一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)アメリカの妊婦渡航者におけるジカウイルス感染症 ―・・・

MMWR抄訳

rss

2016/03/04Vol. 65 / No. 8

MMWR65(8):211-214
Zika Virus Infection Among U.S. Pregnant Travelers — August 2015–February 2016

アメリカの妊婦渡航者におけるジカウイルス感染症 ― 2015年8月~2016年2月

妊娠中にジカウイルスに感染した母親から生まれた新生児の小頭症および他の有害な妊娠転帰が報告され、2016年1月15日、CDCはジカウイルス感染の流行地域への妊婦の渡航に対する注意を発表し、さらに1月19日にはアメリカの医療関係者に対し、流行地域へ渡航した妊婦のケアに関する暫定的ガイドラインを発行した。2月17日の時点でCDCに報告されたジカウイルス感染が検査で確診された妊婦の渡航者は9例であり、さらに10例が調査中である。入院および死亡例は報告されておらず、9例の妊娠転帰は妊娠早期流産:2例、選択的中絶:2例、出産:3例(健常児:2例、重度小頭症:1例)、妊娠中:2例(18週、34週)であり、渡航した地域はアメリカ領サモア、ブラジル、エルサルバドル、グアテマラ、ハイチ、ホンジュラス、メキシコ、プエルトリコおよびサモアであった(2月18日の時点で感染の流行は32の国と地域にて認められている)。このうちの4例について報告する。症例A)2016年1月、30代の女性が妊娠6~7週にて発熱、発疹、関節痛、筋肉痛および倦怠感を来した。妊娠のおよそ5週目に流行地域へ渡航しており、血清学的検査にて感染が確認された。妊娠8週にて早期流産となり掻爬術が行われた。症例B)2016年1月、30代の妊婦がジカウイルス感染の検査を受けた。この女性は妊娠11~12週にて流行地域へ旅行し、帰国した翌日に発熱、眼痛および筋肉痛、次の日に発疹を来した。妊娠20週にて胎児MRI検査により重度の脳萎縮を認めたため、選択的中絶を行った。症例C)2015年末、30代の女性が妊娠39週にて出産したが、出生時の頭囲が27cmと重度の小頭症であった。この女性は妊娠12週までブラジルに住んでおり、妊娠7~8週に発熱、発疹、関節痛および頭痛を来しており、血清学的検査によりジカウイルス感染が確認された。症例D)30代の妊婦が妊娠15週にて流行地域へ渡航し、発熱、発疹、関節痛および頭痛を来し、血清学的検査にてジカウイルス感染が確認されたが、妊娠40週にて健常児を出産した(頭囲:34.5cm)。

References

  • Petersen EE, Staples JE, Meaney-Delman D, et al. Interim guidelines for pregnant women during a Zika virus outbreak—United States, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:30–3. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6502e1>
  • Oduyebo T, Petersen EE, Rasmussen SA, et al. Update: interim guidelines for health care providers caring for pregnant women and women of reproductive age with possible Zika virus exposure—United States, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:122–7. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6505e2>
  • Duffy MR, Chen T-H, Hancock WT, et al. Zika virus outbreak on Yap Island, Federated States of Micronesia. N Engl J Med 2009;360:2536–43. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMoa0805715>
  • Musso D, Nilles EJ, Cao-Lormeau VM. Rapid spread of emerging Zika virus in the Pacific area. Clin Microbiol Infect 2014;20:O595–6. <http://dx.doi.org/10.1111/1469-0691.12707>
  • Hennessey M, Fischer M, Staples JE. Zika virus spreads to new areas— Region of the Americas, May 2015–January 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:55–8. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6503e1>
  • Martines RB, Bhatnagar J, Keating MK, et al. Notes from the field: evidence of Zika virus infection in brain and placental tissues from two congenitally infected newborns and two fetal losses—Brazil, 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:159–60. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6506e1>
  • Roth A, Mercier A, Lepers C, et al. Concurrent outbreaks of dengue, chikungunya and Zika virus infections—an unprecedented epidemic wave of mosquito-borne viruses in the Pacific 2012–2014. Euro Surveill 2014;19:20929. <http://dx.doi.org/10.2807/1560-7917.ES2014.19.41.20929>
  • Wilcox AJ, Weinberg CR, O’Connor JF, et al. Incidence of early loss of pregnancy. N Engl J Med 1988;319:189–94. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJM198807283190401>
  • Chaturvedi UC, Mathur A, Chandra A, Das SK, Tandon HO, Singh UK. Transplacental infection with Japanese encephalitis virus. J Infect Dis 1980;141:712–5. <http://dx.doi.org/10.1093/infdis/141.6.712>
  • O’Leary DR, Kuhn S, Kniss KL, et al. Birth outcomes following West Nile virus infection of pregnant women in the United States: 2003–2004. Pediatrics 2006;117:e537–45. <http://dx.doi.org/10.1542/peds.2005-2024>
  • Tsai TF. Congenital arboviral infections: something new, something old. Pediatrics 2006;117:936–9. <http://dx.doi.org/10.1542/peds.2005-2729>
  • Rasmussen SA, Jamieson DJ, Macfarlane K, Cragan JD, Williams J, Henderson Z; Pandemic Influenza and Pregnancy Working Group. Pandemic influenza and pregnant women: summary of a meeting of experts. Am J Public Health 2009;99(Suppl 2):S248–54. <http://dx.doi.org/10.2105/AJPH.2008.152900>
  • Oster AM, Brooks JT, Stryker JE, et al. Interim guidelines for prevention of sexual transmission of Zika virus—United States, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:120–1. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6505e1>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ