一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)危険な注射行為に起因したHIV感染症の集団発生 ―・・・

MMWR抄訳

rss

2016/02/19Vol. 65 / No. 6

MMWR65(6):142-145
Cluster of HIV Infections Attributed to Unsafe Injection Practices — Cambodia, December 1, 2014–February 28, 2015

危険な注射行為に起因したHIV感染症の集団発生 ― カンボジア、2014年12月1日~2015年2月28日

2014年12月14日、カンボジア北西部バッタンバン州の農村地域(主にロカ村)にてヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症患者が30例報告され、2015年2月28日までにカンボジアのNational Center for HIV/AIDS, Dermatology and Sexually Transmitted Diseases (NCHADS)とプノンペンの健康科学大学、ロカ集団発生調査チームによる調査が行われ、住民8,893名のうちHIV感染症患者が242例確認された(感染率:2.7%)。HIV菌株の分子的調査により、このアウトブレイクは1つの菌が急速に感染したことによると判明した。初発症例はロカ村に住む74歳の結核患者(男性)であり、2014年11月12日にHIVと診断された。この男性の家族2名も同期間のHIV検査で陽性であり、いずれも無免許医師の注射によるものであると訴えた。2015年2月までに地域の住民2,045名が検査を受け、242名が陽性であった。うち52名(22%)は14歳未満、51名(21%)が60歳以上、150名(62%)が女性であり、60歳以上の女性4名と7カ月齢の女児1名がHIVと診断された後に死亡した(死因不明)。1月19日までに102例の検体が検査され72例(70.6%)が抗HCV陽性、8例(7.8%)がHBsAg陽性を示した。バッタンバン州の輸血センターの調査では輸血は原因ではないとし、予備的症例対照試験では対照例に比べ症例は静脈内または筋肉内注射(約5倍)、過去6カ月以内に静脈内注射(約4倍)を受けていたことを示した。NCHADSは症例対照試験とともにHIV確認検査を実施しており、また、ロカ村にて抗レトロウイルス治療(ART)を開始、2015年1月16日までに計207例(成人:179例、小児:28例)がARTを開始している。今回のアウトブレイクでの確診例のほとんどに性風俗業、男性同性愛、静注ドラッグ使用とは関連がなく、無免許医師による安全性に欠ける危険な注射行為によるものと考えられ、免許をもつ医師による安全な医療行為を徹底する必要性が示唆された。

References

  • Yamada H, Fujimoto M, Svay S, et al. Seroprevalence, genotypic distribution and potential risk factors of hepatitis B and C virus infections among adults in Siem Reap, Cambodia. Hepatol Res 2015;45:480–7. <http://dx.doi.org/10.1111/hepr.12367>.
  • National AIDS Authority. Cambodia country progress report: monitoring progress towards the targets of the 2011 UN Political Declaration on HIV and AIDS. Phnom Penh, Cambodia: National AIDS Authority; 2014. <http://www.unaids.org/sites/default/files/country/documents//KHM_narrative_report_2014.pdf>.
  • Vong S, Perz JF, Sok S, et al. Rapid assessment of injection practices in Cambodia, 2002. BMC Public Health 2005;5:56–62. <http://dx.doi.org/10.1186/1471-2458-5-56>.
  • Pépin J, Abou Chakra CN, Pépin E, Nault V. Evolution of the global use of unsafe medical injections, 2000–2010. PLoS One 2013;8:e80948. <http://dx.doi.org/10.1371/journal.pone.0080948>.
  • National Institute of Statistics; Directorate General for Health; ICF Macro. Cambodia demographic and health survey 2010. Phnom Penh, Cambodia: National Institute of Statistics, Directorate for General Health; Calverton, Maryland: ICF Macro; 2011. <http://dhsprogram.com/pubs/pdf/FR249/FR249.pdf>.
  • Schmid GP, Buvé A, Mugyenyi P, et al. Transmission of HIV-1 infection in sub-Saharan Africa and effect of elimination of unsafe injections. Lancet 2004;363:482–8. <http://dx.doi.org/10.1016/S0140-6736(04)15497-4>.
  • Patel P, Borkowf CB, Brooks JT, Lasry A, Lansky A, Mermin J. Estimating per-act HIV transmission risk: a systematic review. AIDS 2014;28:1509–19. <http://dx.doi.org/10.1097/QAD.0000000000000298>.
  • Conrad C, Bradley HM, Broz D, et al. Community outbreak of HIV infection linked to injection drug use of oxymorphone—Indiana, 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:443–4.
  • Utyasheva L. Kyrgyzstan: nine health care workers guilty of negligence causing HIV transmission among children. HIV AIDS Policy Law Rev 2008;13:48–9.
  • Gisselquist D, Upham G, Potterat JJ. Efficiency of human immunodeficiency virus transmission through injections and other medical procedures: evidence, estimates, and unfinished business. Infect Control Hosp Epidemiol 2006;27:944–52. <http://dx.doi.org/10.1086/506408>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ