一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)石油および天然ガス採掘作業員における酸素欠乏と炭化・・・

MMWR抄訳

rss

2016/01/15Vol. 65 / No. 1

MMWR65(1):6-9
Sudden Deaths Among Oil and Gas Extraction Workers Resulting from Oxygen Deficiency and Inhalation of Hydrocarbon Gases and Vapors — United States, January 2010–March 2015

石油および天然ガス採掘作業員における酸素欠乏と炭化水素ガスおよび蒸気の吸入による突然死 ― アメリカ、2010年1月~2015年3月

2013年、アメリカ西部で発生した石油および天然ガス採掘作業員の死亡例2件について、CDCの国立労働安全衛生研究所(NIOSH)および労働安全衛生庁(OSHA)に対しカリフォルニア大の産業医から照会があった。2例はそれぞれ2010年および2012年、炭化水素貯蔵タンクの計測作業中に心臓突然死を来たし、ハッチを開口した際の炭化水素ガスおよび蒸気(HGV)への暴露と酸素欠乏が原因と考えられた。NIOSHおよびOSHAの専門家および産業医は、2010年1月~2015年3月に発生した石油および天然ガス採掘作業員における非外傷性死亡例の報告データについて精査した。その結果、先の2例を含め、コロラド州にて3例、ノースダコタ州にて3例、モンタナ州、オクラホマ州、テキサス州にて各1例、計9件の死亡例が確認された。作業者は全て男性で、年齢中央値は51歳(範囲:20~63歳)、全例が事故発生時に単独で作業にあたり、貯蔵タンク上または作業通路に倒れた状態で発見された。少なくとも5例の発見時にタンクのハッチが開いており、5例は液体サンプリング、4例はタンク計測作業時の発生であった。2010年の発生を受けてOSHAが実施した暴露評価では、ハッチから約30 cmの高さにおける酸素濃度は11%(大気中酸素濃度は21%)と低く、HGV濃度は爆発下限を超え、中枢神経症状を来す10,000 ppmを超える暴露があったと推察された。また、第7例が装着していた記録装置のデータでは、死亡時の酸素濃度は7%、可燃性HGV濃度は爆発下限を超えていた。15%を下回る酸素濃度は中枢神経機能に重篤な障害を来たし、10%を下回れば意識の消失および数秒~数分で死亡する場合がある。低酸素血症はエピネフリンの放出と虚血性心疾患を誘発し、また、高濃度の低分子量炭化水素はエピネフリン誘導性心室細動の感受性を高めることが動物実験で示されている。ハッチ開口時の高レベルの低分子量HGVおよび低酸素空気の同時暴露は、高い心臓突然死のリスクを有すると考えられる。これらの結果を受け、OSHA、NIOSHおよび関連産業団体は、石油および天然ガス採掘現場のタンク計測作業における危険警報を発出した。作業員および雇用者はこれらの危険や暴露防止に留意し、また医療者は高濃度HGVおよび低酸素暴露の症状や治療法について知悉する必要がある。

References

  • Mason KL, Retzer KD, Hill R, Lincoln JM. Occupational fatalities during the oil and gas boom—United States, 2003–2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:551–4.
  • Esswein EJ, Snawder J, King B, Breitenstein M, Alexander-Scott M, Kiefer M. Evaluation of some potential chemical exposure risks during flowback operations in unconventional oil and gas extraction: preliminary results. J Occup Environ Hyg 2014;11:D174–84. <http://dx.doi.org/10.1080/15459624.2014.933960>.
  • Jordan T. Hydrocarbon exposures during tank gauging and sampling operations [presentation]. NIOSH National Occupational Research Agenda Oil and Gas Sector Council Meeting, March 19, 2015. <http://www.nationalstepsnetwork.com/docs_tank_gauging/NORA_Oil_and_Gas_Council_Meeting_March2015.pdf>.
  • King B, Esswein E, Retzer K, et al. UPDATE: reports of worker fatalities during manual tank gauging and sampling in the oil and gas extraction industry. In: NIOSH Science Blog. Washington DC: National Institute for Occupational Safety and Health. <http://blogs.cdc.gov/niosh-science-blog/2015/04/10/flowback-3/>.
  • Miller TM, Mazur PO. Oxygen deficiency hazards associated with liquefied gas systems: derivation of a program of controls. Am Ind Hyg Assoc J 1984;45:293–8. <http://dx.doi.org/10.1080/15298668491399811>.
  • Chenoweth MB. Ventricular fibrillation induced by hydrocarbons and epinephrine. J Ind Hyg Toxicol 1946;28:151–8.
  • Reinhardt CF, Azar A, Maxfield ME, Smith PE Jr, Mullin LS. Cardiac arrhythmias and aerosol “sniffing”. Arch Environ Health 1971;22:265–79. <http://dx.doi.org/10.1080/00039896.1971.10665840>.
  • Fuke C, Miyazaki T, Arao T, et al. A fatal case considered to be due to cardiac arrhythmia associated with butane inhalation. Leg Med (Tokyo) 2002;4:134–8. <http://dx.doi.org/10.1016/S1344-6223(02)00004-4>.
  • Drummond I. Light hydrocarbon gases: a narcotic, asphyxiant, or flammable hazard? Appl Occup Environ Hyg 1993;8:120–5. <http://dx.doi.org/10.1080/1047322X.1993.10388128>.
  • Occupational Health and Safety Administration National Steps Alliance. Tank hazard alert: gauging, thieving, fluid handling. How to recognize and avoid hazards [poster]. Washington, DC: U.S. Department of Labor, Occupational Health and Safety Administration; 2015. <http://www.nationalstepsnetwork.org/docs_tank_gauging/TankHazardInfographicFinal04_22_15.pdf>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ