一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)死亡診断書およびadministrative co・・・

MMWR抄訳

rss

2016/04/08Vol. 65 / No. 13

MMWR65(13): 342-345
Varying Estimates of Sepsis Mortality Using Death Certificates and Administrative Codes — United States, 1999–2014

死亡診断書およびadministrative codeを用いた敗血症の死亡率の変動する推定値 ― アメリカ、1999~2014年

敗血症は感染への宿主反応の調節異常が原因の臨床症候群であるが、確認診断試験がないため、敗血症の診断は感染のエビデンスおよび臨床上の診断に基づいている。敗血症の発生率および死亡率を調査するために死亡診断書および公共医療サービス利用データ(診療報酬請求データ)の両方が使用されてきたが、推定値は調査の定義およびデータソースに依存して変動する。推定される敗血症の死亡数に関連する課題および変動性に注目するために、CDCはCDC WONDERデータベースを使用した死亡診断書に基づいた敗血症関連の死亡数の全国的な推定値と診療報酬データにより作成された敗血症の死亡数の推定値を比較した。CDC WONDERデータベースでは、敗血症に関連する死亡を死亡診断書に記載された国際疾病分類第10版(ICD-10)の診断コードA40(レンサ球菌性敗血症)およびA41(その他の敗血症)に対応する診断がある死亡と定義した。WONDERデータベースからの死亡診断書に基づく年間の敗血症の死亡数の推定値と、これまでに発表されたNationwide Inpatient Sample、Healthcare Cost and Utilization Project、Agency for Healthcare Research and Qualityの診療報酬請求データを使用して作製した敗血症死亡数の推定値を比較した。1999~2014年の間で敗血症に関連する死亡は2,470,666例(全死亡の6%)で、このうち22%では敗血症が原死因であった。2,470,666例の死亡に記載された2,472,911のA40およびA41のコード間では、最も多かったのは詳細不明の敗血症(A41.9、94%)、その他のグラム陰性菌による敗血症(A41.5、2%)、黄色ブドウ球菌による敗血症(A41.0、0.2%)であった。死亡者の年齢の内訳は、65~84歳:約49%、85歳以上:26%、25~64歳:25%、25歳未満:約1%であった。2004~2009年の間では、千例単位まで四捨五入した場合、診療報酬請求データに基づいて発表された年間の敗血症関連の死亡の推定値の範囲は168,000~381,000例で、死亡診断書を使用した推定値(複数の死因、146,000~159,000例)を15~140%上回った。死亡診断書と診療報酬請求データを使用した敗血症関連の死亡数の差は、それぞれのデータベース固有の限界により説明できるかもしれない。これらの結果は、より正確な全国的な敗血症の傾向を追跡するために、客観的な臨床データに基づいた信頼性のある敗血症調査の定義の必要性を強調しており、敗血症の認識の向上および予防の取り組みへの影響の客観的な調査を可能にすると考えられる。

References

  • Singer M, Deutschman CS, Seymour CW, et al. The third international consensus definitions for sepsis and septic shock (sepsis-3). JAMA 2016;315:801–10. <http://dx.doi.org/10.1001/jama.2016.0287>
  • Gaieski DF, Edwards JM, Kallan MJ, Carr BG. Benchmarking the incidence and mortality of severe sepsis in the United States. Crit Care Med 2013;41:1167–74. <http://dx.doi.org/10.1097/CCM.0b013e31827c09f8>
  • National Center for Health Statistics (NCHS). National Vital Statistics System: instructions for classifying the underlying cause of death. NCHS instruction manual; part 2a. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2016. <http://www.cdc.gov/nchs/nvss/instruction_manuals.htm>
  • Wang HE, Shapiro NI, Angus DC, Yealy DM. National estimates of severe sepsis in United States emergency departments. Crit Care Med 2007;35:1928–36. <http://dx.doi.org/10.1097/01.CCM.0000277043.85378.C1>
  • Dombrovskiy VY, Martin AA, Sunderram J, Paz HL. Rapid increase in hospitalization and mortality rates for severe sepsis in the United States: a trend analysis from 1993 to 2003. Crit Care Med 2007;35:1244–50. <http://dx.doi.org/10.1097/01.CCM.0000261890.41311.E9>
  • Martin GS, Mannino DM, Eaton S, Moss M. The epidemiology of sepsis in the United States from 1979 through 2000. N Engl J Med 2003;348:1546–54. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMoa022139>
  • Angus DC, Linde-Zwirble WT, Lidicker J, Clermont G, Carcillo J, Pinsky MR. Epidemiology of severe sepsis in the United States: analysis of incidence, outcome, and associated costs of care. Crit Care Med 2001;29:1303–10. <http://dx.doi.org/10.1097/00003246-200107000-00002>
  • Ong P, Gambatese M, Begier E, Zimmerman R, Soto A, Madsen A. Effect of cause-of-death training on agreement between hospital discharge diagnoses and cause of death reported, inpatient hospital deaths, New York City, 2008–2010. Prev Chronic Dis 2015;12:140299. <http://dx.doi.org/10.5888/pcd12.140299>
  • Wexelman BA, Eden E, Rose KM. Survey of New York City resident physicians on cause-of-death reporting, 2010. Prev Chronic Dis 2013;10:120288. <http://dx.doi.org/10.5888/pcd10.120288>
  • Rhee C, Gohil S, Klompas M. Regulatory mandates for sepsis care—reasons for caution. N Engl J Med 2014;370:1673–6. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMp1400276>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ