一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)生乳摂取によるCampylobacter jeju・・・

MMWR抄訳

rss

2016/04/01Vol. 65 / No. 12

MMWR65(12):301-305
Campylobacter jejuni Infections Associated with Raw Milk Consumption — Utah, 2014

生乳摂取によるCampylobacter jejuni感染 ― ユタ州、2014年

2014年5月、Utah Public Health LaboratoryはPFGEパターンの識別不能なCampylobacter jejuniに感染した3例(患者A、B、C)をUtah Department of Health (UDOH)に通知した。患者A、Bは親子であり5月10日に発症、2例とも入院し、患者Aは1週間後、多臓器不全のため死亡した。患者Cは5月11日に発症、3例ともユタ州北部のウィーバー郡の酪農場Aの生乳を摂取しており、5~6月にさらに症例が認められたことから、UDOHが6月10日より調査を開始、5月9日~11月6日にて計99例(確診例:59例、可能性例:40例)にC.jejuni感染を認めた。85例(86%)は州北部のウェバー郡(34例)、デービス郡(33例)、ソルトレイク郡(18例)の住民であり、14例は州北部の他の郡の住民であった。年齢は1~74歳(中央値23歳)、44例が18歳未満であった。症状はカンピロバクター症と一致しており、全例に下痢、65例に腹痛、53例に発熱を認め、計10例が入院し、1例が死亡した。98例を対象とした追跡調査では、53例が生乳を飲んだと報告、うち52例は酪農場Aの生乳であった。生乳を飲んでいない41例のうち21例はケソ・フレスコ(メキシコの生チーズ)を食べていた。Utah Department of Agriculture and Food (UDAF)はアウトブレイクの前、6月1日に酪農場Aを定期検査しており、また、6月12、13日にアウトブレイクに関連した検査が行われたが、いずれも重大な違反は認められず、6月1日~7月13日に採取した生乳の3検体からも病原菌は検出されなかった。このアウトブレイクを受けてUDAFは8月4日、酪農場Aの生乳販売許可を停止し、10月1日に再開したが、以降11月4日までに新たに7例にて感染を認めたため、生乳販売許可を12月1日に永久的に停止した。その後2015年2月までC.jejuni感染例は認めていない。

References

  • Utah Department of Health. Health, disease control and prevention, epidemiology. Communicable disease rule; R386–702. Salt Lake City, UT: Utah Department of Health; 2016. <http://www.rules.utah.gov/publicat/code/r386/r386-702.htm>
  • Tan JM, Abeyta C, Tran T. Campylobacter. Bacteriological analytical manual. Silver Spring, MD: US Department of Health and Human Services, Food and Drug Administration; 2016. <http://www.fda.gov/Food/FoodScienceResearch/LaboratoryMethods/ucm2006949.htm>
  • Utah Department of Agriculture. Utah dairy act. 2010. Chapter 3. Salt Lake City, UT: Utah Department of Agriculture; 2013. <http://le.utah.gov/xcode/Title4/Chapter3/C4-3_1800010118000101.pdf>
  • CDC. Foodborne diseases active surveillance network (FoodNet) population survey atlas of exposures, 2006–2007. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. <http://www.cdc.gov/foodnet/PDFs/FNExpAtl03022011.pdf>
  • Katafiasz AR, Bartlett P. Motivation for unpasteurized milk consumption in Michigan, 2011. Food Protection Trends 2012;32:124–8.
  • Schildt M, Savolainen S, Hänninen ML. Long-lasting Campylobacter jejuni contamination of milk associated with gastrointestinal illness in a farming family. Epidemiol Infect 2006;134:401–5. <http://dx.doi.org/10.1017/S0950268805005029>
  • Black RE, Levine MM, Clements ML, Hughes TP, Blaser MJ. Experimental Campylobacter jejuni infection in humans. J Infect Dis 1988;157:472–9. <http://dx.doi.org/10.1093/infdis/157.3.472>
  • Humphrey TJ, Beckett P. Campylobacter jejuni in dairy cows and raw milk. Epidemiol Infect 1987;98:263–9. <http://dx.doi.org/10.1017/S0950268800062014>
  • Heuvelink AE, van Heerwaarden C, Zwartkruis-Nahuis A, et al. Two outbreaks of campylobacteriosis associated with the consumption of raw cows’ milk. Int J Food Microbiol 2009;134:70–4. <http://dx.doi.org/10.1016/j.ijfoodmicro.2008.12.026>
  • Bianchini V, Borella L, Benedetti V, et al. Prevalence in bulk tank milk and epidemiology of Campylobacter jejuni in dairy herds in northern Italy. Appl Environ Microbiol 2014;80:1832–7. <http://dx.doi.org/10.1128/AEM.03784-13>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ