一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)ひとつの葬儀に関係したエボラウイルス病の集団発生 ・・・

MMWR抄訳

rss

2016/03/04Vol. 65 / No. 8

MMWR65(8):202-205
Cluster of Ebola Virus Disease Linked to a Single Funeral — Moyamba District, Sierra Leone, 2014

ひとつの葬儀に関係したエボラウイルス病の集団発生 ― モヤンバ地区、シエラレオネ、2014年

2014年から2016年2月17日までに、シエラレオネにおけるエボラウイルス病(Ebola)の症例数は14,122例(確診例:62%)、Ebolaによる死亡例は3,955例と報告されている。シエラレオネの保健衛生省とCDCは、2014年7月11日~10月31日の間にEbolaと確診された症例のレトロスペクティブ分析によりその感染源と危険因子について分析した。この期間、モヤンバ地区にてEbolaが疑われる症例は281例であり、うち109例(39%)が確診され、うち40例が死亡した(致死率:37%)。症例の年齢中央値は30(11カ月~84)歳、男性:59%であった。発症のピークは9月13~19日の週(32例)であり、78例(72%)が発症する1カ月前にEbola症例または疑い例(生死にかかわらず)と接触していた。葬儀への参列者は42例(39%)、葬儀の際に遺体を運ぶ、または触れたのは36例(33%)、旅行した者は10例(9%)、8例(7%)が病院または伝統的治療者を訪れていた。確診例では23例(29%)が遺体に接触、26例(33%)は症例の生存時に接触、29例(37%)は症例と生前および死亡後に接触していた。2014年9月にはモヤンバ地区(人口約260,000人の農村、低所得地域)にて感染例が突然増加した。モヤンバ地区に住む薬剤師が亡くなり、9月5~7日の3日間に葬儀が行われた。この葬儀の9(7~12)日後、28例がエEbolaと確診され、23例が親族、男性が18例であり、8例(29%、全例男性)が遺体に接触し死亡していた。女性の死亡例はなかった。また、28例のうち、この薬剤師と生前(8月25日~9月1日)に接触していたのは16例、葬儀にて遺体を搬送または接触していたのは21例であった。死亡した薬剤師はエボラウイルスに感染していたと考えられ、迅速な症例調査、接触者の追跡および隔離が行われたが、二次および三次感染がそれぞれ4例に発症し、1例が死亡した。以上、Ebolaが疑われる症例の葬儀から多くの感染例が発生し、葬儀における適切な遺体処理の重要性が示唆された。

References

  • World Health Organization. Ebola situation report. February 3, 2016. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2016. <http://apps.who.int/ebola/current-situation/ebola-situation-report-3-february-2016>
  • Brainard J, Hooper L, Pond K, Edmunds K, Hunter PR. Risk factors for transmission of Ebola or Marburg virus diseases: a systematic review and meta-analysis. Int J Epidemiol 2015. Epub. November 20, 2015. <https://ije.oxfordjournals.org/content/early/2015/11/20/ije.dyv307.full.pdf+html>
  • Statistics Sierra Leone. 2004 population and housing census. Freetown, Sierra Leone: Statistics Sierra Leone. <http://statistics.sl/2004_population_and_housing_census.htm>
  • Althaus CL. Estimating the reproduction number of Ebola virus (EBOV) during the 2014 outbreak in West Africa. PLoS Curr 2014;6:ecurrents. outbreaks.91afb5e0f279e7f29e7056095255b288.
  • Khan AS, Tshioko FK, Heymann DL, et al. The reemergence of Ebola hemorrhagic fever, Democratic Republic of the Congo, 1995. Commission de Lutte contre les Epidémies à Kikwit. J Infect Dis 1999;179(Suppl 1):S76–86. <http://dx.doi.org/10.1086/514306>
  • Richards P, Amara J, Ferme MC, et al. Social pathways for Ebola virus disease in rural Sierra Leone, and some implications for containment. PLoS Negl Trop Dis 2015;9:e0003567. <http://dx.doi.org/10.1371/journal.pntd.0003567>
  • Towner JS, Rollin PE, Bausch DG, et al. Rapid diagnosis of Ebola hemorrhagic fever by reverse transcription-PCR in an outbreak setting and assessment of patient viral load as a predictor of outcome. J Virol 2004;78:4330–41. <http://dx.doi.org/10.1128/JVI.78.8.4330-4341.2004>
  • Lasuta J. Ebola victims face stigma in West Africa. 2014. <http://www.voanews.com/content/ebola-victims-face-stigma-in-west-africa/1902587.html>
  • Crowe S, Hertz D, Maenner M, et al. A plan for community event-based surveillance to reduce Ebola transmission—Sierra Leone, 2014–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:70–3.
  • Nielsen CF, Kidd S, Sillah AR, Davis E, Mermin J, Kilmarx PH. Improving burial practices and cemetery management during an Ebola virus disease epidemic—Sierra Leone, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:20–7.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ