一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)最新情報:ジカウイルスの性感染予防に関する暫定ガイ・・・

MMWR抄訳

rss

2016/04/01Vol. 65 / No. 12

MMWR65(12):323-325
Update: Interim Guidance for Prevention of Sexual Transmission of Zika Virus — United States, 2016

最新情報:ジカウイルスの性感染予防に関する暫定ガイドライン ― アメリカ、2016年

2016年2月5日、CDCはジカウイルスの性感染予防に関する暫定ガイドラインを発表した。ジカウイルスは男性からパートナーへ性行為により感染し、2008年、男性が発症する数日前の性行為により女性に感染した例が初めて報告されている。今回のアウトブレイクによる性感染は2月初めに報告され(Dallas County Health and Human Services)、2月下旬に2例、3月18日の時点ではさらに3例(計6例)が確認されている。性感染はいずれもジカウイルス感染症の発症直前、発症中、または症状回復直後の男性との経膣または肛門性交によるものであり、感染した女性からの性感染例は報告されていない。CDCはジカウイルスの流行地域へ旅行または居住したことのある男性と妊娠中のパートナーは、性行為の際は常に正確に避妊具を使用する、または妊娠中の性交を控えるべきであるとしている。妊娠中の女性は医療従事者とともにパートナーの男性の渡航歴および既往歴について話し合い、医療従事者はCDCのガイドラインに従ってカウンセリングおよび検査を行う。また、妊娠していないパートナーの場合、性感染リスク抑制のためには常に正確に避妊具を使用する、または性交を控えるべきとしている。ジカウイルス感染のリスクにはいくつかの因子が関与しており、ジカウイルス流行地域への渡航期間や蚊に咬まれないための対策のレベルも影響する。また、男性の血清および精液を性感染リスクの評価を目的に検査することは推奨されておらず、感染する機会があり、徴候や症状を認める場合にのみ検査される。性感染の可能性のある妊娠した女性の場合は、本人または男性パートナーが検査を受け、ジカウイルスの性感染が疑われる場合はCDCへの報告を要請している。

References

  • Oster AM, Brooks JT, Stryker JE, et al. Interim guidelines for prevention of sexual transmission of Zika virus—United States, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:120–1. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6505e1>
  • Foy BD, Kobylinski KC, Foy JLC, et al. Probable non-vector-borne transmission of Zika virus, Colorado, USA. Emerg Infect Dis 2011;17:880–2. <http://dx.doi.org/10.3201/eid1705.101939>
  • Hills SL, Russell K, Hennessey M, et al. Transmission of Zika virus through sexual contact with travelers to areas of ongoing transmission—continental United States, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:215–6. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6508e2>
  • Venturi G, Zammarchi L, Fortuna C, et al. An autochthonous case of Zika due to possible sexual transmission, Florence, Italy, 2014. Euro Surveill 2016;21:30148. <http://dx.doi.org/10.2807/1560-7917.ES.2016.21.8.30148>
  • Mansuy JM, Dutertre M, Mengelle C, et al. Zika virus: high infectious viral load in semen, a new sexually transmitted pathogen? Lancet Infect Dis 2016;S1473-3099(16)00138-9.
  • Musso D, Roche C, Robin E, Nhan T, Teissier A, Cao-Lormeau VM. Potential sexual transmission of Zika virus. Emerg Infect Dis 2015;21:359–61. <http://dx.doi.org/10.3201/eid2102.141363>
  • Atkinson B, Hearn P, Afrough B, et al. Detection of Zika virus in semen[Letter]. Emerg Infect Dis 2016. Published online March 2016. <http://dx.doi.org/10.3201/eid2205.160107>
  • Petersen EE, Polen KN, Meaney-Delman D, et al. Update: interim guidance for health care providers caring for women of reproductive age with possible Zika virus exposure—United States, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016. Published online March 25, 2016.
  • Duffy MR, Chen TH, Hancock WT, et al. Zika virus outbreak on Yap Island, Federated States of Micronesia. N Engl J Med 2009;360:2536– 43. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMoa0805715>
  • CDC. Contraception. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2015. <http://www.cdc.gov/reproductivehealth/unintendedpregnancy/contraception.htm>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ