一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)慢性C型肝炎ウイルス感染患者の識別と臨床管理 ― ・・・

MMWR抄訳

rss

2016/05/13Vol. 65 / No. 18

MMWR65(18):461-466
Identification and Clinical Management of Persons with Chronic Hepatitis C Virus Infection — Cherokee Nation, 2012–2015

慢性C型肝炎ウイルス感染患者の識別と臨床管理 ― チェロキー族、2012~2015年

アメリカにおけるC型肝炎ウイルス(HCV)感染生存例は約350万例であり、その結果、毎年約20,000例が主として肝硬変または肝細胞癌により死亡している。2013年、新規の抗ウイルス薬が使用可能となり、8~12週間の治療により90%以上の症例がウイルス学的著効(SVR)に達する。また、2012年にCDC、2013年にU.S. Preventive Services Task Force がHCV感染リスクの高い症例に加え、1945~1965年生まれ(ベビーブームコホート)を対象にHCVのワンタイム検査の実施を推奨している。2012年10月、HCVに対する新薬、検査対象の拡大およびアメリカインディアン/アラスカ先住民にてHCV感染の発症率が高いことを受け、Cherokee Nation Health Services (CNHS)は部族のHCV検査政策を実施、その一部としてCNHSは臨床診療判断支援およびプライマリケア医に対する教育に電子健康記録(HER)の利用を開始している。2012年10月~2015年7月、CNHSにて少なくとも1回以上の診療を受けた20歳以上の患者92,012例(うち90%はCNHS部族管轄地域居住者、女性:56%、ベビーブームコホート:29.4%)にて、HCV抗体検査を受けた患者は3.6%(3,337例)から18.2%(16,772例)と約5倍増加、ベビーブームコホートでは約6倍増加した。HCV抗体検査を受けた16,772例のうち715例(4.3%)が陽性であり、488例(68.3%)に対しHCV RNA検査が行われ、388例(79.5%)が陽性、HCV感染が確認された。223例(HCV1型:157、2型:35、3型:30、4型:1)に対し治療が開始され、201例が治療を完了、180例(89.6%)がSVRに達した。ベビーブームコホート134例のうち、50例(37.3%)に進行性肝疾患を認め、また、1965年以降生まれの慢性HCV感染86例では23例(26.7%)に進行性肝疾患のエビデンスを認めた。以上、CNHSはHCV検査および治療の向上に成功し、今後、CNHSをモデルとして他の地域にて同様のプログラムが予定されている。

References

  • Edlin BR, Eckhardt BJ, Shu MA, Holmberg SD, Swan T. Toward a more accurate estimate of the prevalence of hepatitis C in the United States. Hepatology 2015;62:1353–63. <http://dx.doi.org/10.1002/hep.27978>
  • Ly KN, Xing J, Klevens RM, Jiles RB, Holmberg SD. Causes of death and characteristics of decedents with viral hepatitis, United States, 2010. Clin Infect Dis 2014;58:40–9. <http://dx.doi.org/10.1093/cid/cit642>
  • CDC. Viral hepatitis surveillance, United States; 2013. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <http://www.cdc.gov/hepatitis/statistics/2013surveillance/pdfs/2013hepsurveillancerpt.pdf>
  • Bansal S, Singal AK, McGuire BM, Anand BS. Impact of all oral anti-hepatitis C virus therapy: a meta-analysis. World J Hepatol 2015;7:806–13. <http://dx.doi.org/10.4254/wjh.v7.i5.806>
  • Smith BD, Morgan RL, Beckett GA, et al. Recommendations for the identification of chronic hepatitis C virus infection among persons born during 1945–1965. MMWR Recomm Rep 2012;61(No. RR-4).
  • US Preventive Services Task Force. Final recommendation statement, hepatitis C: screening; 2013. Rockville, MD: US Preventive Services Task Force; 2013. <http://www.uspreventiveservicestaskforce.org/Page/Document/UpdateSummaryFinal/hepatitis-c-screening>
  • Arora S, Thornton K, Murata G, et al. Outcomes of treatment for hepatitis C virus infection by primary care providers. N Engl J Med 2011;364:2199–207. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMoa1009370>
  • Mitruka K, Thornton K. Expanding primary care capacity to treat hepatitis C virus infection through an evidence-based care model—Arizona and Utah, 2012–2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:393–8.
  • Vallet-Pichard A, Mallet V, Nalpas B, et al. FIB-4: an inexpensive and accurate marker of fibrosis in HCV infection. Comparison with liver biopsy and fibrotest. Hepatology 2007;46:32–6. <http://dx.doi.org/10.1002/hep.21669>
  • National Academies of Sciences, Engineering, and Medicine. 2016. Eliminating the public health problem of hepatitis B and C in the United States: phase one report. Washington, DC: The National Academies Press. <http://www.nap.edu/read/23407/chapter/1>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ