一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)クルーズ船における急性胃腸炎 ― アメリカ、200・・・

MMWR抄訳

rss

2016/01/15Vol. 65 / No. 1

MMWR65(1):1-5
Acute Gastroenteritis on Cruise Ships — United States, 2008–2014

クルーズ船における急性胃腸炎 ― アメリカ、2008~2014年

外国から寄港する旅客船は、アメリカ到着24~36時間前にCDCの船舶衛生プログラム(VSP)に下痢の症例数を報告することが義務づけられている。クルーズ船における近年の急性胃腸炎発生状況を把握するため、CDCは2008~2014年にアメリカ領内を航行した乗客数13名以上、航行期間3~21日のクルーズ船についてVSPのデータを解析した。この期間中、VSPに対し計32,084件の報告があり、そのうち29,107件(90.7%)は航行期間3~21日、乗客数100名超であった。この期間、乗客計73,599,005名において129,678例(0.18%)、乗員計28,281,361名において43,132例(0.15%)の急性胃腸炎の発生報告があった。2008年から2014年にかけて10万航行日あたりの急性胃腸炎罹患率は、乗客において27.2から22.3、乗員において21.6から21.3と推移したが、いずれも統計的な有意差はなかった。2012年の罹患率は乗客、乗員ともに2011年および2013年に比べて有意に高く、2012年の新型ノロウイルスGII.4 Sydneyの流行と関連すると考えられた。29,107件の航行において133件で急性胃腸炎のアウトブレイクが発生した。95件(71%)のアウトブレイクで採取した臨床検体から、87件(92%)でウイルスのみ、3件(3%)で細菌のみ、4件(4%)でウイルスおよび細菌、1件(1%)でウイルスおよび寄生虫が検出された。ウイルス性胃腸炎の全件(92件:97%)がノロウイルスに起因し、型別を行った80検体のうち59検体(73.8%)がGII.4型であり、4件では2種類以上の型が検出された。急性胃腸炎の乗客12万9,678例のうち19,273例(14.9%)、乗員43,132例のうち1,984例(4.6%)がアウトブレイク関連であり、そのうちそれぞれ13,568例(70.4%)および1,343例(67.7%)はノロウイルスに起因するものであった。クルーズ船の乗客は手洗いを励行し、下痢や嘔吐を来した場合には直ちに船の医療センターを受診し、治療や感染コントロールの手順を取ることが急性胃腸炎の防止のために重要である。

References

  • Cramer EH, Gu DX, Durbin RE; Vessel Sanitation Program Environmental Health Inspection Team. Diarrheal disease on cruise ships, 1990–2000: the impact of environmental health programs. Am J Prev Med 2003;24:227–33. <http://dx.doi.org/10.1016/S0749-3797(02)00644-X>.
  • Cramer EH, Blanton CJ, Blanton LH, et al.; Vessel Sanitation Program Environmental Health Inspection Team. Epidemiology of gastroenteritis on cruise ships, 2001–2004. Am J Prev Med 2006;30:252–7. <http://dx.doi.org/10.1016/j.amepre.2005.10.027>.
  • Hall AJ, Lopman BA, Payne DC, et al. Norovirus disease in the United States. Emerg Infect Dis 2013;19:1198–205. <http://dx.doi.org/10.3201/eid1908.130465>.
  • Vessel Sanitation Program. 2011 operations manual. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, Vessel Sanitation Program; 2011. <http://www.cdc.gov/nceh/vsp/operationsmanual/opsmanual2011.pdf>.
  • Leshem E, Wikswo M, Barclay L, et al. Effects and clinical significance of GII.4 Sydney norovirus, United States, 2012–2013. Emerg Infect Dis 2013;19:1231–8. <http://dx.doi.org/10.3201/eid1908.130458>.
  • Foreign quarantine. 42 C.F.R. Part 71. Washington DC: US Government Publishing Office; 2010. <https://www.gpo.gov/fdsys/granule/CFR-2010-title42-vol1/CFR-2010-title42-vol1-part71/content-detail.html>.
  • Hall A, Vinje J, Lopman B, et al. Updated norovirus outbreak management and disease prevention guidelines. MMWR Recomm Rep 2011;60(No. RR-03).
  • Zheng DP, Widdowson MA, Glass RI, Vinjé J. Molecular epidemiology of genogroup II-genotype 4 noroviruses in the United States between 1994 and 2006. J Clin Microbiol 2010;48:168–77. <http://dx.doi.org/10.1128/JCM.01622-09>.
  • Wikswo ME, Cortes J, Hall AJ, et al. Disease transmission and passenger behaviors during a high morbidity norovirus outbreak on a cruise ship, January 2009. Clin Infect Dis 2011;52:1116–22. <http://dx.doi.org/10.1093/cid/cir144>.
  • Vessel Sanitation Program. 2011 construction guidelines. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, Vessel Sanitation Program; 2011. <http://www.cdc.gov/nceh/vsp/constructionguidelines/constructionguidelines2011.pdf>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ