一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)雇用主提供医療保険に加入している生殖年齢女性におけ・・・

MMWR抄訳

rss

2016/01/29Vol. 65 / No. 3

MMWR65(3):41-46
Antidepressant Prescription Claims Among Reproductive-Aged Women With Private Employer-Sponsored Insurance — United States 2008–2013

雇用主提供医療保険に加入している生殖年齢女性における抗うつ薬の処方請求 ― アメリカ、2008~2013年

アメリカでは妊娠中の抗うつ薬使用が増加しているが、母体および胎児双方に安全な処方について明確なコンセンサスは得られていない。全妊娠の半数が非計画的なものであることから、妊娠初期の抗うつ薬の使用が胎児の成長に重大な結果をもたらす危険性も考えられる。CDCは、Truven Health社のデータベース、MarketScan Commercial Claims and Encountersのデータを用いて、雇用主提供医療保険に加入している被雇用者における抗うつ薬の外来処方に関する保険請求について調査した。2008~2013年、年平均580万人の15~44歳の生殖年齢女性が調査対象に含まれた。この間、生殖年齢女性のうち平均15.4%(範囲:15.3~15.6%)が年1回、抗うつ薬の調剤を受けていた。そのうち76.0%は1種類のみの処方で、セルトラリンが最も多く(生殖年齢女性の3.3%)、次いでブプロピオン(2.7%)、シタロプラム(2.6%)、エスシタロプラム(2.5%)、フルオキセチン(2.3%)であった。2008~2013年の間、生殖年齢女性における総平均処方率はほとんど変化がなかった。年齢層別では、15~19歳の8.3%から40~44歳の20.9%と年齢に従い高くなった。抗うつ薬の使用は一般的になっており、医療提供者および妊娠中または妊娠前に抗うつ薬に暴露した女性に対して起こり得るリスクに関する情報を提供するため、妊娠中の抗うつ薬使用の安全性に関する研究の加速が必要である。

References

  • Reefhuis J, Devine O, Friedman JM, Louik C, Honein MA; National Birth Defects Prevention Study. Specific SSRIs and birth defects: Bayesian analysis to interpret new data in the context of previous reports. BMJ 2015;351:h3190. <http://dx.doi.org/10.1136/bmj.h3190>.
  • McDonagh MS, Matthews A, Phillipi C, et al. Depression drug treatment outcomes in pregnancy and the postpartum period: a systematic review and meta-analysis. Obstet Gynecol 2014;124:526–34. <http://dx.doi.org/10.1097/AOG.0000000000000410>.
  • Finer LB, Zolna MR. Shifts in intended and unintended pregnancies in the United States, 2001–2008. Am J Public Health 2014;104(Suppl 1):S43–8. <http://dx.doi.org/10.2105/AJPH.2013.301416>.
  • Farr SL, Bitsko RH, Hayes DK, Dietz PM. Mental health and access to services among US women of reproductive age. Am J Obstet Gynecol 2010;203:542e.1–9.
  • Farr SL, Hayes DK, Bitsko RH, Bansil P, Dietz PM. Depression, diabetes, and chronic disease risk factors among US women of reproductive age. Prev Chronic Dis 2011;8:A119.
  • Siu AL; US Preventive Services Task Force. Screening for depression in adults. US Preventive Task Force Recommendation Statement. JAMA 2016;315:380–387.
  • Pratt LA, Brody DJ, Gu Q. Antidepressant use in persons aged 12 and over: United States, 2005–2008. NCHS Data Brief 2011;76:1–8.
  • Hanley GE, Mintzes B. Patterns of psychotropic medicine use in pregnancy in the United States from 2006 to 2011 among women with private insurance. BMC Pregnancy Childbirth 2014;14:242. <http://dx.doi.org/10.1186/1471-2393-14-242>.
  • Huybrechts KF, Palmsten K, Mogun H, et al. National trends in antidepressant medication treatment among publicly insured pregnant women. Gen Hosp Psychiatry 2013;35:265–71. <http://dx.doi.org/10.1016/j.genhosppsych.2012.12.010>.
  • Curtin SC, Osterman MJ, Uddin SF, Sutton SR, Reed PR. Source of payment for the delivery: births in a 33-state and District of Columbia reporting area, 2010. Natl Vital Stat Rep 2013;62:1–20.
  • Jensen ET, Cook SF, Allen JK, et al. Enrollment factors and bias of disease prevalence estimates in administrative claims data. Ann Epidemiol 2015;25:519–525.e2. <http://dx.doi.org/10.1016/j.annepidem.2015.03.008>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ