一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)大学でのスポーツ関連傷害 ― アメリカ、2009~・・・

MMWR抄訳

rss

2015/12/11Vol. 64 / No. 48

MMWR64(48):1330-1336
College Sports–Related Injuries — United States, 2009–10 Through 2013–14 Academic Years

大学でのスポーツ関連傷害 ― アメリカ、2009~10学年度から2013~14学年度

スポーツ関連傷害は、運動選手の健康に長期にわたり影響する可能性がある。全米大学体育協会(NCAA)は、学生運動選手のスポーツ傷害について調査を行った。2013~14学年度、加盟校1,113校においてNCAAチャンピオンシップ競技25種の19,334チームに、478,869名の運動選手が所属した。外部調査委員およびCDCは、NCAA Injury Surveillance Programのデータから、2009~10学年度から2013~14学年度の5学年度にかけて発生した傷害について解析した。選手1名が1回の練習または試合に参加する単位をathlete-exposure (A-Es)と定義すると、毎年、全25競技において練習にて2,886万299 A-Es、試合にて647万2,952 A-Esの暴露機会があったと推計された。この期間に1,053,370件の傷害が発生したことから、年平均にして210,674件、そのうち134,498件(63.8%)は練習中に発生した。全傷害の21.9%が復帰までに7日以上を要し、4.0%は外科的手術、0.9%は救急搬送を要し、試合中の傷害はより重症であった。全傷害のうち約半数が捻挫または肉離れであり、練習に関連し救急搬送を要した傷害の29.4%を占めた。一方、試合に関連し救急搬送を要した傷害は骨折や脱臼が多く(25.8%)、脳震盪は22.0%であった。男子スポーツでは、フットボールにて1年あたり47,199件と最も多く傷害が発生し、試合中の発生率は最も高く1,000 A-Esあたり39.9件であった。男子レスリングは総発生率(1,000 A-Esあたり13.1件)および練習中の発生率(10.2件)が最も高かった。女子スポーツでは体操にて総発生率(10.4件)および練習中の発生率(10.0件)が最も高く、試合中の発生率はサッカー(17.2件)が最も高かった。学生スポーツ傷害の低減のためには、サーベイランスデータに基づいたルールや方針の転換、選手およびコーチを対象とした教育や周知キャンペーンの実施が必要であり、今後のデータ解析の継続が必要である。

References

  • National Collegiate Athletic Association. Sports sponsorship and participation rates. Indianapolis, IN: National Collegiate Athletic Association; 2014. Available at <http://www.ncaa.org/about/resources/research/sports-sponsorship-and-participation-research>.
  • Kerr ZY, Dompier TP, Snook EM, et al. National collegiate athletic association injury surveillance system: review of methods for 2004–2005 through 2013–2014 data collection. J Athl Train 2014;49:552–60.
  • Kucera KL, Marshall SW, Bell DR, DiStefano MJ, Goerger CP, Oyama S. Validity of soccer injury data from the National Collegiate Athletic Association’s Injury Surveillance System. J Athl Train 2011;46:489–99.
  • Hootman JM, Dick R, Agel J. Epidemiology of collegiate injuries for 15 sports: summary and recommendations for injury prevention initiatives. J Athl Train 2007;42:311–9.
  • Gilchrist J, Mandelbaum B, Melancon H, et al. A randomized controlled trial to prevent non-contact ACL injury in female collegiate soccer players. Am J Sports Med 2008;36:1476–83.
  • Reider B. An ounce of prevention. Am J Sports Med 2004;32:1383–4.
  • Dick R, Putukian M, Agel J, Evans TA, Marshall SW. Descriptive epidemiology of collegiate women’s soccer injuries: National Collegiate Athletic Association Injury Surveillance System, 1988–1989 through 2002–2003. J Athl Train 2007;42:278–85.
  • Marshall SW, Covassin T, Dick R, Nassar LG, Agel J. Descriptive epidemiology of collegiate women’s gymnastics injuries: National Collegiate Athletic Association Injury Surveillance System, 1988–1989 through 2003–2004. J Athl Train 2007;42:234–40.
  • Yard EE, Comstock RD. Compliance with return to play guidelines following concussion in US high school athletes, 2005–2008. Brain Inj 2009;23:888–98.
  • Parker EM, Gilchrist J, Schuster D, Lee R, Sarmiento K. Reach and knowledge change among coaches and other participants of the online course: “concussion in sports: what you need to know.” J Head Trauma Rehabil 2015;30:198–206.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ