一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)男性と性的接触を持った男子高校生間のHIVに関連し・・・

MMWR抄訳

rss

2016/02/12Vol. 65 / No. 5

MMWR65(5):106-109
HIV-Related Risk Behaviors Among Male High School Students Who Had Sexual Contact with Males — 17 Large Urban School Districts, United States, 2009–2013

男性と性的接触を持った男子高校生間のHIVに関連したリスク行動 ― 17の大都市学区、アメリカ、2009~2013年

アメリカでは、2014年に新規診断されたヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症のおよそ22%が13~24歳の若者である。新規診断された若者の大半が男性と性的接触を持った男性(MSM)間で発生し、全てのMSMにおいて、2014年に新規HIV診断を受けたのが多かったのは若年(13~24歳)の黒人(4,398名)であった(ヒスパニック系:1,834名、白人:1,366名)。新規のHIV診断に人種/民族格差が寄与する可能性があるため、CDCは男性と性的接触を持った黒人男子高校生間のHIVに関連したリスク行動の頻度が白人およびヒスパニックと異なるかを調査した。データは、2009~2013年間に17の大都市の学区により実施されたYouth Risk Behavior Surveysから収集した。調査手順は、匿名および自発参加により生徒のプライバシーを保護するようにデザインした。各地区の質問票には回答者の性的接触の性別を特定するための質問が含まれた。最終的に結合したデータセットには、MSM学生からの1,681件の記録が含まれ、人種の内訳は、白人:13.6%、黒人:40.6%、ヒスパニック系:45.8%であった。MSM学生のうち、黒人学生は白人学生と比べ、一度に5杯以上の飲酒(22.9% vs 38.0%)、吸入薬 (21.5% vs 35.0%)、ヘロイン(16.5% vs 29.1%)、エクスタシー(19.6% vs 40.0%)、処方箋なしの処方薬(31.4% vs 47.8%)の使用歴、最近の性交前において飲酒または薬物使用をしていた(32.6% vs 72.6%)割合が有意に低かった。ヒスパニックの学生と比べても同様に、一度に5杯以上の飲酒(22.9% vs 34.5%)、コカイン(17.9% vs 29.3%)、吸入薬(21.5% vs 32.9%)、メタンフェタミン(18.1% vs 28.7%)、エクスタシー(19.6% vs 32.1%)、処方箋なしのステロイド(14.9% vs 25.6%)の使用割合が有意に低かった。一方、MSM学生において、黒人学生では白人およびヒスパニック系学生と比べ過去に性交経験があった割合が高く(各89.1%、67.4%、79.2%)、白人と比べコンドームの使用(47.4% vs 25.2%)が増加した。以上より、MSMの黒人学生のHIVに関連したリスク行動の発生率は、白人およびヒスパニック系の男子学生と比べ低いまたは同等であることが示され、全ての若年のMSMに対し、効果的なHIV予防戦略へのアクセスを拡大する必要がある。

References

  • CDC. Diagnoses of HIV infection in the United States and dependent areas, 2014. HIV surveillance report 2015; vol. 26. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2015. <http://www.cdc.gov/hiv/library/reports/surveillance/>.
  • Millett GA, Peterson JL, Flores SA, et al. Comparisons of disparities and risks of HIV infection in black and other men who have sex with men in Canada, UK, and USA: a meta-analysis. Lancet 2012;380:341–8. <http://dx.doi.org/10.1016/S0140-6736(12)60899-X>.
  • Sullivan PS, Rosenberg ES, Sanchez TH, et al. Explaining racial disparities in HIV incidence in black and white men who have sex with men in Atlanta, GA: a prospective observational cohort study. Ann Epidemiol 2015;25:445–54. <http://dx.doi.org/10.1016/j.annepidem.2015.03.006>.
  • CDC. HIV testing and risk behaviors among gay, bisexual, and other men who have sex with men—United States. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:958–62.
  • National Center for Education Statistics. Digest of education statistics, 2013. Washington, DC: US Department of Education, National Center for Education Statistics. <https://nces.ed.gov/programs/digest/d13/tables/dt13_105.30.asp>.
  • National Center for Education Statistics. Common core of data. Public Elementary/Secondary School Universe Survey. Washington, DC: US Department of Education, National Center for Education Statistics. <http://nces.ed.gov/ccd>.
  • Burton CM, Marshal MP, Chisolm DJ. School absenteeism and mental health among sexual minority youth and heterosexual youth. J Sch Psychol 2014;52:37–47. <http://dx.doi.org/10.1016/j.jsp.2013.12.001>.
  • Brener ND, Kann L, McManus T, Kinchen SA, Sundberg EC, Ross JG. Reliability of the 1999 youth risk behavior survey questionnaire. J Adolesc Health 2002;31:336–42. <http://dx.doi.org/10.1016/S1054-139X(02)00339-7>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ