一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)腹壁破裂の発症率の増加 ― 14州、1995~20・・・

MMWR抄訳

rss

2016/01/22Vol. 65 / No. 2

MMWR65(2):23-26
Increasing Prevalence of Gastroschisis — 14 States, 1995–2012

腹壁破裂の発症率の増加 ― 14州、1995~2012年

腹壁破裂は腹壁に穴があき、腸が突出した状態で生まれる先天性疾患であり、出生後ただちに手術を行う必要がある。発症率は1980年代より、とくに若い母親にて増加していたが、2005年以降のデータは発表されていない。今回、CDCは14州のサーベイランスプログラムのプールデータより、1995~2005年と2006~2012年における発症率の平均年間%変化率(AAPC)の比較を行った。1995~2005年、腹壁破裂は生児出生12,014,244名のうち4,369名に認められ(発症率:10,000名あたり3.6)、2006~2012年では9,264,540名のうち4,497名(発症率:4.9)と30%増加した(発症率比=1.3)。母親の年齢別(20歳未満、20~24歳、25歳以上)の発症率は1995~2005年にてそれぞれ11.9、5.3、1.2、2006~2012年にてそれぞれ16.1、8.1、1.7といずれの年齢層においても増加していた。人種/民族別では、2006~2012年にて20歳未満の白人(18.1)およびヒスパニック系(16.1)にて黒人(10.2)に比べ高く、また、黒人では1995~2005年からの増加率がもっとも高かった(発症率比=2.0)。折れ線回帰分析(Joinpoint regression)では、AAPCは3.1(20歳未満の白人)~7.9 (20歳未満の黒人)であり、1995年から2012年にわたる増加率はそれぞれ68%、263%であった。以上、腹壁破裂の発症率は継続して増加しており、その原因を特定する必要性が示唆された。

References

  • Kirby RS, Marshall J, Tanner JP, et al.; National Birth Defects Prevention Network. Prevalence and correlates of gastroschisis in 15 states, 1995 to 2005. Obstet Gynecol 2013;122:275–81. <http://dx.doi.org/10.1097/AOG.0b013e31829cbbb4>.
  • Castilla EE, Mastroiacovo P, Orioli IM. Gastroschisis: international epidemiology and public health perspectives. Am J Med Genet C Semin Med Genet 2008;148C:162–79. <http://dx.doi.org/10.1002/ajmg.c.30181>.
  • Kim HJ, Fay MP, Feuer EJ, Midthune DN. Permutation tests for joinpoint regression with applications to cancer rates. Stat Med 2000;19:335–51.
  • Colombani PM, Cunningham MD. Perinatal aspects of omphalocele and gastroschisis. Am J Dis Child 1977;131:1386–8.
  • Rasmussen SA, Frías JL. Non-genetic risk factors for gastroschisis. Am J Med Genet C Semin Med Genet 2008;148C:199–212. <http://dx.doi.org/10.1002/ajmg.c.30175>.
  • Kazaura MR, Lie RT, Irgens LM, et al. Increasing risk of gastroschisis in Norway: an age-period-cohort analysis. Am J Epidemiol 2004;159:358–63. <http://dx.doi.org/10.1093/aje/kwh051>.
  • Ventura SJ, Hamilton BE, Mathews TJ. National and state patterns of teen births in the United States, 1940–2013. Natl Vital Stat Rep 2014;63:1-34.
  • Rittler M, Campaña H, Ermini ML, et al. Gastroschisis and young mothers: what makes them different from other mothers of the same age? Birth Defects Res A Clin Mol Teratol 2015;103:536–43. <http://dx.doi.org/10.1002/bdra.23374>.
  • Feldkamp ML, Reefhuis J, Kucik J, et al. Case-control study of self reported genitourinary infections and risk of gastroschisis: findings from the national birth defects prevention study, 1997–2003. BMJ 2008;336:1420–3. <http://dx.doi.org/10.1136/bmj.39567.509074.25>.
  • Marshall J, Salemi JL, Tanner JP, et al.; National Birth Defects Prevention Network. Prevalence, correlates, and outcomes of omphalocele in the United States, 1995–2005. Obstet Gynecol 2015;126:284–93. <http://dx.doi.org/10.1097/AOG.0000000000000920>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ