一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)C型肝炎ウイルスの出生コホート検査 ― インディア・・・

MMWR抄訳

rss

2016/05/13Vol. 65 / No. 18

MMWR65(18):467-469
Birth Cohort Testing for Hepatitis C Virus — Indian Health Service 2012–2015

C型肝炎ウイルスの出生コホート検査 ― インディアン健康サービス、2012

1945~1965年生まれ(ベビーブームコホート)はHCVの慢性感染例が他の年齢層に比べ約6倍多く、感染例全体の約81%を占める。また、アメリカインディアン/アラスカ先住民の急性HCV感染率およびHCVによる死亡率が全国平均の約2倍高いことから、2012年6月、Indian Health Service (IHS)は1945~1965年生まれを対象にHCV検査を開始、2015年6月時点における連邦および部族IHS施設におけるスクリーニング検査率は全体で2012年:7.9%(14,402/182,503名)から32.5%(68,514/211,014名)に増加し、検査率は女性にて高い(2012年男性:6.8/女性:8.7%、2013年:8.7/11.9%、2014年:21.8/27.0%、2015年:29.3/35.0%)。連邦IHS施設(62カ所)では2015年の検査対象211,014名のうち112,319名(53%)が出生コホートであり、連邦施設の多い南西部での検査率がもっとも高く(北部平原:21施設、9,927/31,206名、31.8%、南部平原:12施設、3,009/9,579名、31.4%、南西部:21施設、26,424/64,120名、41.2%、東部:3施設、188/302名、35.9%、太平洋沿岸:6施設、2,444/6,812名、35.9%)、地域の検査率は31.2~41.2%、また、施設ごとの検査率は1.9~75.1%の開きがあった。今後はHCV検査率の増加に伴い、検査の訓練および臨床的判断ツールの利用などが必要であると考える。

References

  • Edlin BR, Eckhardt BJ, Shu MA, Holmberg SD, Swan T. Toward a more accurate estimate of the prevalence of hepatitis C in the United States. Hepatology 2015;62:1353–63. <http://dx.doi.org/10.1002/hep.27978>
  • CDC. Viral hepatitis surveillance, United States. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. <http://www.cdc.gov/hepatitis/statistics/2013surveillance/pdfs/2013hepsurveillancerpt.pdf>
  • Byrd KK, Redd JT, Holman RC, Haberling DL, Cheek JE. Changing trends in viral hepatitis-associated hospitalizations in the American Indian/Alaska Native population, 1995–2007. Public Health Rep 2011;126:816–25.
  • Denniston MM, Jiles RB, Drobeniuc J, et al. Chronic hepatitis C virus infection in the United States, National Health and Nutrition Examination Survey 2003 to 2010. Ann Intern Med 2014;160:293–300. <http://dx.doi.org/10.7326/M13-1133>
  • Smith BD, Morgan RL, Beckett GA, et al. Recommendations for the identification of chronic hepatitis C virus infection among persons born during 1945–1965. MMWR Recomm Rep 2012;61(No. RR-4).
  • US Preventive Services Task Force. Final recommendation statement, hepatitis C: screening. Rockville, MD: US Preventive Services Task Force; 2013. <http://www.uspreventiveservicestaskforce.org/Page/Document/UpdateSummaryFinal/hepatitis-c-screening>
  • Reilley B, Leston J, Tulloch S, Neel L, Galope M, Taylor M. Implementation of national HIV screening recommendations in the Indian Health Service. J Int Assoc Provid AIDS Care 2015;14:291–4. <http://dx.doi.org/10.1177/2325957415570744>
  • Landen M, Roeber J, Naimi T, Nielsen L, Sewell M. Alcohol-attributable mortality among American Indians and Alaska Natives in the United States, 1999–2009. Am J Public Health 2014;104(Suppl 3):S343–9. <http://dx.doi.org/10.2105/AJPH.2013.301648>
  • Arora S, Thornton K, Murata G, et al. Outcomes of treatment for hepatitis C virus infection by primary care providers. N Engl J Med 2011;364:2199–207. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMoa1009370>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ