一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)騒音にさらされる労働者における聴覚障害 ― アメリ・・・

MMWR抄訳

rss

2016/04/22Vol. 65 / No. 15

MMWR65(15):389-394
Hearing Impairment Among Noise-Exposed Workers — United States, 2003–2012

騒音にさらされる労働者における聴覚障害 ― アメリカ、2003~2012年

難聴はアメリカにおいて慢性身体疾患の第3位であり、糖尿病や癌よりも多い。約2,200万人の労働者が職業上、有害な騒音にさらされており、騒音曝露による職業性難聴はアメリカで最も多い職業関連疾患である。CDCの労働安全衛生研究所は、85デシベル以上の騒音に曝露される労働者に義務づけられている聴力検査のデータを収集し、職業性難聴サーベイランスを行った。CDCはこのデータを用い、北米産業分類9業種における難聴罹患率を比較した。また、難聴の程度を6段階(軽度~完全失聴)で評価し、生活の質(QOL)に対する影響を世界の疾病負担研究(2013年)で定義された障害調整生命年(DALY)で評価した。2003~2012年に、国内25,908社で雇用されている労働者のオーディオグラム1,413,789例が収集された。何らかの聴覚障害が認められた割合は、男性(14%)が女性(7%)よりも多く、両性ともに年齢に伴い有病率および重症度が上昇した。全業種にわたり、騒音に曝露した労働者の13%が聴覚障害を有し、2%は中等度以上であった。セクター別では、鉱業(何らかの障害:17%、中等度以上:3%)、建設業(同16%、3%)、製造業(同14%、2%)において高かった。警察や消防を含む公安セクターが最も低く、7%に何らかの障害が認められた。全業種にわたり、騒音に曝露した労働者1,000名あたり毎年2.53年の健康年の損失があった。鉱業および建設業セクターでは、それぞれ同3.45年および同3.09年の損失であり、公安セクターでは同1.30年であった。本報告は、労働者の職業性難聴をDALYで定量的に評価した初めての報告である。労働者のQOLの維持のため、職業性難聴の予防、早期発見および増悪を防ぐための介入が必要である。

References

  • Blackwell DL, Lucas JW, Clarke TC. Summary health statistics for US adults: National Health Interview Survey, 2012. Vital health statistics, series 10, no. 260. Atlanta, GA: National Center for Health Statistics, CDC; 2014. <http://www.cdc.gov/nchs/data/series/sr_10/sr10_260.pdf>
  • Themann CL, Suter AH, Stephenson MR. National research agenda for the prevention of occupational hearing loss—part 1. Semin Hear 2013;34:145–207. <http://dx.doi.org/10.1055/s-0033-1349351>
  • Tak S, Davis RR, Calvert GM. Exposure to hazardous workplace noise and use of hearing protection devices among US workers—NHANES, 1999–2004. Am J Ind Med 2009;52:358–71. <http://dx.doi.org/10.1002/ajim.20690>
  • Masterson EA, Tak S, Themann CL, et al. Prevalence of hearing loss in the United States by industry. Am J Ind Med 2013;56:670–81. <http://dx.doi.org/10.1002/ajim.22082>
  • Global Burden of Disease Study 2013 Collaborators. Global, regional, and national incidence, prevalence, and years lived with disability for 301 acute and chronic diseases and injuries in 188 countries, 1990–2013: a systematic analysis for the Global Burden of Disease Study 2013. Lancet 2015;386:743–800. <http://dx.doi.org/10.1016/S0140-6736(15)60692-4>
  • Masterson EA, Themann CL, Luckhaupt SE, Li J, Calvert GM. Hearing difficulty and tinnitus among US workers and non-workers in 2007. Am J Ind Med 2016;59:290–300. <http://dx.doi.org/10.1002/ajim.22565>
  • World Health Organization. WHO methods and data sources for global burden of disease estimates 2000–2011. Global health estimates technical paper WHO/HIS/HSI/GHE/2013.4. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2013. <http://www.who.int/healthinfo/statistics/GlobalDALYmethods_2000_2011.pdf>
  • Nelson DI, Nelson RY, Concha-Barrientos M, Fingerhut M. The global burden of occupational noise-induced hearing loss. Am J Ind Med 2005;48:446–58. <http://dx.doi.org/10.1002/ajim.20223>
  • Chien W, Lin FR. Prevalence of hearing aid use among older adults in the United States. Arch Intern Med 2012;172:292–3. <http://dx.doi.org/10.1001/archinternmed.2011.1408>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ