一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)ジカウイルスの性行為感染予防のための暫定ガイドライ・・・

MMWR抄訳

rss

2016/02/12Vol. 65 / No. 5

MMWR65(5):120-121
Interim Guidelines for Prevention of Sexual Transmission of Zika Virus — United States, 2016

ジカウイルスの性行為感染予防のための暫定ガイドライン ― アメリカ、2016年

ジカウイルスは主にネッタイシマカ(Aedes aegypti)により媒介されるフラビウイルスである。最近のエビデンスから、ジカウイルスの母子感染と胎児における小頭症等の有害転帰との関連が疑われている。現在、男性3例の報告に基づき、妊娠中の性行為感染が懸念されている。1例目は、感染男性の発症数日前における性交渉による女性への感染であり、2例目は現在調査中である。3例目は、感染男性の精液から増殖能を有するウイルスが検出された例である。検出期間は発症後少なくとも2週から10週以上に渡る可能性がある。同時期の血漿からRT-PCR法でウイルスは検出されなかった。3例ともに男性は症状を発現しており、不顕性感染男性からの性行為伝播の可能性については不明である。女性から男性への性行為伝播は報告されていない。これらの報告から、ジカウイルス流行地に居住または流行地への渡航歴のある男性に対し、妊娠中の女性との性行為を控えることまたは性行為中のコンドームの使用が推奨される。非妊娠女性との性行為に関しては、ジカウイルス感染症例の約80%は不顕性であり、発症しても数日~数週間の軽症で自己制限的に経過すること、血液中ウイルスが非検出であっても精液中に残存する可能性があることなどを考慮すべきである。現在のところ男性の尿生殖器からのウイルス排出報告は1例のみであり、性行為感染リスク評価を目的とした男性のジカウイルス検査は推奨されない。

References

  • Hayes EB. Zika virus outside Africa. Emerg Infect Dis 2009;15:1347–50. <http://dx.doi.org/10.3201/eid1509.090442>.
  • CDC. Zika virus. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <http://www.cdc.gov/zika/index.html>.
  • Duffy MR, Chen TH, Hancock WT, et al. Zika virus outbreak on Yap Island, Federated States of Micronesia. N Engl J Med 2009;360:2536–43. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMoa0805715>.
  • European Centre for Disease Prevention and Control. Rapid risk assessment: Zika virus epidemic in the Americas: potential association with microcephaly and Guillain-Barré syndrome. Stockholm, Sweden: European Centre for Disease Prevention and Control; 2015. <http://ecdc.europa.eu/en/publications/Publications/zika-virus-americas-association-with-microcephaly-rapid-risk-assessment.pdf>.
  • Oliveira Melo AS, Malinger G, Ximenes R, Szejnfeld PO, Alves Sampaio S, Bispo de Filippis AM. Zika virus intrauterine infection causes fetal brain abnormality and microcephaly: tip of the iceberg? Ultrasound Obstet Gynecol 2016;47:6–7. <http://dx.doi.org/10.1002/uog.15831>.
  • Foy BD, Kobylinski KC, Foy JLC, et al. Probable non-vector-borne transmission of Zika virus, Colorado, USA. Emerg Infect Dis 2011;17:880–2. <http://dx.doi.org/10.3201/eid1705.101939>.
  • Musso D, Roche C, Robin E, Nhan T, Teissier A, Cao-Lormeau VM. Potential sexual transmission of Zika virus. Emerg Infect Dis 2015;21:359–61. <http://dx.doi.org/10.3201/eid2102.141363>.
  • Oduyebo T, Petersen EE, Rasmussen SA, et al. Update: interim guidelines for health care providers caring for pregnant women and women of reproductive age with possible Zika virus exposure—United States, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65(5).

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ