイジェリアが除外され、現在、野生型ポリオウイルス(WPV)の伝播はアフガニスタンとパキスタンの2カ国にて認められている。今回、2015~2016年における世界のポリオ撲滅への進歩状況について報告する。2014年における1歳以下の乳児の定期予防接種での経口ポリオワクチン(OPV)の3回接種率(OPV3)は推定88%であり、WHOが定める地域別では、アフリカ地域が80%、東地中海地域が86%、ヨーロッパ地域が95%、アメリカ地域および東南アジア地域が各90%、西太平洋地域が87%であった。また、アフガニスタンのOPV3は75%、パキスタンでは72%とかなり低かった。2015年、OPVの追加予防接種活動はアメリカ地域を除くWHOの5地域にて231回実施され、約20億回の接種が行われた。2015年、WPV症例は74例が確認され、うち54例がパキスタン、20例がアフガニスタンで認められた。アフガニスタンでは2014年:28例(19州)から2015年:20例(16州)と29%減少、2016年は5月4日までに4例(前年同時期1例)報告されている。2015年の症例の40%はナンガルハール州にて報告され、2016年の症例はクナール州:3例、ヘルマンド州:1例であった。パキスタンでは2014年:306例(44州)から2015年:54例(23州)へと82%減少し、2016年は5月4日までに8例(前年同時期22例)報告されている。症例数の減少は連邦直轄部族地域(FATA)にて大きく、91%減少した。循環型ワクチン由来ポリオウイルス(cVDPV)による症例は2015年にて7カ国より32例報告され、1型cVDPVのアウトブレイクはラオス(8例)、マダガスカル(10例)、ウクライナ(2例)にて、2型cVDPVのアウトブレイクはギアナ(7例)、ミャンマー(2例)、ナイジェリア(1例)、パキスタン(2例)で発生した。ギニア、マダガスカル、ナイジェリアおよびパキスタンでは2014年のcVDPV伝播が2015年も継続しており、また、ラオスでは継続するアウトブレイクにより、2016年に3例が追加報告され、計11例となっている。

References

  • Kew OM, Cochi SL, Jafari HS, et al. Possible eradication of wild poliovirus type 3—worldwide, 2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:1031–3.
  • Hagan JE, Wassilak SGF, Craig AS, et al.. Progress toward polio eradication—worldwide, 2014–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:527–31.
  • World Health Organization. Global Polio Eradication Initiative. Polio this week as of 04 May 2016. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2016. <http://www.polioeradication.org/Dataandmonitoring/Poliothisweek.aspx>
  • Morales M, Nnadi CD, Tangermann RH, Wassilak SGF. Notes from the field: circulating vaccine-derived poliovirus outbreaks—five countries, 2014–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:128–9. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6505a5>
  • Mbaeyi C, Saatcioglu A, Tangermann RH, Hadler S, Ehrhardt D. Progress toward poliomyelitis eradication—Afghanistan, January 2014–August 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:1166–70. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6441a2>
  • Farag NH, Wadood MZ, Safdar RM, et al. Progress toward poliomyelitis eradication—Pakistan, January 2014–September 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:1271–5. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6445a4>
  • World Health Organization. WHO vaccine-preventable diseases: monitoring system 2015 global summary. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2016. <http://apps.who.int/immunization_monitoring/globalsummary/wucoveragecountrylist.html>
  • Snider CJ, Diop OM, Burns CC, Tangermann RH, Wassilak SG. Surveillance systems to track progress toward polio eradication—worldwide, 2014–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:346–51. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6513a3>
  • Immunization Systems Management Group of the Global Polio Eradication Initiative. Introduction of inactivated poliovirus vaccine and switch from trivalent to bivalent oral poliovirus vaccine—worldwide, 2013–2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:699–702.
  • Global Polio Eradication Initiative. Polio eradication and endgame strategic plan 2013—2018. Geneva, Switzerland: World Health Organization, Global Polio Eradication Initiative; 2013. <http://www.polioeradication.org/Portals/0/Document/Resources/StrategyWork/PEESP_EN_US.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ