一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)主に食物を媒介して伝染する病原菌への感染と培養非依・・・

MMWR抄訳

rss

2016/04/15Vol. 65 / No. 14

MMWR65(14):368-371
Infection with Pathogens Transmitted Commonly Through Food and the Effect of Increasing Use of Culture-Independent Diagnostic Tests on Surveillance — Foodborne Diseases Active Surveillance Network, 10 U.S. Sites, 2012–2015

主に食物を媒介して伝染する病原菌への感染と培養非依存性診断検査の使用の増加 ― Foodborne Diseases Active Surveillance Network、アメリカ10地域、2012~2015年

アメリカFodborne Diseases Active Surveillance Network (FoodNet)は食物を介する疾患の予防のため、国内10地域(コネチカット州、ジョージア州、メリーランド州、ニューメキシコ州、オレゴン州、テネシー州およびカリフォルニア、コロラド、ニューヨーク州の選択郡)にて9種類の病原菌による研究室レベルでの確診例の発現をモニターしており、2015年には感染:20,107例、入院:4,531例および死亡:77例を確認している。病原菌別の症例数および発症率(10万人あたり)はサルモネラ:7,728例(15.89)、カンピロバクター:6,309例(12.97)、赤痢:2,688例(5.53)、クリプトスポリジウム:1.621例(3.31)、STEC non-O157:796(1.64)、STEC O157:463例(0.95)、ビブリオ:192例(0.39)、エルシニア:139例(0.29)、リステリア:116例(0.24)、サイクロスポラ:64例(0.13)であった。2012~2014年の発症率に比べ、2015年の発症率はSTEC non-O157およびクリプトスポリジウムがそれぞれ40%、57%増加、他の病原菌に関しては過去3年間から有意な変動は認めなかった。確診例の多くは培養検査によるものであり(16,383例)、培養非依存性診断検査(CIDT)による診断例は2,048例であり、STECはCIDTによる診断例が80%を占めていた。2015年におけるCIDT陽性例は3,112例であり、病原菌別ではカンピロバクター:2,021例、赤痢:454例、サルモネラ:361例、STEC:254例であった。これらの報告数は2012~2014年に比べそれぞれ92%、284%、247%、120%の増加であり、4病原菌の平均は122%の増加であった。CIDT陽性例を加えた場合の発症率(10万人あたり)はカンピロバクター:17.12、サルモネラ:16.63、赤痢:6.46、STEC:3.12であった。腸内病原菌の検査は培養法からCIDTにシフトしており、迅速な診断が可能となっている。今後、患者の便検体から直接かつ迅速に遺伝子配列を検出する方法の開発が急がれる。

References

  • Iwamoto M, Huang JY, Cronquist AB, et al. Bacterial enteric infections detected by culture-independent diagnostic tests—FoodNet, United States, 2012–2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:252–7.
  • Gould LH, Mody RK, Ong KL, et al.; Emerging Infections Program Foodnet Working Group. Increased recognition of non-O157 Shiga toxin-producing Escherichia coli infections in the United States during 2000–2010: epidemiologic features and comparison with E. coli O157 infections. Foodborne Pathog Dis 2013;10:453–60. <http://dx.doi.org/10.1089/fpd.2012.1401>
  • Painter JE, Hlavsa MC, Collier SA, Xiao L, Yoder JS. Cryptosporidiosis surveillance—United States, 2011–2012. MMWR Surveill Summ 2015;64(No. SS-03):1–14.
  • Robinson TJ, Cebelinski EA, Taylor C, Smith KE. Evaluation of the positive predictive value of rapid assays used by clinical laboratories in Minnesota for the diagnosis of cryptosporidiosis. Clin Infect Dis 2010;50:e53–5. <http://dx.doi.org/10.1086/651423>
  • Desin TS, Köster W, Potter AA. Salmonella vaccines in poultry: past, present and future. Expert Rev Vaccines 2013;12:87–96. <http://dx.doi.org/10.1586/erv.12.138>
  • US Department of Agriculture Food Safety Inspection Service. New performance standards for Salmonella and Campylobacter in young chicken and turkey slaughter establishments: new compliance guides. Washington, DC: US Department of Agriculture, Food Safety Inspection Service; 2010. <http://www.fsis.usda.gov/OPPDE/rdad/FRPubs/2009-0034.pdf>
  • Crim SM, Griffin PM, Tauxe R, et al. Preliminary incidence and trends of infection with pathogens transmitted commonly through food—Foodborne Diseases Active Surveillance Network, 10 U.S. sites, 2006–2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:495–9.
  • Medus C, Besser JM, Juni BA, et al. Long-term sentinel surveillance for enterotoxigenic E. coli and non-O157 Shiga toxin-producing E. coli in Minnesota. Open Forum Infect Dis. Epub February 21, 2016. <http://dx.doi.org/10.1093/ofid/ofw003>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ