一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)麻疹排除への進歩 ― ネパール、2007~2014・・・

MMWR抄訳

rss

2016/03/04Vol. 65 / No. 8

MMWR65(8):206-210
Progress Toward Measles Elimination — Nepal, 2007–2014

麻疹排除への進歩 ― ネパール、2007~2014年

2013年、WHOの東南アジア地域委員会は麻疹排除、風疹および先天性風疹症候群コントロールの達成目標を2020年とし、ネパールは麻疹排除目標を2019年に設定しており、ここでは2007~2014年における活動について報告する。ワクチン接種に関しては、ネパールでは麻疹含有ワクチン(MCV)の1回目接種(MCV1)は1979年に3地域に導入された後、1989年に全国に拡大され、9カ月齢の乳児に行われている。2012~2013年に全国的な追加予防接種活動(SIA)が実施された後、麻疹・風疹(MR)ワクチンが全国的な定期的予防接種スケジュールに導入され、9カ月齢時に接種するMCV1として一価麻疹ワクチンからMRワクチンに変更、2015年9月には15カ月齢時に接種する2回目のMCVとしてMRワクチンが導入された。WHOとUNICEFによるMCV1推定接種率は2007年:81%から2014年:88%と増加、接種率90%未満の地域は38カ所(51%)、90~94%の地域は15カ所(20%)であり、95%以上の地域は22(29%)のみであった。この期間、SIAは2回行われ、1回目(2008年)は1価麻疹ワクチンが390万人の小児(9カ月齢~4歳)に接種され、2回目(2012~2013年)ではMRワクチンが970万人の小児(9カ月~14歳)に接種された。症例ベースサーベイランスはこの期間に31カ所から219カ所に拡大され、非麻疹症例を2例以上/10万人/年排除した地域は2007年:19%、2009年:51%に増加したが、2014年には19%に減少した。麻疹の推定発症率は100万人あたり54から47例と13%減少し、麻疹が疑われる症例は計10,047例、うち確診例は2,849例(28%)であった。確診例は9カ月齢~4歳:44%、5~9歳:29%であり、MCVを接種していた症例は45%であった。2012~2013年のSIA実施後は症例数が大きく減少し、2011年:1,035例、2014年:25例(98%減少)となり、また、遺伝子型は2007~2012年にてD4およびD8が報告されている。

References

  • World Health Organization Regional Office of South-East Asia. Strategic plan for measles elimination and rubella and congenital rubella syndrome control in the South-East Asia Region—2014–2020. New Delhi, India: World Health Organization, Regional Office for South East Asia; 2014. <http://www.searo.who.int/entity/immunization/documents/sear_mr_strategic_plan_2014_2020.pdf>
  • Government of Nepal Department of Health Services Ministry of Health and Population. Measles elimination and rubella/congenital rubella syndrome control: national strategic plan 2015–19. Kathmandu, Nepal: Department of Health Services, Ministry of Health and Population, Government of Nepal; 2015.
  • Suvedi BK. Immunisation programme of Nepal: an update. Kathmandu Univ Med J (KUMJ) 2004;2:238–43.
  • CDC. Progress in measles control—Nepal, 2000–2006. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2007;56:1028–31.
  • Suvedi BK. Twenty-five years of immunization program in Nepal. Kathmandu Univ Med J (KUMJ) 2005;3:4.
  • World Health Organization; United Nations Children’s Fund. WHO/UNICEF estimates of national immunization coverage (WUENIC). Geneva Switzerland: World Health Organization; New York, NY: United Nations International Children’s Fund; 2015. <http://www.who.int/immunization/monitoring_surveillance/data/en/>
  • World Health Organization Regional Office of South-East Asia. Appreciative inquiry: Nepal uses new approach to achieve full immunization for children. New Delhi, India: World Health Organization, Regional Office for South-East Asia; 2015. <http://www.searo.who.int/mediacentre/events/appreciative-inquiry-story/en>
  • Rota PA, Brown K, Mankertz A, et al. Global distribution of measles genotypes and measles molecular epidemiology. J Infect Dis 2011;204(Suppl 1):S514–23. <http://dx.doi.org/10.1093/infdis/jir118>
  • World Health Organization. Measles vaccines: WHO position paper. Wkly Epidemiol Rec 2009;84:349–60.
  • World Health Organization. Framework for verifying elimination of measles and rubella. Wkly Epidemiol Rec 2013;88:89–99.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ