一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)HIVケアにおける一貫した治療継続における格差 ―・・・

MMWR抄訳

rss

2016/02/05Vol. 65 / No. 4

MMWR65(4):77-82
Disparities in Consistent Retention in HIV Care — 11 States and the District of Columbia, 2011–2013

HIVケアにおける一貫した治療継続における格差 ― 11州およびワシントンDC、2011~2013年

National HIV Surveillance System (NHSS)データより、HIVケアを3年間以上継続した患者について人種/民族による相違を分析した。NHSSデータのうち、2010年に12管轄地域(11州およびワシントンDC)にてHIV感染症と診断され、2013年末の時点で生存している13歳以上の青少年および成人9,824例[黒人/アフリカ系:5,286(54%)、ヒスパニック/ラテン系:1,682(17%)、白人:2,358(24%)]を対象とし、HIVケアの継続(CD4+またはウイルス量検査を3カ月以上の間隔にて1年に2回以上の実施)について評価した。全体での継続率は2011年:61%、2011~2012年:50%、2011~2013年:43%であり、2011年の継続例は82%が2012年も継続し、さらに2011~2012年の継続例の85%が2013年にも継続していた。2011~2013年の黒人/アフリカ系の継続率は37.7%であり、ヒスパニック/ラテン系(49.5%)、白人(48.6%)に比べ低く、黒人男性(34.9%、ヒスパニック/ラテン系:49.6%、白人:49.1%)、黒人女性(44.2%、ヒスパニック/ラテン系:49.1%、白人:45.8%)ともに低かった。また、調査した12管轄地域のうち7地域にて黒人の継続率がもっとも低かった(ワシントンDC、イリノイ州、アイオワ州、ミシガン州、ミズーリ州、ニューハンプシャー州、ニューヨーク州)。HIVケアの継続期間は3年間:43%、2年間:19%、1年間:14%であった。25%の症例では3年間のいずれの年もHIVケアを継続しておらず、その割合は、黒人が28%で、ヒスパニック系(23%)、白人(19%)に比べ多かった。以上、HIVケアの継続には人種/民族による相違が認められ、とくに2013年のHIV新規診断例の45%を占める黒人にて低いことから、黒人に対する早期HIVケアへの導入およびHIVケアの継続を推進する必要性が示唆された。

References

  • CDC. HIV surveillance report: diagnoses of HIV infection in the United States and dependent areas, 2013. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2015. <http://www.cdc.gov/hiv/library/reports/surveillance/>.
  • Mugavero MJ, Amico KR, Westfall AO, et al. Early retention in HIV care and viral load suppression: implications for a test and treat approach to HIV prevention. J Acquir Immune Defic Syndr 2012;59:86–93. <http://dx.doi.org/10.1097/QAI.0b013e318236f7d2>.
  • Harrison KM, Kajese T, Hall HI, Song R. Risk factor redistribution of the National HIV/AIDS surveillance data: an alternative approach. Public Health Rep 2008;123:618–27.
  • CDC. Monitoring selected national HIV prevention and care objectives by using HIV surveillance data—United States and 6 dependent areas, 2012. HIV surveillance supplemental report 2014. Vol. 19, no. 3. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <http://www.cdc.gov/hiv/pdf/surveillance_Report_vol_19_no_3.pdf>.
  • Mugavero MJ, Lin HY, Willig JH, et al. Missed visits and mortality among patients establishing initial outpatient HIV treatment. Clin Infect Dis 2009;48:248–56. <http://dx.doi.org/10.1086/595705>.
  • Moore RD. Epidemiology of HIV infection in the United States: implications for linkage to care. Clin Infect Dis 2011;52(Suppl 2):S208–13. <http://dx.doi.org/10.1093/cid/ciq044>.
  • CDC. Compendium of evidence-based interventions and best practices for HIV prevention. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <http://www.cdc.gov/hiv/prevention/research/compendium/ma/index.html>.
  • CDC. The Care and Prevention in the United States (CAPUS) Demonstration Project. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2015. <http://www.cdc.gov/hiv/prevention/demonstration/capus/>.
  • CDC. Data to care: using HIV surveillance data to support the HIV care continuum. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2015. <https://effectiveinterventions.cdc.gov/en/highimpactprevention/publichealthstrategies/DatatoCare.aspx>.
  • Thompson MA, Mugavero MJ, Amico KR, et al. Guidelines for improving entry into and retention in care and antiretroviral adherence for persons with HIV: evidence-based recommendations from an International Association of Physicians in AIDS Care panel. Ann Intern Med 2012;156:817–33. <http://dx.doi.org/10.7326/0003-4819-156-11-201206050-00419>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ