一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)最新情報:ジカウイルス伝播の継続 ― プエルトリコ・・・

MMWR抄訳

rss

2016/05/06Vol. 65 / No. 17

MMWR65(17):451-455
Update: Ongoing Zika Virus Transmission — Puerto Rico, November 1, 2015–April 14, 2016

最新情報:ジカウイルス伝播の継続 ― プエルトリコ、2015年11月1日~2016年4月14日

2015年12月、プエルトリコにおいて、同年11月23日に発症した初発例に始まるジカウイルスの地域的伝播が報告され、アメリカ領内における初めての報告となった。プエルトリコにおける最新の疫学的調査結果および公衆衛生対応について報告する。2015年11月1日~2016年4月14日、プエルトリコ保健省およびCDCのデング熱支所において、ジカウイルス感染が疑われる患者の検体計6,157例の検査を行った。検査は、アルボウイルス3種のRT-PCR法および/またはIgM ELISA法を行い、陽性検体はさらにデング熱特異的IgM ELISAによりデング熱を否定した。その結果、683例(11%)について現在または最近のジカウイルス感染が検査室確診または暫定陽性となった。陽性検体のうち、646例(95%)がアルボウイルス病受動的サーベイランス、32例(5%)が定点観測デング熱サーベイランス、5例(1%)がギランバレー症候群受動的サーベイランスにより摘発された検体である。ジカウイルス感染患者は、78自治体のうち50自治体(64%)から報告され、146例(21%)はサン・フアン首都圏の居住者であった。主な症状は、発疹(74%)、筋肉痛(68%)、頭痛(63%)、発熱(63%)、関節痛(63%)であった。65例(10%)は有症の妊婦であった。ギランバレー症候群が疑われる患者5例(1%)を含む計17例(2%)が入院を要し、1例は重篤な血小板減少症を発症し、死亡した。アウトブレイクへの対応として、検査機関のジカウイルス検査能力の強化、強化サーベイランスの実施、妊婦を対象とした予防活動を行っている。媒介蚊コントロールは、特に妊婦の住居を中心に住居室内外への殺虫剤散布および蚊の繁殖環境の排除を実施している。プエルトリコの住民および旅行者は引き続き防蚊対策、性行為感染の予防およびリスク低減措置、発疹や発熱など急性疾患時の医療機関受診を心がけるべきである。

References

  • Petersen LR, Jamieson DJ, Powers AM, Honein MA. Zika virus. N Engl J Med 2016;374:1552–63. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMra1602113>
  • Rasmussen SA, Jamieson DJ, Honein MA, Petersen LR. Zika virus and birth defects—reviewing the evidence for causality. N Engl J Med 2016. Epub April 13, 2016. <http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMsr1604338>
  • Cao-Lormeau VM, Blake A, Mons S, et al. Guillain-Barré syndrome outbreak associated with Zika virus infection in French Polynesia: a case-control study. Lancet 2016;387:1531–9. <http://dx.doi.org/10.1016/S0140-6736(16)00562-6>
  • Thomas DL, Sharp TM, Torres J, et al. Local transmission of Zika virus—Puerto Rico, November 23, 2015-January 28, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:154–8. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6506e2>
  • Oster AM, Russell K, Stryker JE, et al. Update: interim guidance for prevention of sexual transmission of Zika virus—United States, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:323–5. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6512e3>
  • Petersen EE, Polen KN, Meaney-Delman D, et al. Update: interim guidance for health care providers caring for women of reproductive age with possible Zika virus exposure—United States, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:315–22. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6512e2>
  • Vasquez AM, Sapiano MR, Basavaraju SV, Kuehnert MJ, Rivera-Garcia B. Survey of blood collection centers and implementation of guidance for prevention of transfusion-transmitted Zika virus infection—Puerto Rico, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:375–8. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6514e1>
  • Tepper NK, Goldberg HI, Bernal MI, et al. Estimating contraceptive needs and increasing access to contraception in response to the Zika virus disease outbreak—Puerto Rico, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:311–4. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6512e1>
  • Brasil P, Calvet GA, Siqueira AM, et al. Zika virus outbreak in Rio de Janeiro, Brazil: clinical characterization, epidemiological and virological aspects. PLoS Negl Trop Dis 2016;10:e0004636. <http://dx.doi.org/10.1371/journal.pntd.0004636>
  • Sarmiento-Ospina A, Vásquez-Serna H, Jimenez-Canizales CE, Villamil- Gómez WE, Rodriguez-Morales AJ. Zika virus associated deaths in Colombia. Lancet Infect Dis 2016;16:523–4. <http://dx.doi.org/10.1016/S1473-3099(16)30006-8>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ