一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)症状と妊娠状況の報告によるジカウイルス検査および感・・・

MMWR抄訳

rss

2016/04/22Vol. 65 / No. 15

MMWR65(15):395-399
Patterns in Zika Virus Testing and Infection, by Report of Symptoms and Pregnancy Status — United States, January 3–March 5, 2016

症状と妊娠状況の報告によるジカウイルス検査および感染のパターン ― アメリカ、2016年1月3日~3月5日

ジカウイルスは主にヤブカ(Aedes)属の蚊により伝播されるフラビウイルスであり、アメリカ領内において伝播が拡大しつつある。妊娠中のジカウイルス感染は、胎児の先天性小頭症や流産などの有害転帰と関連することから、CDCは、ジカウイルスに曝露した可能性があり、ジカウイルス病に合致する症状または兆候を示す人には検査を推奨しており、無症状の妊娠女性に対しては曝露から12週以内に医療従事者からウイルス検査を勧めることを推奨している。CDCは、50州およびワシントンDCにおいて、ジカウイルス検査を受けた人の妊娠状態およびジカウイルス病の症状または兆候の有無について調査した。2016年1月3日~3月5日、ジカウイルス伝播が活性化している地域に旅行またはその地域から転居して来た4,534名がジカウイルス検査を受けた。1,541名(34.0%)は1つ以上のジカウイルス関連症状または兆候(発熱、発疹、関節痛、結膜炎など)を報告し、そのうち182名(11.8%)にジカウイルス感染が確診され、41名(2.7%)は非特定フラビウイルスの最近の感染であった。ジカウイルス関連以外の症状のみを報告した人は436名(9.6%)で、そのうち8名(1.8%)がジカウイルス感染、3名(0.7%)は非特定フラビウイルス感染であった。無症状と報告した2,557名(56.4%)のうちジカウイルス感染は7名(0.3%)、11名(0.4%)は非特定フラビウイルス感染であった。検査を受けた人のうち妊婦は3,335名(73.6%)であり、28名(0.8%)にジカウイルス感染が確診され、19名(0.6%)は非特定フラビウイルス感染であった。無症状の妊婦2,425名のうちジカウイルス感染が確診されたのはわずか7名(0.3%)で、10名(0.4%)に非特定フラビウイルス感染が確認された。旅行関連感染以外の地域的伝播が起きていない現状では、無症状の人における感染率は極めて低かったが、ジカウイルス感染の妊娠および胎児に対する有害性を考慮し、医療従事者は曝露の可能性がある無症状の妊婦に対し、引き続き検査を行うべきである。

References

  • Hayes EB. Zika virus outside Africa. Emerg Infect Dis 2009;15:1347–50. <http://dx.doi.org/10.3201/eid1509.090442>
  • CDC. Areas with Zika. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <http://www.cdc.gov/zika/geo/>
  • Duffy MR, Chen TH, Hancock WT, et al. Zika virus outbreak on Yap Island, Federated States of Micronesia. N Engl J Med 2009;360:2536–43. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMoa0805715>
  • Armstrong P, Hennessey M, Adams M, et al. Travel-associated Zika virus disease cases among US residents—United States, January 2015–February 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:286–9. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6511e1>
  • Oliveira Melo AS, Malinger G, Ximenes R, Szejnfeld PO, Alves Sampaio S, Bispo de Filippis AM. Zika virus intrauterine infection causes fetal brain abnormality and microcephaly: tip of the iceberg? Ultrasound Obstet Gynecol 2016;47:6–7. <http://dx.doi.org/10.1002/uog.15831>
  • Martines RB, Bhatnagar J, Keating MK, et al. Notes from the field: evidence of Zika virus infection in brain and placental tissues from two congenitally infected newborns and two fetal losses—Brazil, 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:159–60. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6506e1>
  • Mlakar J, Korva M, Tul N, et al. Zika virus associated with microcephaly. N Engl J Med 2016;374:951–8. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMoa1600651>
  • Rasmussen SA, Jamieson DJ, Honein MA, Petersen LR. Zika virus and birth defects—reviewing the evidence for causality. N Engl J Med 2016. E-pub April 13, 2016. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMsr1604338>
  • Oduyebo T, Petersen EE, Rasmussen SA, et al. Update: interim guidelines for health care providers caring for pregnant women and women of reproductive age with possible Zika virus exposure—United States, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:122–7. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6505e2>
  • Petersen EE, Polen KN, Meaney-Delman D, et al. Update: interim guidance for health care providers caring for women of reproductive age with possible Zika virus exposure—United States, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:315–22. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6512e2>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ