一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)CDCのジカ熱に関する旅行者への注意の改訂版:海抜・・・

MMWR抄訳

rss

2016/03/18Vol. 65 / No. 10

MMWR65(10):267-268
Revision to CDC’s Zika Travel Notices: Minimal Likelihood for Mosquito-Borne Zika Virus Transmission at Elevations Above 2,000 Meters

CDCのジカ熱に関する旅行者への注意の改訂版:海抜2,000メートルを越えると蚊媒介ジカウイルス感染はほとんどない

2015年5月、主にネッタイシマカにより感染するフラビウイルスの1つであるジカウイルスがブラジルにて報告され、その後急速にアメリカおよびカリブ海諸国に広がり、ジカウイルスに感染した母親と胎児の小頭症などの有害転帰との関連性が示唆されているため、CDCは2016年3月11日時点にてジカウイルス感染を認める37の国とアメリカ管轄地域に対し、レベル2の旅行注意喚起情報を発表した。今回、CDCは空間的分析による蚊の分布状況から、地域による注意喚起情報について評価を行った。ジカウイルス感染を認め、海抜高度の高い(1,500m超)地域がある16カ国(ボリビア、ブラジル、コロンビア、コスタリカ、ドミニカ、エクアドル、エルサルバドル、グアテマラ、ガイアナ、ハイチ、ホンジュラス、ジャマイカ、メキシコ、ニカラグア、パナマ、ベネゼエラ)にて分析した結果、すべての国において海抜2,000mより高い地域ではネッタイシマカはほとんど認められず、グローバルデータセットにおける海抜2,000mを超える地域での1デング熱患者は.1%(28/2,682例)であった。これを受けてCDCは海抜高度2,000m未満の地域への妊婦の旅行は見合わせ、海抜2,000mを超える地域を旅行する場合はジカウイルスへの感染する可能性は極めて小さい(約1%)と判断した。

References

  • Chouin-Carneiro T, Vega-Rua A, Vazeille M, et al. Differential susceptibilities of Aedes aegypti and Aedes albopictus from the Americas to Zika virus. PLoS Negl Trop Dis 2016;10:e0004543. <http://dx.doi.org/10.1371/journal.pntd.0004543>
  • Pan American Health Organization. Epidemiological alert: Zika virus infection. 2015 May 7. Washington, DC: Pan American Health Organization, World Health Organization; 2015. <http://www.paho.org/hq/index.php?option=com_docman&task=doc_view&Itemid=270&gid=30075>
  • Brady OJ, Golding N, Pigott DM, et al. Global temperature constraints on Aedes aegypti and Ae. albopictus persistence and competence for dengue virus transmission. Parasit Vectors 2014;7:338. <http://dx.doi.org/10.1186/1756-3305-7-338>
  • Garnham PC. Malaria epidemics at exceptionally high altitudes. BMJ 1945;2:45–7. <http://dx.doi.org/10.1136/bmj.2.4410.45>
  • Lozano-Fuentes S, Hayden MH, Welsh-Rodriguez C, et al. The dengue virus mosquito vector Aedes aegypti at high elevation in Mexico. Am J Trop Med Hyg 2012;87:902–9. <http://dx.doi.org/10.4269/ajtmh.2012.12-0244>
  • Dhimal M, Gautam I, Joshi HD, O’Hara RB, Ahrens B, Kuch U. Risk factors for the presence of chikungunya and dengue vectors (Aedes aegypti and Aedes albopictus), their altitudinal distribution and climatic determinants of their abundance in central Nepal. PLoS Negl Trop Dis 2015;9:e0003545. <http://dx.doi.org/10.1371/journal.pntd.0003545>
  • Kraemer MU, Sinka ME, Duda KA, et al. The global distribution of the arbovirus vectors Aedes aegypti and Ae. albopictus. eLife 2015;4:e08347. <http://dx.doi.org/10.7554/eLife.08347>
  • LandScan. 2014. High resolution global population data set copyrighted by UT-Battelle, LLC, operator of Oak Ridge National Laboratory under contract no. DE-AC05–00OR22725 [dataset]. 2014. <http://web.ornl.gov/sci/landscan/>
  • Messina JP, Brady OJ, Pigott DM, Brownstein JS, Hoen AG, Hay SI. A global compendium of human dengue virus occurrence. Sci Data 2014;1:140004. <http://dx.doi.org/10.1038/sdata.2014.4>
  • Danielson JJ, Gesch DB. Global multi-resolution terrain elevation data 2010 (GMTED2010): US Geological Survey Open-File Report. Washington, DC: US Department of the Interior, US Geological Survey; 2011. <http://pubs.usgs.gov/of/2011/1073/pdf/of2011-1073.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ