一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)男性同士の性行為によるジカウイルス感染 ― テキサ・・・

MMWR抄訳

rss

2016/04/15Vol. 65 / No. 14

MMWR65(14):372-374
Male-to-Male Sexual Transmission of Zika Virus — Texas, January 2016

男性同士の性行為によるジカウイルス感染 ― テキサス州、2016年1月

2016年1月、1週間のベネゼエラへの訪問からテキサス州ダラスへ戻った男性(患者A)が2日後、発熱、上半身および顔面のそう痒性皮疹および結膜炎を来し、3日間症状が持続した。発症日(day0)の前日および翌日、患者Aは患者Bと避妊具なしにて性行為を行い、患者Bはday7、発熱、筋肉痛、頭痛、傾眠および倦怠感を来し、数日後には胴と腕にそう痒性皮疹、手足に小関節炎および結膜炎を発症した。これらの症状はすべて1週間後には消失した。Day11、患者Bはプライマリ・ケア医を受診、ジカウイルス感染症が疑われたため、day11に患者B、day14に患者Aおよび患者Bの血清検体を採取し、さらにday24に尿、唾液の検体を両患者から採取した。検体はDallas County Health and Human Services (DCHHS)からCDCに送られ、検査した結果、day14の患者Aの血清検体、day11の患者Bの血清検体からジカウイルスRNAは検出されなかったが、両検体ともジカウイルスおよびデングウイルスIgM陽性を示した。プラーク減少中和検査(PRNT)では、患者Aはジカウイルスおよびデングウイルス血清型1、患者Bはジカウイルスのみの感染が認められた。患者Aは何年も中央および南アメリカへ定期的に旅行しており、訪問した地域にジカウイルス疾患の症状を示すヒトが多くいたと報告、また、ベネゼエラでは2015年11月にジカウイルスの土着感染が認められていた。患者Bはアメリカ国外およびジカウイルスの土着感染を認める地域への旅行歴はない。両患者ともアルボウイルス感染歴はなく、日本脳炎ワクチンの接種歴もない。この2例は男性間性行為によるジカウイルス感染の初めての報告例であり、膣性交と同様に肛門性交でのジカウイルス感染リスクを認識し、予防する必要性が示された。

References

  • Foy BD, Kobylinski KC, Chilson Foy JL, et al. Probable non-vector-borne transmission of Zika virus, Colorado, USA. Emerg Infect Dis 2011;17:880–2. <http://dx.doi.org/10.3201/eid1705.101939>
  • Lanciotti RS, Kosoy OL, Laven JJ, et al. Genetic and serologic properties of Zika virus associated with an epidemic, Yap State, Micronesia, 2007. Emerg Infect Dis 2008;14:1232–9. <http://dx.doi.org/10.3201/eid1408.080287>
  • Calisher CH, Karabatsos N, Dalrymple JM, et al. Antigenic relationships between flaviviruses as determined by cross-neutralization tests with polyclonal antisera. J Gen Virol 1989;70:37–43. <http://dx.doi.org/10.1099/0022-1317-70-1-37>
  • Venturi G, Zammarchi L, Fortuna C, et al. An autochthonous case of Zika due to possible sexual transmission, Florence, Italy, 2014. Euro Surveill 2016;21:30148. <http://dx.doi.org/10.2807/1560-7917.ES.2016.21.8.30148>
  • Hills SL, Russell K, Hennessey M, et al. Transmission of Zika virus through sexual contact with travelers to areas of ongoing transmission—continental United States, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:215–6. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6508e2>
  • Boorman JP, Porterfield JS. A simple technique for infection of mosquitoes with viruses; transmission of Zika virus. Trans R Soc Trop Med Hyg 1956;50:238–42. <http://dx.doi.org/10.1016/0035-9203(56)90029-3>
  • Hayes EB. Zika virus outside Africa. Emerg Infect Dis 2009;15:1347–50. <http://dx.doi.org/10.3201/eid1509.090442>
  • Musso D, Roche C, Robin E, Nhan T, Teissier A, Cao-Lormeau VM. Potential sexual transmission of Zika virus. Emerg Infect Dis 2015;21:359–61. <http://dx.doi.org/10.3201/eid2102.141363>
  • Atkinson B, Hearn P, Afrough B, et al. Detection of Zika virus in semen. Emerg Infect Dis 2016;22. <http://dx.doi.org/10.3201/eid2205.160107>
  • Mansuy JM, Dutertre M, Mengelle C, et al. Zika virus: high infectious viral load in semen, a new sexually transmitted pathogen? Lancet Infect Dis 2016;16:405. <http://dx.doi.org/10.1016/S1473-3099(16)00138-9>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ