一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)Ebola流行国から到着した旅行者の積極的な監視 ・・・

MMWR抄訳

rss

2016/01/29Vol. 65 / No. 3

MMWR65(3):51-54
Active Monitoring of Travelers Arriving from Ebola-Affected Countries — New York City, October 2014–April 2015

Ebola流行国から到着した旅行者の積極的な監視 ― ニューヨーク市、2014年10月~2015年4月

西アフリカにおけるエボラウイルス病(Ebola)アウトブレイクに対し、2014年10月にCDCと国土安全保障省(DHS)はアメリカの5つの空港(ニューヨーク市(NYC)のジョン・F・ケネディ国際空港、シカゴのオヘア国際空港、ニュージャージー州のニューアーク・リバティー国際空港、アトランタのハーツフィールド・ジャクソン国際空港、バージニア州のダレス国際空港)にて入国リスク評価および管理の強化を実施した。CDCは10月27日にエボラウイルスに曝露した可能性にある人を監視するための最新のガイダンスを発表した。この中では、曝露の可能性のある人に対し、曝露後21日間の発熱または症状の有無を毎日観察する「積極的監視」とEbola流行国において直接患者の治療に従事した医療関係者を含むエボラウイルス曝露が高リスクの人に対する「直接的積極的監視」が推奨されている。今回、オペーレーションの最初の6カ月間(2014年10月~2015年4月)のNYCの保健精神衛生部門(DOHMH)の積極的監視プログラムの運用を報告する。DOHMHでは2014年8月にEbola輸入症例の可能性を考慮し始め、アメリカで初発となるEbola輸入例がテキサス州で発生後の10月3日に緊急指令システムを稼働させた。通関手続き地でDHSの職員はEbolaの積極的監視が必要な旅行者の情報を収集し、CDCのEpidemic Information Exchange(Epi-X)を介してデータをDOHMHに移行した。旅行者のリスク分類はCDCスタッフが実行した。DOHMHはActive Monitoring Call Center(AMCC)を開設した。AMCCのオペレーターは積極的な監視が必要な旅行者に電話し、過去24時間の間隔をあけた2回の体温、嘔吐、下痢、原因不明に出血について質問して記録した。2014年10月~2015年4月に、CDCが積極的監視のためにDOHMHに照会した旅行者は2,452人、旅行先はギニア(47.4%)、リベリア(22.3%)、シエラレオネ(13.8%)、マリ(10.8%)で、女性の割合は44.0%、平均年齢は39歳、アメリカ国民は28.3%であった。全体で、2.407人(98.1%)に積極的監視を実施した。監視データの収集成績は、監視期間の75%超:2,138人(88.8%)、50~75%:100人(4.2%)、50%未満:61人(2.5%)、収集不能:108人(4.5%)であった。監視した旅行者の約98%に発熱や症状はなく、発熱または症状の報告のあった旅行者にもEbola症例はなかった。DOHMHのEbola流行国から到着した旅行者の積極的な監視は成功したが、今後、公共の保健機関は将来の公衆衛生に緊急事態のために、情報の共有化と重複の最小化の協力を継続すべきである。

References

  • CDC. Ebola (Ebola virus disease). 2014 Ebola outbreak in West Africa. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <http://www.cdc.gov/vhf/ebola/outbreaks/2014-west-africa/case-counts.html>.
  • Department of Homeland Security. DHS’s coordinated response to Ebola. Washington, DC: Department of Homeland Security; 2016. <http://www.dhs.gov/ebola-response>.
  • Brown CM, Aranas AE, Benenson GA, et al. Airport exit and entry screening for Ebola—August–November 10, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:1163–7.
  • CDC. Interim US guidance for monitoring and movement of persons with potential Ebola virus disease. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Resources, CDC; 2015. <http://www.cdc.gov/vhf/ebola/exposure/monitoring-and-movement-of-persons-with-exposure.html>.
  • Stehling-Ariza T, Fisher E, Vagi S, et al. Monitoring of persons with risk for exposure to Ebola virus disease—United States, November 3, 2014–March 8, 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:685–9.
  • Chevalier MS, Chung W, Smith J, et al. Ebola virus disease cluster in the United States—Dallas County, Texas, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:1087–8.
  • Yacisin K, Balter S, Fine A, et al. Ebola virus disease in a humanitarian aid worker—New York City, October 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:321–3.
  • CDC. Epidemiologic risk factors to consider when evaluating a person for exposure to Ebola virus. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Resources, CDC; 2015. <http://www.cdc.gov/vhf/ebola/exposure/risk-factors-when-evaluating-person-for-exposure.html>.
  • CDC. Questions and answers about CDC’s Ebola monitoring & movement guidance. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Resources, CDC; 2015. <http://www.cdc.gov/vhf/ebola/exposure/qas-monitoring-and-movement-guidance.html>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ