一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)黒人女性におけるHIV検査と医療サービスの提供 ―・・・

MMWR抄訳

rss

2016/02/05Vol. 65 / No. 4

MMWR65(4):83-85
HIV Testing and Service Delivery Among Black Females — 61 Health Department Jurisdictions, United States, 2012–2014

黒人女性におけるHIV検査と医療サービスの提供 ― 61の保健省管轄地域、アメリカ、2012~2014年

2012~2014年、CDCは61の州および地方の保健局、151の地域ベースの組織によるHIV検査とHIV医療ケアサービスの実施に対し資金を援助しており、HIV検査および関連サービスに関するNational HIV Prevention Program Monitoring and Evaluation (NHM&E)データがCDCの支援するシステムにより収集されている。今回、CDCは61の州および地方保健局の2012~2014年NHM&Eデータより、黒人女性におけるHIV検査および医療サービスの利用について分析した。この期間、黒人女性におけるHIV検査イベント数は2012年:764,296、2013年:793,894、2014年:702,328件であり、うちHIV感染症の新規診断例は2012年:2,177(0.28%)、2013年:2,196(0.28%)、2014年:1,806(0.26%)、2012から2014年にかけての減少率は17%であった。年齢別のHIV検査イベント数は40~49歳および50歳以上にてそれぞれ12.1%、11.1%(3年間の平均値)であり、新規診断例では40~49歳:0.54%、50歳以上:0.52%と高かった。地域別の年間平均検査イベント数は南部が70%を占め、北東部:14.4%、中西部:11.6%、西部:3.6%であり、うち陽性率は南部:0.29%、北東部:0.29%、西部:0.30%がほぼ同等であり、中西部にて0.18%と低かった。また、新規診断から90日以内にHIVケアを受けた割合は2012年:33.8%から2014年:50.1%に増加し、とくに13~19歳にて大きく増加していた(2012年:32.7%、2014年:57.9%)。地域別の年間平均では北東部:56.7%、西部:42.7%、南部:40.4%、中西部:37.6%の順で90日以内にHIVケアを受けた割合が多かった。パートナーサービスを受けた黒人女性HIV新規診断例は32.8%から51.7%に増加し、13~19歳(32.7%から71.9%)、北東部(13.9%から52.5%)、西部(23.4%から64.8%)にて大きく増加していた。HIV検査および早期HIVケアはウイルス抑制および健康転帰を改善し、HIV感染の拡大抑制に重要な役割を果すことから、女性の新規HIV感染例の62%を占める黒人女性(2014年データ)にて検査および早期ケアを推進していくことが急務と考える。

References

  • Office of National AIDS Policy. National HIV/AIDS strategy for the United States and National HIV/AIDS strategy for the United States. Washington, DC: Office of National AIDS Policy; 2015. <http://www.whitehouse.gov/administration/eop/onap>.
  • CDC. HIV Surveillance Report, 2014. Vol. 26. Diagnoses of HIV infection in the United States and dependent areas, 2014. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <http://www.cdc.gov/hiv/pdf/library/reports/surveillance/cdc-hiv-surveillance-report-us.pdf>.
  • US Census Bureau. Population estimates [entire data set]. Washington, DC: US Census Bureau; 2014. <http://www.census.gov/popest/data>.
  • CDC. HIV Surveillance Report, 2012. Vol. 24. Diagnoses of HIV infection in the United States and dependent areas, 2012. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <http://www.cdc.gov/hiv/pdf/statistics_2012_HIV_Surveillance_Report_vol_24.pdf>.
  • Kitahata MM, Gange SJ, Abraham AG, et al.; North American AIDS Cohort Collaboration on Research and Design Investigators. Effect of early versus deferred antiretroviral therapy for HIV on survival. N Engl J Med 2009;360:1815–26. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMoa0807252>.
  • CDC. Recommendations for partner services programs for HIV infection, syphilis, gonorrhea, and chlamydial infection. MMWR Recomm Rep 2008;57(No. RR-9).
  • Marks G, Crepaz N, Janssen RS. Estimating sexual transmission of HIV from persons aware and unaware that they are infected with the virus in the USA. AIDS 2006;20:1447–50. <http://dx.doi.org/10.1097/01.aids.0000233579.79714.8d>.
  • Skarbinski J, Rosenberg E, Paz-Bailey G, et al. Human immunodeficiency virus transmission at each step of the care continuum in the United States. JAMA Intern Med 2015;175:588–96. <http://dx.doi.org/10.1001/jamainternmed.2014.8180>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ