一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)急性B型肝炎の増加 ― ケンタッキー州、テネシー州・・・

MMWR抄訳

rss

2016/01/29Vol. 65 / No. 3

MMWR65(3):47-50
Increases in Acute Hepatitis B Virus Infections — Kentucky, Tennessee, and West Virginia, 2006–2013

急性B型肝炎の増加 ― ケンタッキー州、テネシー州およびウェストバージニア州、2006~2013年

アメリカでは220万人もの人がB型肝炎ウイルス(HBV)に慢性感染しており、慢性HBV感染者の約15~25%は肝硬変または肝癌により早期死亡するとされる。2006年以降、急性HBV感染の総罹患率は10万人あたり1.0例(2013年)と安定している。B型肝炎ワクチンはHBV感染予防に高い効果を有し、出生直後の乳児からHBV感染リスクのある成人まで接種が勧奨されるが、2013年の調査では、19~49歳におけるB型肝炎ワクチン3回接種率は32.6%に過ぎなかった。注射薬物使用はHBVおよびC型肝炎ウイルス(HCV)の感染リスク要因の一つである。近年、アパラチア地域において注射薬物使用に関連する急性HCV感染の増加が報告されている。CDCはNational Notifiable Diseases Surveillance Systemの2006~2013年のデータから、HCV感染調査に含まれたアパラチア地方3州(ケンタッキー州、テネシー州およびウェストバージニア州)における急性HBV感染罹患率について評価を行った。2006~2013年に、ケンタッキー、テネシー、ウェストバージニアの3州から計3,305例の急性HBV感染確定例が報告された。2009年から2013年にかけて、急性HBV感染罹患率は全米では安定して推移したのに対し、3州においては114%上昇した。報告症例数は2006~2009年と比較し2010~2013年に白人および30~39歳の年齢層にて増加した。注射薬物使用をリスク因子として報告した人の割合は、2006~2009年が53%であったのに対し、2010~2013年は75%と有意に高かった。居住地域別では、1,344例(42%)が非都市郡に居住しており、2006~2013年の間、急性HBV感染罹患率は都市郡および非都市郡ともに上昇したが、有意な上昇は非都市郡でのみ認められた。今後、B型肝炎ワクチン接種キャンペーンや検査および医療機関への橋渡し、特に注射薬物使用者を対象にした教育キャンペーンなどのエビデンスベースの対策が必要である。

References

  • Kowdley KV, Wang CC, Welch S, Roberts H, Brosgart CL. Prevalence of chronic hepatitis B among foreign-born persons living in the United States by country of origin. Hepatology 2012;56:422–33. <http://dx.doi.org/10.1002/hep.24804>.
  • Fattovich G, Bortolotti F, Donato F. Natural history of chronic hepatitis B: special emphasis on disease progression and prognostic factors. J Hepatol 2008;48:335–52. <http://dx.doi.org/10.1016/j.jhep.2007.11.011>.
  • CDC. Viral hepatitis statistics and surveillance. Surveillance for viral hepatitis—United States, 2013. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services; 2015. <http://www.cdc.gov/hepatitis/statistics/2013surveillance/index.htm>.
  • Williams WW, Lu PJ, O’Halloran A, et al. Noninfluenza vaccination coverage among adults—United States, 2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:95–102.
  • Christian WJ, Hopenhayn C, Christian A, McIntosh D, Koch A. Viral hepatitis and injection drug use in Appalachian Kentucky: a survey of rural health department clients. Public Health Rep 2010;125:121–8.
  • Zibbell JE, Iqbal K, Patel RC, et al. Increases in hepatitis C virus infection related to injection drug use among persons aged ≤30 years—Kentucky, Tennessee, Virginia, and West Virginia, 2006–2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:453–8.
  • Iqbal K, Klevens RM, Kainer MA, et al. Epidemiology of acute hepatitis B in the United States from population-based surveillance, 2006–2011. Clin Infect Dis 2015;61:584–92. <http://dx.doi.org/10.1093/cid/civ332>.
  • Conrad C, Bradley HM, Broz D, et al. Community outbreak of HIV infection linked to injection drug use of oxymorphone—Indiana, 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:443–4.
  • Mast EE, Margolis HS, Fiore AE, et al. A comprehensive immunization strategy to eliminate transmission of hepatitis B virus infection in the United States: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP) part 1: immunization of infants, children, and adolescents. MMWR Recomm Rep 2005;54(No. RR-16).
  • US Department of Health and Human Services. Action plan for the prevention, care, and treatment of viral hepatitis. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2014. <https://www.aids.gov/pdf/viral-hepatitis-action-plan.pdf>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ