一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)横ばい状態の結核罹患率 ― アメリカ、2013年~・・・

MMWR抄訳

rss

2016/03/25Vol. 65 / No. 11

MMWR65(11):273-278
Leveling of Tuberculosis Incidence — United States, 2013–2015

横ばい状態の結核罹患率 ― アメリカ、2013年~2015年

アメリカにおいて発生した結核(TB)確診例は、50州およびワシントンDCの各保健局を通じ、結核サーベイランスシステムに報告される。2015年、計9,563例のTB確診例が報告され、暫定的な罹患率は10万人あたり3.0例であった。過去20年間の罹患率は前年比10万人あたり0.2例以上減のペースで低下し続けていたが、2013~2015年は横ばいで推移した。過去7年間と同様、4州(カリフォルニア州、フロリダ州、ニューヨーク州およびテキサス州)において各州500例以上が報告され、この4州で計4,839例と全体の50.6%を占めた。州ごとの罹患率は、10万人あたり0.5例(ウェストバージニア州)~9.1例(アラスカ州)と幅があった。3,201例(33.5%)がアメリカ生まれ、6,335例(66.2%)は国外生まれで、罹患率はそれぞれ10万人あたり1.2例および15.1例と、国外生まれが約13倍高かった。アメリカ生まれにおける人種/民族別罹患率は、ハワイ原住民/太平洋諸島系(10万人あたり12.7例)およびアメリカインディアン/アラスカ先住民(同6.8例)で高く、非ヒスパニック系白人(同0.5例)で最も低かった。国外生まれでは、アジア人が症例数(3,007例)、罹患率(同28.2例)ともに最も高かった。出生国別の症例数は、メキシコ(1,250例、19.7%)、フィリピン(819例、12.9%)、インド(578例、9.1%)、ベトナム(513例、8.2%)、中国(424例、6.7%)の順で多く、罹患率はベトナム(10万人あたり47.8例)、フィリピン(同46.9例)、中国(同24.9例)、インド(同23.9例)、メキシコ(同10.4例)の順で高かった。2014年から2015年にかけて、アメリカにおけるフィリピン生まれの人口およびTB症例数はそれぞれ6.6%増および8.5%増、インド生まれは11.8%増および20.7%増となっている。TB撲滅に向けて、国内のみならず世界的なTBの摘発、治療、伝播遮断の取り組みの強化が必要である。

References

  • CDC. Reported tuberculosis in the United States, 2014. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2015. <http://www.cdc.gov/tb/statistics/reports/2014/default.htm>
  • CDC. Tuberculosis (TB) (Mycobacterium tuberculosis) 2009 case definition. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2015. <http://wwwn.cdc.gov/nndss/conditions/tuberculosis/case-definition/2009/>
  • US Census Bureau. Current estimates data. Washington, DC: US Census Bureau; 2016. <http://www.census.gov/popest/data/national/totals/2015/index.html>
  • US Census Bureau. The DataWeb: DataFerret. Washington, DC: US Department of Commerce, US Census Bureau; undated. <http://dataferrett.census.gov/>
  • Taylor Z, Nolan CM, Blumberg HM; American Thoracic Society; CDC; Infectious Diseases Society of America. Controlling tuberculosis in the United States. Recommendations from the American Thoracic Society, CDC, and the Infectious Diseases Society of America. MMWR Recomm Rep 2005;54(RR-12).
  • Hill AN, Becerra J, Castro KG. Modelling tuberculosis trends in the USA. Epidemiol Infect 2012;140:1862–72. <http://dx.doi.org/10.1017/S095026881100286X>
  • Cantwell MF, Snider DE Jr, Cauthen GM, Onorato IM. Epidemiology of tuberculosis in the United States, 1985 through 1992. JAMA 1994;272:535–9. <http://dx.doi.org/10.1001/jama.1994.03520070055038>
  • France AM, Grant J, Kammerer JS, Navin TR. A field-validated approach using surveillance and genotyping data to estimate tuberculosis attributable to recent transmission in the United States. Am J Epidemiol 2015;182:799–807. <http://dx.doi.org/10.1093/aje/kwv121>
  • Haddad MB, Mitruka K, Oeltmann JE, Johns EB, Navin TR. Characteristics of tuberculosis cases that started outbreaks in the United States, 2002–2011. Emerg Infect Dis 2015;21:508–10. <http://dx.doi.org/10.3201/eid2103.141475>
  • Baker BJ, Winston CA, Liu Y, France AM, Cain KP. Abrupt decline in tuberculosis among foreign-born persons in the United States. PLoS One 2016;11:e0147353. <http://dx.doi.org/10.1371/journal.pone.0147353>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ