一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)結核の接触者調査 ― アメリカ、2003~2012・・・

MMWR抄訳

rss

2016/01/01Vol. 64 / Nos. 50 & 51

MMWR64(50&51):1369-1374
Tuberculosis Contact Investigations — United States, 2003–2012

結核の接触者調査 ― アメリカ、2003~2012年

結核菌は発端患者から空気伝播し、接触者に結核(TB)または臨床的に無症状で胸部画像検査でも検出されない潜在性結核感染症(LTBI)を引き起こす。結核の感染環を絶つには、TB患者の検出、治療のみならず接触者の調査およびLTBIを治療しTBへの進展を防ぐ必要がある。CDCは、2003~2012年の50州およびワシントンDC、プエルトリコにおける接触者調査データを体系的に収集した。発端患者は感染性の高さに基づき、喀痰塗抹検査陽性TB例、喀痰塗抹検査陰性/培養検査陽性TB例、その他に分類し、それぞれの接触者について解析した。2003~2012年の間に44州およびプエルトリコにて報告されたTB症例数は114,003例であった。この間、発端患者数は減少したが、喀痰塗抹検査陽性患者1例あたりの接触者数は14.9例から21.3例に増加した。喀痰塗抹検査陽性患者1例あたり、その接触者にTB患者0.11例、LTBI患者3.13例が発生した。喀痰塗抹検査陰性/培養検査陽性患者では、接触者のTB患者は0.05例、LTBI患者は1.30例であった。2012年、50州およびプエルトリコにおいてTB患者9,945例が報告され、その接触者は105,100例であった。接触者のうち84,998例(80.9%)が検査を受け、532例(0.6%)がTB、15,411例(18.1%)がLTBIと診断された。LTBIの接触者10,137例(65.8%)が治療を開始し、6,689例(43.4%)が完遂した。これらの結果から、5年間で128例がTBへの進展を免れたと推計された。仮定として、全発端感染者の接触者が判明し、全接触者が医学的検査を受け、全LTBIが治療を開始し完遂した場合には、さらに248例(66%)がTBへの進展を免れると推計された。以上の結果から、接触者調査を促進し、治療を完遂することがアメリカのTB撲滅の目標につながると考えられた。

References

  • CDC. Reported tuberculosis in the United States, 2012. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at <http://www.cdc.gov/tb/statistics/reports/2012/pdf/report2012.pdf>.
  • Jereb J, Etkind SC, Joglar OT, Moore M, Taylor Z. Tuberculosis contact investigations: outcomes in selected areas of the United States, 1999. Int J Tuberc Lung Dis 2003;7(Suppl 3):S384–90.
  • CDC. Aggregate reports for tuberculosis program evaluation: training manual and users guide. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2005. Available at <http://www.cdc.gov/tb/publications/pdf/arpes_manualsm1.pdf>.
  • CDC. Guidelines for the investigation of contacts of persons with infectious tuberculosis; recommendations from the National Tuberculosis Controllers Association and CDC. MMWR Recomm Rep 2005;54(No. RR-15).
  • Sloot R, Schim van der Loeff MF, Kouw PM, Borgdorff MW. Risk of tuberculosis after recent exposure. A 10-year follow-up study of contacts in Amsterdam. Am J Respir Crit Care Med 2014;190:1044–52.
  • Lobue P, Menzies D. Treatment of latent tuberculosis infection: an update. Respirology 2010;15:603–22.
  • Fox GJ, Barry SE, Britton WJ, Marks GB. Contact investigation for tuberculosis: a systematic review and meta-analysis. Eur Respir J 2013;41:140–56.
  • World Health Organization. Recommendations for investigating contacts of persons with infectious tuberculosis in low- and middle-income countries. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2012. Available at <http://apps.who.int/iris/bitstream/10665/77741/1/9789241504492_eng.pdf?ua=1>.
  • CDC. Recommendations for use of an isoniazid-rifapentine regimen with direct observation to treat latent Mycobacterium tuberculosis infection. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2011;60:1650–3.
  • Hill AN, Becerra J, Castro KG. Modelling tuberculosis trends in the USA. Epidemiol Infect 2012;140:1862–72.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ