一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)ジカウイルスが流行する地域への渡航者との性的接触に・・・

MMWR抄訳

rss

2016/03/04Vol. 65 / No. 8

MMWR65(8):215-216
Transmission of Zika Virus Through Sexual Contact with Travelers to Areas of Ongoing Transmission — Continental United States, 2016

ジカウイルスが流行する地域への渡航者との性的接触による感染 ― アメリカ本土、2016年

2016年2月5日、CDCはジカウイルスの性的感染の予防に関する勧告を発行し、2月23日に改訂版を発行した。2月6日~22日、CDCにはジカウイルスの性的感染が疑われる14例が報告されており、うち2例は検査により確診され、4例は可能性例である。この6例の年齢中央値は22.5歳(19~55歳)、妊婦も数例含まれ、全例、症状を認めるまたは症状が回復して間もないパートナーと避妊具なしで性的接触があり、パートナーは少し前にジカウイルス流行中の地域に渡航していた。このうち3例について報告する。症例1)1月中旬、カリブ海への10日間の旅行から帰国して間もない男性が発熱、関節痛、両眼の結膜炎、斑状丘疹状のそう痒性発疹を来し、症状は6日間持続した。発症の1および2日目、この男性は女性のパートナーと避妊具なしで性行為を行い、13~14日後、女性が発疹、結膜炎および筋肉痛を伴い発熱、女性の血清よりRT-PCR法にてジカウイルスが検出された。症例2)1月下旬、中央アメリカへ4週間旅行していた男性が帰国し、その日に発熱、関節痛、全身性そう痒感、筋肉痛および目の不快感を来した。その後8日間に数回、女性パートナーと避妊具なしで性行為を行い、男性の帰国から10日目、女性が発熱、そう痒性発疹、関節痛、眼痛、羞明、頭痛、嘔吐、および筋肉痛を来し、RT-PCR法にてジカウイルスが確認された。症例3)1月中旬、中央アメリカから帰国した男性が発熱、発疹、関節痛、結膜炎、頭痛および筋肉痛を来した。症状は帰国する3日前より帰国後3日目まで持続、帰国した日に女性パートナーと性行為を行い、10日後、女性が発疹、関節痛、結膜炎および筋肉痛を来した。女性の血清検体のジカウイルスIgMを検査、結果はまだ出ていない。

References

  • Foy BD, Kobylinski KC, Foy JLC, et al. Probable non-vector-borne transmission of Zika virus, Colorado, USA. Emerg Infect Dis 2011;17:880–2. <http://dx.doi.org/10.3201/eid1705.101939>
  • Dallas County Health and Human Services. DCHHS reports first Zika virus case in Dallas County acquired through sexual transmission. February 2, 2016. Dallas, TX: Dallas County Health and Human Services; 2016. <http://www.dallascounty.org/department/hhs/documents/February2016Newsletter.pdf>
  • Musso D, Roche C, Robin E, Nhan T, Teissier A, Cao-Lormeau VM. Potential sexual transmission of Zika virus. Emerg Infect Dis 2015;21:359–61. <http://dx.doi.org/10.3201/eid2102.141363>
  • Oster AM, Brooks JT, Stryker JE, et al. Interim guidelines for prevention of sexual transmission of Zika virus—United States, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:120–1. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6505e1>
  • Council of State and Territorial Epidemiologists. 2015 National Surveillance Case Definition for Arboviral diseases, neuroinvasive and non-neuroinvasive. Atlanta, GA: Council of State and Territorial Epidemiologists; 2015. <http://wwwn.cdc.gov/nndss/conditions/arboviral-diseases-neuroinvasive-and-non-neuroinvasive/case-definition/2015/>
  • Pan American Health Organization. Countries and territories with autochthonous Zika virus transmission in the Americas. Washington, DC: Pan American Health Organization; 2016. <http://www.paho.org/hq/index.php?option=com_content&view=article&id=11603&Itemid=41696&lang=en>
  • Meaney-Delman D, Hills SL, Williams C, et al. Zika virus infection among US pregnant women travelers—August 2015–February 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65(8).
  • Oduyebo T, Petersen EE, Rasmussen SA, et al. Update: interim guidelines for health care providers caring for pregnant women and women of reproductive age with possible Zika virus exposure—United States, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:122–7. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6505e2>
  • Atkinson B, Hearn P, Afrough B, et al. Detection of Zika virus in semen[letter]. Emerg Infect Dis 2016;22. Epub February 11, 2016. <http://dx.doi.org/10.3201/eid2205.160107>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ