一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)局地的なジカウイルス感染 ― プエルトリコ、201・・・

MMWR抄訳

rss

2016/02/19Vol. 65 / No. 6

MMWR65(6):154-158
Local Transmission of Zika Virus — Puerto Rico, November 23, 2015–January 28, 2016

局地的なジカウイルス感染 ― プエルトリコ、2015年11月23日~2016年1月28日

蚊が媒介するフラビウイルスの1つであるジカウイルスは2015年半ばよりアメリカ地域にて広がり、先天性小頭症およびギランバレー症候群との関連性が示唆されており、WHOは2016年2月1日、ジカウイルス感染に伴う小頭症の発生は国際的な緊急事態であると宣言した。2015年12月31日、プエルトリコ保健省(PRDH)はジカウイルス感染の初発症例を報告、2015年11月23日~2016年1月28日までに30例を検査で確認した。発症の時期は2015年11月:1例(初発症例)、12月:8例、2016年1月:21例であった。症状は発疹(77%)、筋肉痛(77%)、関節痛(73%)、発熱(73%)が多く、3例が入院した。入院した3例のうち1例は初発症例(80歳男性)であり、2015年11月23日に発症、8日後に水溶性下痢による衰弱、転倒、肩痛、寒気、倦怠感、腹痛などの症状により救急外来を受診、敗血症の診断により入院、12月2日にデング熱およびチクングニア熱の診断検査を行い、抗デングウイルスIgM陽性、抗チクングニアウイルスIgM陰性であったが、病院ベースのサーベイランスプロトコールによりジカウイルス感染をRT-PCR法にて実施するとともに、CDCにて分子診断検査を行った結果、抗ジカウイルスIgM交差反応性抗体が検出された。2例目は37歳男性、2016年1月13日、発疹後に手足の知覚異常、延髄および四肢筋肉脱力感、自律神経失調を伴う振動性高血圧を来した。入院検査の結果、ギランバレー症候群と診断され、また、免疫グロブリン投与前(発症15日目)に採取した血清検体が抗ジカウイルスIgM抗体陽性を示した。3例目は妊娠初期の妊婦であり、2016年1月22日、RT-PCR法にてジカウイルス疾患と確診された。ジカウイルス感染は今後の広がる可能性があり、小頭症、ギランバレー症候群、ジカウイルス感染が疑われる症例はすべて、また、ジカウイルスに感染した妊婦もPRDHへの報告が義務付けられ、プエルトリコの住民および訪問者、とくに妊婦は蚊に刺されないよう十分に注意するよう呼びかけている。

References

  • Pan American Health Organization. Epidemiological alert: neurological syndrome, congenital malformations, and Zika virus infection. Implications for public health in the Americas. Washington, DC: World Health Organization, Pan American Health Organization; 2015. <http://www.paho.org/hq/index.php?option=com_docman&task=doc_download&Itemid=&gid=32405&lang=en>.
  • European Centres for Disease Control and Prevention. Zika virus epidemic in the Americas: potential association with microcephaly and Guillain-Barré syndrome. Stockholm, Sweden: European Centre for Disease Prevention and Control; 2015. <http://ecdc.europa.eu/en/publications/Publications/zika-virus-rapid-risk-assessment-8- february-2016.pdf>.
  • Noyd DH, Sharp TM. Recent advances in dengue: relevance to Puerto Rico. P R Health Sci J 2015;34:65–70.
  • Petersen EE, Staples JE, Meaney-Delman D, et al. Interim guidelines for pregnant women during a Zika virus outbreak—United States, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:30–3. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6502e1>.
  • Staples JE, Dziuban EJ, Fischer M, et al. Interim guidelines for the evaluation and testing of infants with possible congenital Zika virus infection—United States, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:63–7. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6503e3>.
  • Musso D, Roche C, Nhan TX, Robin E, Teissier A, Cao-Lormeau VM. Detection of Zika virus in saliva. J Clin Virol 2015;68:53–5. <http://dx.doi.org/10.1016/j.jcv.2015.04.021>.
  • Gourinat AC, O’Connor O, Calvez E, Goarant C, Dupont-Rouzeyrol M. Detection of Zika virus in urine. Emerg Infect Dis 2015;21:84–6. <http://dx.doi.org/10.3201/eid2101.140894>.
  • Foy BD, Kobylinski KC, Foy JLC, et al. Probable non-vector-borne transmission of Zika virus, Colorado, USA. Emerg Infect Dis 2011;17:880–2. <http://dx.doi.org/10.3201/eid1705.101939>.
  • Musso D, Roche C, Robin E, Nhan T, Teissier A, Cao-Lormeau VM. Potential sexual transmission of Zika virus. Emerg Infect Dis 2015;21:359–61. <http://dx.doi.org/10.3201/eid2102.141363>.
  • Zanluca C, de Melo VC, Mosimann AL, Dos Santos GI, Dos Santos CN, Luz K. First report of autochthonous transmission of Zika virus in Brazil. Mem Inst Oswaldo Cruz 2015;110:569–72. <http://dx.doi.org/10.1590/0074-02760150192>.
  • Duffy MR, Chen TH, Hancock WT, et al. Zika virus outbreak on Yap Island, Federated States of Micronesia. N Engl J Med 2009;360:2536–43. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMoa0805715>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ