一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)国内輸血サービスの強化における進歩 ― 14カ国、・・・

MMWR抄訳

rss

2016/02/12Vol. 65 / No. 5

MMWR65(5):115-119
Progress Toward Strengthening National Blood Transfusion Services — 14 Countries, 2011–2014

国内輸血サービスの強化における進歩 ― 14カ国、2011~2014年

2004年から、アメリカのPresident’s Emergency Plan for AIDS Relief(PEPFAR)はヒト免疫不全ウイルス(HIV)の流行しているサハラ以南のアフリカおよびカリブ海地域の14カ国に国内輸血サービスの強化のための財政支援を行っている。CDCは、2011~2014年間の血液収集および献血された血液ユニット間のHIV有病率に関する監視データを分析した。2011~2014年の間に、14カ国の国内輸血サービスによる年間の血液収集の合計量は19%増加し、2011年の1,856,334ユニットから2014年の2,203,190ユニットへ上昇した。全体の年間の収集したユニット数の中央値は年あたり21.0%上昇し(範囲15.6%~32.7%)、各国間で差があった。4カ国(ボツワナ、ガイアナ、ナミビア、南アフリカ)を除いて、各国の血液収集率はWHOの最低目標値(年間の人口1000人あたり10ユニットが適正)を下回った。変動があるものの、4カ国では2014年にWHO目標値を上回った。2011~2014年間では、6カ国において、集団をベースとした全血ユニットの収集率は人口1000人あたり>1ユニット上昇し、それぞれボツワナ(3.9ユニット)、ガイアナ(2.9)、ナミビア(2.2)、コートジボワール(1.5)、タンザニア(1.4)、ザンビア(1.4)であった。しかし、2011~2014年間では、収集の>50%増加を報告したのは3カ国(エチオピア、ハイチ、タンザニア)のみで、8カ国(ボツワナ、ガイアナ、エチオピア、ハイチ、ケニア、モザンビーク、ウガンダ、ザンビア)は減少した。2011~2014年間では、無報酬のボランティアによる国内の血液供給は、過去に100%が報告された8カ国で維持されており、2011年から2014年にかけてエチオピアおよびガイアナでは大きく上昇したが、タンザニア、ハイチ、モザンビークでは減少した。5カ国では献血された血液中のHIV有病率の増加が報告されたが、2014年までに15~49歳のHIV有病率が高いにも関わらず、14カ国中12カ国で献血された血液間のHIV有病率が低下した。血液の安全を改善し、血液品質および適正さに関するWHOの目標値を達成するために、中央政府の公的資金の増加および様々な資金活動が必要とされている。

References

  • World Health Organization. Blood safety and availability. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2015. <http://www.who.int/mediacentre/factsheets/fs279/en/>.
  • CDC. Progress toward strengthening blood transfusion services—14 countries, 2003–2007. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2008;57:1273–7.
  • CDC. Progress toward strengthening national blood transfusion services—14 countries, 2008–2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2011;60:1577–82.
  • World Health Organization. Voluntary non-remunerated blood donation. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2015. <http://www.who.int/bloodsafety/voluntary_donation/en/>.
  • Bates I, Chapotera GK, McKew S, van den Broek N. Maternal mortality in sub-Saharan Africa: the contribution of ineffective blood transfusion services. BJOG 2008;115:1331–9. <http://dx.doi.org/10.1111/j.1471-0528.2008.01866.x>.
  • World Health Organization. Towards 100% voluntary blood donation: a global framework for action. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2010. <http://www.who.int/bloodsafety/publications/9789241599696_eng.pdf>.
  • Bloch EM, Vermeulen M, Murphy E. Blood transfusion safety in Africa: a literature review of infectious disease and organizational challenges. Transfus Med Rev 2012;26:164–80. <http://dx.doi.org/10.1016/j.tmrv.2011.07.006>.
  • Bloch EM, Shah A, Kaidarova Z, et al.; Anglophone Africa Transfusion Research Group. A pilot external quality assurance study of transfusion screening for HIV, HCV and HBsAG in 12 African countries. Vox Sang 2014;107:333–42. <http://dx.doi.org/10.1111/vox.12182>.
  • Prudden HJ,
    Watts CH, Vickerman P, et al. Can the UNAIDS modes of transmission model be improved? A comparison of the original and revised model projections using data from a setting in west Africa. AIDS 2013;27:2623–35. <http://dx.doi.org/10.1097/01.aids.0000432476.22616.2f>.
  • Basavaraju SV, Mwangi J, Nyamongo J, et al. Reduced risk of transfusion-transmitted HIV in Kenya through centrally co-ordinated blood centres, stringent donor selection and effective p24 antigen- HIV antibody screening. Vox Sang 2010;99:212–9. <http://dx.doi.org/10.1111/j.1423-0410.2010.01340.x>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ