一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)アメリカにおける塩分過剰摂取の蔓延 ― NHANE・・・

MMWR抄訳

rss

2016/01/08Vol. 64 / No. 52

MMWR64(52):1393-1397
Prevalence of Excess Sodium Intake in the United States — NHANES, 2009–2012

アメリカにおける塩分過剰摂取の蔓延 ― NHANES、2009~2012年

アメリカの成人の29%が高血圧を発症している。塩分過剰摂取は高血圧や心血管疾患の危険因子であり、摂取を減らすことは血圧低下につながる。Dietary Guidelines for Americansの2015~2020年版では14歳以上における1日の食事の塩分摂取量の上限を2,300mg/日、2~13歳ではそれ未満に推奨している(2~3歳:1,500mg/日、4~8歳:1,900mg/日、9~13歳:2,200mg/日)。CDCは2009~2012年のNational Health and Nutrition Examination Survey(NHANES)のデータを用いて2歳以上の14,728名を対象に塩分の過剰摂取について分析を行った。その結果、19歳以上では89%が過剰摂取であり、男女別では男性:98.4%、女性:79.9%、人種別では白人:89.8%、黒人:84.6%と有意差を認めた。2~18歳では2~3歳:93.5%、4~8歳:92.2%、9~13歳:93.7%、14~18歳:92.8%が過剰摂取であった。塩分過剰摂取例はカロリー摂取量あたりの塩分摂取量が大きく、19歳以上では1日平均塩分摂取量:3,552±32.2mg/日、平均カロリー摂取量:2,114±20.2kcal/日、1,000kcalあたりの平均塩分量は1,727±9.9mgであり、2~3歳:1,466±22.5mg/1,000kcal、4~8歳:1,555±23.1mg/1,000kcal、9~13歳:1,657±20.8mg/1,000kcal、14~18歳:1,722±36.0mg/1,000kcalであった。また、高血圧を呈する成人(収縮期血圧:140mmHg以上、拡張期血圧:90mmHg以上)では86%が塩分過剰摂取であり、前高血圧症(収縮期血圧:120~139mmHg、拡張期血圧:80~89mmHg)の91%、血圧正常者(収縮期血圧:120mmHg未満、拡張期血圧: 80mmHg未満)の90%に比べ有意に低かった。以上、アメリカでは塩分の過剰摂取が蔓延しており、食品の製造過程やレストランでの塩分制限など幅広い層での減塩対策が必要と考える。

References

  • Aburto NJ, Ziolkovska A, Hooper L, Elliott P, Cappuccio FP, Meerpohl JJ. Effect of lower sodium intake on health: systematic review and meta-analyses. BMJ 2013; 346:f1326.
  • Mozaffarian D, Fahimi S, Singh GM, et al. Global sodium consumption and death from cardiovascular causes. N Engl J Med 2014;371:624–34.
  • Nwankwo T, Yoon SS, Burt V, Gu Q. Hypertension among adults in the United States: National Health and Nutrition Examination Survey, 2011–2012. NCHS Data Brief 2013; 133:1–8.
  • Institute of Medicine. Strategies to reduce sodium intake in the United States. Washington, DC: National Academies Press; 2010.
  • CDC. Usual sodium intakes compared with current dietary guidelines—United States, 2005–2008. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2011;60:1413–7.
  • CDC. Trends in the prevalence of excess dietary sodium intake—United States, 2003–2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:1021–5.
  • Institute of Medicine. Dietary reference intakes for water, potassium, sodium, chloride, and sulfate. Washington, DC: The National Academies Press; 2005.
  • Mozaffarian D, Benjamin EJ, Go AS, et al. Heart disease and stroke statistics—2016 update: a report from the American Heart Association. Circulation 2016;133. ePub December 16, 2015. Available at <http://circ.ahajournals.org/content/early/2015/12/16/CIR.0000000000000350.full.pdf>.
  • Trieu K, Neal B, Hawkes C, et al. Salt reduction initiatives around the world—a systematic review of progress towards the global target. PLoS One 2015;10:e0130247.
  • He FJ, Pombo-Rodrigues S, MacGregor GA. Salt reduction in England from 2003 to 2011: its relationship to blood pressure, stroke and ischaemic heart disease mortality. BMJ Open 2014;4:e004549.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ