一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)標準的予防策の実施による分娩時のジカウイルス感染予・・・

MMWR抄訳

rss

2016/03/25Vol. 65 / No. 11

MMWR65(11):290-292
Preventing Transmission of Zika Virus in Labor and Delivery Settings Through Implementation of Standard Precautions — United States, 2016

標準的予防策の実施による分娩時のジカウイルス感染予防 ― アメリカ、2016年

2016年3月21日時点で、ジカウイルス感染は32カ国およびプエルトリコ、バージン諸島を含むアメリカ領土で確認されている。大半の人ではジカウイルス感染は軽度または無症状であるが、妊娠中のジカウイルス感染と有害な妊娠および出産転帰との関連を支持するエビデンスが増加しており、最近ではギラン・バレー症候群との関連の可能性も報告されている。ジカウイルスは主にヤブカの咬傷を介して感染するが、性的感染も記録されている。ジカウイルスRNAは血液、尿、唾液、羊水をはじめとする様々な体液から検出され、これらの体液への職業的曝露に関連した感染は、理論的に可能性がある。感染した患者から医療従事者または他の患者へのジカウイルス感染の報告はないが、体液の曝露を最小にすることは、このような感染の可能性を減少させるのに重要である。CDCは医療従事者および患者の両方を血液由来病原体(例えばヒト免疫不全ウイルス、C型肝炎ウイルス)と同様にジカウイルス感染から守るために、すべての医療状況において標準的予防策を推奨している。標準的予防策は、すべての血液、体液、分泌物、排泄物(汗を除く)、創傷のある皮膚、粘液は伝染性の感染体を含む可能性があることを前提に、1)手指衛生、2)個人用防護具(PPE)の使用、3)気管の衛生および咳エチケット、4)安全な注射の実践、5)患者環境において汚染された可能性のある器具および表面の安全な取扱いを実施する。ジカウイルス感染は無症状の可能性があるので、感染の疑いまた確定にかかわらず、標準的予防策は常に実施する必用がある。分娩および出産のプロセス中は大量の体液への曝露の可能性があり、産科ケアの予測不可能および急速な性質から、このような状況での標準的予防策は患者から医療従事者へのジカウイルス感染を予防するために重要である。標準的予防策は全ての医療現場にわたる安全な治療のための最低限の感染予防である。すべての医療従事者に対して、標準的予防策の使用および特異的なPPE使用のための原理および論理的根拠に関する教育訓練を継続することは、感染制御対策および手順を確実にするのに役立つ。現在のジカウイルスのアウトブレイクのような感染性疾患のアウトブレイクは、分娩および出産ユニットを含むすべての医療状況において、感染予防戦略の順守の重要性を強調する良い機会を提供すると思われる。

References

  • Brasil P, Pereira JP Jr, Raja Gabaglia C, et al. Zika virus infection in pregnant women in Rio de Janeiro—preliminary report. N Engl J Med 2016;NEJMoa1602412. Published online March 4, 2016. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMoa1602412>
  • Cao-Lormeau VM, Blake A, Mons S, et al. Guillain-Barré syndrome outbreak associated with Zika virus infection in French Polynesia: a case-control study. Lancet 2016;0140-6736(16)00562-6. Published online February 29, 2016. <http://dx.doi.org/10.1016/S0140-6736(16)00562-6>
  • Hills SL, Russell K, Hennessey M, et al. Transmission of Zika virus through sexual contact with travelers to areas of ongoing transmission—continental United States, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:215–6. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6508e2>
  • Barzon L, Pacenti M, Berto A, et al. Isolation of infectious Zika virus from saliva and prolonged viral RNA shedding in a traveller returning from the Dominican Republic to Italy, January 2016. Euro Surveill 2016;21:30159. <http://dx.doi.org/10.2807/1560-7917.ES.2016.21.10.30159>
  • Musso D, Nhan T, Robin E, et al. Potential for Zika virus transmission through blood transfusion demonstrated during an outbreak in French Polynesia, November 2013 to February 2014. Euro Surveill 2014;19:20761. <http://dx.doi.org/10.2807/1560-7917.ES2014.19.14.20761>
  • Siegel JD, Rhinehart E, Jackson M, Chiarello L; Healthcare Infection Control Practices Advisory Committee. 2007 guideline for isolation precautions: preventing transmission of infectious agents in healthcare settings. <http://www.cdc.gov/hicpac/2007IP/2007isolationPrecautions.html>
  • Likis FE, Sathe NA, Morgans AK, et al. Management of postpartum hemorrhage. Comparative effectiveness review. No. 151. Rockville, MD: Agency for Healthcare Research and Quality; 2015. <https://www.effectivehealthcare.ahrq.gov/ehc/products/552/2077/hemorrhage-postpartum-executive-150427.pdf>
  • Sandlin AT, Ounpraseuth ST, Spencer HJ, Sick CL, Lang PM, Magann EF. Amniotic fluid volume in normal singleton pregnancies: modeling with quantile regression. Arch Gynecol Obstet 2014;289:967–72. <http://dx.doi.org/10.1007/s00404-013-3087-2>
  • Kouri DL, Ernest JM. Incidence of perceived and actual face shield contamination during vaginal and cesarean delivery. Am J Obstet Gynecol 1993;169:312–6. <http://dx.doi.org/10.1016/0002-9378(93)90081-S>
  • Mischke C, Verbeek JH, Saarto A, Lavoie MC, Pahwa M, Ijaz S. Gloves, extra gloves or special types of gloves for preventing percutaneous exposure injuries in healthcare personnel. Cochrane Database Syst Rev 2014;3:CD009573. <http://dx.doi.org/10.1002/14651858.CD009573.pub2>
  • Gammon J, Morgan-Samuel H, Gould D. A review of the evidence for suboptimal compliance of healthcare practitioners to standard/universal infection control precautions. J Clin Nurs 2008;17:157–67.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ