一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)メディケイドに加入する生殖可能年齢の女性に対するオ・・・

MMWR抄訳

rss

2016/04/29Vol. 65 / No. 16

MMWR65(16):415-417
Opioid Prescriptions Among Women of Reproductive Age Enrolled in Medicaid — New York, 2008–2013

メディケイドに加入する生殖可能年齢の女性に対するオピオイド処方 ― ニューヨーク州、2008~2013年

ニューヨーク州のDepartment of Healthは2008~2013年、メディケイドに加入する15~44歳(生殖可能年齢)の女性に対するオピオイド薬の処方に関するデータを分析した。この期間、メディケイドに加入していたのは平均800,908人[675,717人(2008年)~903,721人(2013年)]であり、オピオイド薬が処方された女性は平均20.0%[18.7%(2008年)~20.9%(2011年)]であった。避妊している/不妊の女性に対する処方率は平均27.3%[25.8%(2008年)~28.2%(2012年)]、避妊しない/不妊でない女性に対する処方率は平均17.3%[16.0%(2013年)~18.1%(2011年)]、出産した女性に対する出産前(280日以内)の処方率は平均9.5%[8.8%(2008年)~10.0%(2010年/2011年)]であった。妊娠中のオピオイド曝露は乳児に対し有害な転帰をもたらすため、妊娠の可能性のある女性に対して処方する場合は、そのリスクを考慮する必要がある。今回、出産した女性の約10人に1人に対しオピオイドが処方されていたが、医師はオピオイドを処方する前に妊娠の状態、性行為の状況および避妊薬の使用について確認し、慢性疼痛を認める場合はCDCのガイドラインに従って経過を観察すべきである。また、他の疼痛の場合や避妊薬を使用していない場合はより安全な鎮痛薬を使用する、あるいは非薬物療法を行うなどの措置が必要と考える。

References

  • Berlin CM, McCarver DG, Notterman DA, et al. Neonatal drug withdrawal. Pediatrics 1998;101:1079–88.
  • Broussard CS, Rasmussen SA, Reefhuis J, et al.; National Birth Defects Prevention Study. Maternal treatment with opioid analgesics and risk for birth defects. Am J Obstet Gynecol 2011;204:314.e1–11. <http://dx.doi.org/10.1016/j.ajog.2010.12.039>
  • Desai RJ, Hernandez-Diaz S, Bateman BT, Huybrechts KF. Increase in prescription opioid use during pregnancy among Medicaid-enrolled women. Obstet Gynecol 2014;123:997–1002. <http://dx.doi.org/10.1097/AOG.0000000000000208>
  • Ailes EC, Dawson AL, Lind JN, et al. Opioid prescription claims among women of reproductive age—United States, 2008–2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:37–41.
  • Centers for Medicare & Medicaid Services. Measure (developmental), use of contraceptive methods by women ages 21–44 years. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, Centers for Medicare & Medicaid Services; 2015. <http://www.medicaid.gov/medicaid-chip-program-information/by-topics/quality-of-care/downloads/mih-contraceptive-use-21-to-44.pdf>
  • Zerzan JT, Morden NE, Soumerai S, et al. Trends and geographic variation of opiate medication use in state Medicaid fee-for-service programs, 1996 to 2002. Med Care 2006;44:1005–10. <http://dx.doi.org/10.1097/01.mlr.0000228025.04535.25>
  • McDonald DC, Carlson K, Izrael D. Geographic variation in opioid prescribing in the US. J Pain 2012;13:988–96. <http://dx.doi.org/10.1016/j.jpain.2012.07.007>
  • Dowell D, Haegerich TM, Chou R. CDC guideline for prescribing opioids for chronic pain—United States, 2016. MMWR Recomm Rep 2016;65(No. RR-1). <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.rr6501e1>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ