一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)成人における健康的な睡眠時間の普及状況 ― アメリ・・・

MMWR抄訳

rss

2016/02/19Vol. 65 / No. 6

MMWR65(6):137-141
Prevalence of Healthy Sleep Duration among Adults — United States, 2014

成人における健康的な睡眠時間の普及状況 ― アメリカ、2014年

18歳から60歳の成人の身体的および精神的な健康を増進するには毎晩少なくとも7時間以上の睡眠をとることが望ましく、7時間未満の睡眠は肥満、糖尿病、高血圧、冠動脈疾患、脳卒中、精神的苦痛および全死亡率のリスク上昇と関連する。CDCは2014年のBehavioral Risk Factor Surveillance Systemデータより、50州およびワシントンDCにおける成人の睡眠時間について分析した。州別回答率は47.0(25.1~60.1)%、回答数は444,306であった。平均睡眠時間は5時間未満:11.8%、6時間:23.0%、7時間:29.5%、8時間:27.7%、9時間:4.4%、10時間以上:3.6%であった。7時間以上の健康的な睡眠時間を回答したのは、全体で65.2%(年齢補正:64.9%)であり、年齢別では65歳以上にて73.7%ともっとも多く、18~24歳:67.8%、25~34歳:62.1%、35~44歳:61.7%、45~64歳:62.7%であり、男女別では同等であった(男性:64.6%、女性:65.2%)。人種/民族別では非ヒスパニック系白人:66.8%、ヒスパニック系:65.5%、アジア系:62.5%にて多く、ハワイ先住民/太平洋諸国系:53.7%、非ヒスパニック系黒人:54.2%、非ヒスパニック系多民族:53.6%、アメリカインディアン/アラスカ先住民:59.6%にて少なかった。年齢で調整した就業状態別では就労不能者にて51.0%と少なく、従業者にて64.9%と多く、学歴別では大卒以上で71.5%と多かった。婚姻状態別では既婚者にて67.4%と多く、離婚/死別または別居者にて55.7%、未婚者にて62.3%と少なかった。州別ではハワイ州:56.1%~サウスダコタ州:71.6%であり、南東部およびアパラチア山脈に沿った州にて少なく、グレートプレーンズ地帯の州にて多かった。

References

  • Watson NF, Badr MS, Belenky G, et al.; Consensus Conference Panel. Joint consensus statement of the American Academy of Sleep Medicine and Sleep Research Society on the recommended amount of sleep for a healthy adult: methodology and discussion. Sleep 2015;38:1161–83.
  • Grandner MA, Chakravorty S, Perlis ML, Oliver L, Gurubhagavatula I. Habitual sleep duration associated with self-reported and objectively determined cardiometabolic risk factors. Sleep Med 2014;15:42–50. <http://dx.doi.org/10.1016/j.sleep.2013.09.012>.
  • Liu Y, Wheaton AG, Chapman DP, Croft JB. Sleep duration and chronic diseases among US adults age 45 years and older: evidence from the 2010 Behavioral Risk Factor Surveillance System. Sleep 2013;36:1421–7.
  • Gallicchio L, Kalesan B. Sleep duration and mortality: a systematic review and meta-analysis. J Sleep Res 2009;18:148–58. <http://dx.doi.org/10.1111/j.1365-2869.2008.00732.x>.
  • Institute of Medicine of the National Academies. Sleep disorders and sleep deprivation: an unmet public health problem. Washington, DC: The National Academies Press; 2006. <http://iom.nationalacademies.org/Reports/2006/Sleep-Disorders-and-Sleep-Deprivation-An-Unmet-Public-Health-Problem.aspx>.
  • Mokdad AH, Stroup DF, Giles WH; Behavioral Risk Factor Surveillance Team. Public health surveillance for behavioral risk factors in a changing environment. Recommendations from the Behavioral Risk Factor Surveillance Team. MMWR Recomm Rep 2003;52(No. RR-9).
  • CDC. Perceived insufficient rest or sleep among adults—United States, 2008. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2009;58:1175–9.
  • CDC. QuickStats: Sleep duration among adults aged ≥20 years, by race/ethnicity—National Health and Nutrition Examination Survey, United States, 2007–2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:755.
  • CDC. Estimated county-level prevalence of diabetes and obesity—United States, 2007. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2009;58:1259–63.
  • Schutte-Rodin S, Broch L, Buysse D, Dorsey C, Sateia M. Clinical guideline for the evaluation and management of chronic insomnia in adults. J Clin Sleep Med 2008;4:487–504.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ