一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)ジカウイルス感染と小頭症が関連する可能性 ― ブラ・・・

MMWR抄訳

rss

2016/01/29Vol. 65 / No. 3

MMWR65(3):59-62
Possible Association Between Zika Virus Infection and Microcephaly — Brazil, 2015

ジカウイルス感染と小頭症が関連する可能性 ― ブラジル、2015年

2015年初頭に、ブラジル北東部においてヤブ蚊により伝播されるフラビウイルスの一種であるジカウイルスのアウトブレイクが確認された。さらに、9月までに、ジカウイルスの流行地域において小頭症の出生児数の増加が報告されはじめ、出生前超音波検査により胎児の小頭症が確認された2人の女性の羊水からジカウイルスRNAが検出された。ブラジル保健省は妊娠期間中のジカウイルス感染と小頭症の関連の可能性を調査するために調査特別委員会を結成し、小頭症の症例[頭囲が出生時の性別および妊娠期間平均よりも標準偏差(SD)で≧2小さい]および妊娠中のジカウイルス感染が疑われた女性の妊娠転帰の登録を実施した。報告された35例の小頭症の母親のうち26例(74%)は、発疹を妊娠初期(21例)または中期(5例)に経験し、全員がジカウイルス流行地に居住または訪問していた。25例(71%)の乳児は重症の小頭症(頭囲が平均の>3 SD小さい)で、17例(49%)は神経学的異常があった。神経画像検査を実施した27例では、全例で異常を認め、他の先天性感染症検査は陰性であった。すべての乳児の脳脊髄液検体を検査中であるが、結果はまだ得られていない。妊娠中のジカウイルス感染と小頭症およびその他の有害な妊娠転帰との関連の確認は今後の研究が必要であるが、ジカウイルス流行地域の妊婦は蚊に刺されることを避けることが重要である。妊娠中および授乳中の女性は、アメリカのEnvironmental Protection Agencyに登録されているすべての防虫剤を製品ラベルに従って使用することができる。

References

  • Campos GS, Bandeira AC, Sardi SI. Zika virus outbreak, Bahia, Brazil. Emerg Infect Dis 2015;21:1885–6. <http://dx.doi.org/10.3201/eid2110.150847>.
  • Pan American Health Organization. Epidemiological alert. Increase in microcephaly in the northeast of Brazil—epidemiological alert. Washington DC: World Health Organization, Pan American Health Organization; 2015. <http://www.paho.org/hq/index.php?option=com_docman&task=doc_view&Itemid=270&gid=32636&lang=en>.
  • Pan American Health Organization. Neurological syndrome, congenital malformations, and Zika virus infection. Implications for public health in the Americas—epidemiological alert. Washington DC: World Health Organization, Pan American Health Organization; 2015. <http://www.paho.org/hq/index.php?option=com_docman&task=doc_view&Itemid=270&gid=32405&lang=en>.
  • European Centre for Disease Prevention and Control. Rapid risk assessment: microcephaly in Brazil potentially linked to the Zika virus epidemic. Stockholm, Sweden: European Centre for Disease Prevention and Control; 2015. <http://ecdc.europa.eu/en/publications/Publications/zika-microcephaly-Brazil-rapid-risk-assessment-Nov-2015.pdf>.
  • CDC. Recognizing, managing, and reporting Zika virus infections in travelers returning from Central America, South America, the Caribbean, and Mexico. CDC Health Advisory. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <http://emergency.cdc.gov/han/han00385.asp>.
  • Hall JG. Arthrogryposis multiplex congenita: etiology, genetics, classification, diagnostic approach, and general aspects. J Pediatr Orthop B 1997;6:159–66. <http://dx.doi.org/10.1097/01202412-199707000-00002>.
  • Lanciotti RS, Kosoy OL, Laven JJ, et al. Genetic and serologic properties of Zika virus associated with an epidemic, Yap State, Micronesia, 2007. Emerg Infect Dis 2008;14:1232–9. <http://dx.doi.org/10.3201/eid1408.080287>.
  • Silasi M, Cardenas I, Kwon JY, Racicot K, Aldo P, Mor G. Viral infections during pregnancy. Am J Reprod Immunol 2015;73:199–213. <http://dx.doi.org/10.1111/aji.12355>.
  • EUROCAT European Surveillance of Congenital Anomalies. Prevalence tables. Ispra, Italy: EUROCAT European Surveillance of Congenital Anomalies; 2015. <http://www.eurocat-network.eu/accessprevalencedata/prevalencetablesv>.
  • Hennessey M, Fischer M, Staples JE. Zika virus spreads to new areas—region of the Americas, May 2015–January 2016. MMWR Morb Mortal Wkly 2016;65(3).

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ