一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)バイタルサイン:HIV獲得を防止する曝露前予防の適・・・

MMWR抄訳

rss

2015/11/27Vol. 64 / No. 46

MMWR64(46):1291-1295
Vital Signs: Estimated Percentages and Numbers of Adults with Indications for Preexposure Prophylaxis to Prevent HIV Acquisition — United States, 2015

バイタルサイン:HIV獲得を防止する曝露前予防の適応となる成人の推定パーセンテージと人数 ― アメリカ、2015年

2014年のアメリカでは、約40,000人がヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症と診断された。2010年からのいくつかのランダム化プラセボ比較試験において、毎日の経口抗レトロウイルス曝露前予防薬(PrEP)の服用順守により、新規のHIV感染は、男性と性交を持つ男性(MSM)、片方がHIVに感染している異性間で性交を持つ成人男女、麻薬注射使用者の3つの感染リスクグループ間においてそれぞれ92%、90%、73.5%減少した。CDCは、アメリカにおけるこれらの感染のリスクグループにおいて、2014年のアメリカ公衆衛生局のPrEP診療ガイドラインと一致するPrEP適応症を持つ成人の推定パーセンテージおよび人数を分析した。MSMは、2007~2008年、2009~2010年、2011~2012年のデータを結合したNational Health and Nutrition Examination Survey (NHANES)データから、18~59歳のHIV陽性ではないと思われる男性で、過去12カ月に男性と性交した人を抽出し、HIV獲得防止のためのPrEP適応は、過去12カ月に2人以上の男性と性交し、コンドームなしの性交または性感染症に該当する場合とした。18歳以上の麻薬注射使用者はNational Survey on Drug Use and Healthから調査し、PrEPの適応は注射針の使い回しとした。HIV陽性ではないと思われる18~59歳の男女はNHANESデータから抽出し、PrEPの適応は、2人以上の異性と性交した18~44歳の男女で、1)HIV感染のパートナーとの性交または2)過去4週のコンドームなしの性交および過去12カ月のハイリスクのパートナーとの性交に該当する場合とした。PrEPの適応は、18~59歳のHIV感染のないMSMで24.7%(492,000人)、麻薬を注射している18歳以上の人で18.5%(115,000人)、18~59歳の異性と性交する18~59歳の人で0.4%(624,000人)であった。全体で、1,232,000人の成人がHIV感染のリスクが相当に高く、PrEPおよびその他の有効な予防法の適応であった。医療協会、保健部門、地域に基づいた組織は、HIV獲得の高リスクの人およびその医療関係者におけるPrEPの認識を高める必要があり、今回のデータはPrEP補償の拡大および評価の情報提供に役立つと考えられる。PrEPおよびその他の有効なHIV予防サービスの提供は、新規のHIV感染数を低下させる可能性がある。

References

  • CDC. Diagnoses of HIV infection in the United States and dependent areas, 2014. HIV surveillance report 2015;26. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/pdf/g-l/hiv_surveillance_report_vol_26.pdf>.
  • Grant RM, Lama JR, Anderson PL, et al. Preexposure chemoprophylaxis for HIV prevention in men who have sex with men. N Engl J Med 2010;363:2587–99.
  • Baeten JM, Donnell D, Ndase P, et al. Antiretroviral prophylaxis for HIV prevention in heterosexual men and women. N Engl J Med 2012;367:399–410.
  • Choopanya K, Martin M, Suntharasamai P, et al. Antiretroviral prophylaxis for HIV infection in injecting drug users in Bangkok, Thailand (the Bangkok Tenofovir Study): a randomised, double-blind, placebo-controlled phase 3 trial. Lancet 2013;381:2083–90.
  • US Public Health Service. Preexposure prophylaxis for the prevention of HIV infection in the United States—2014: a clinical practice guideline. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/pdf/guidelines/PrEPguidelines2014.pdf>.
  • Liu AY, Cohen SE, Vittinghoff E, et al. Preexposure prophylaxis for HIV infection integrated with municipal- and Community-based sexual health services. JAMA Intern Med 2015; November 16 [E-pub ahead of print].
  • Volk JE, Marcus JL, Phengrasamy T, et al. No new HIV infections with increasing use of HIV preexposure prophylaxis in a clinical practice setting. Clin Infect Dis 2015;61:1601–3.
  • Office of National AIDS Policy. National HIV/AIDS strategy for the United States updated to 2020. Available at <https://aids.gov/federal-resources/national-hiv-aids-strategy/nhas-update.pdf>.
  • Cohen MS; HPTN 052 Study Team. Final results of the HPTN 052 randomized controlled trial: antiretroviral therapy prevents HIV transmission. Abstract MOAC010LB. Presented at the 8th International AIDS Society Conference on HIV Pathogenesis, Treatment, and Prevention; Vancouver Canada; 2015. Available at <http://www.jiasociety.org/index.php/jias/article/download/20479/pdf_1>.
  • CDC. Monitoring selected national HIV prevention and care objectives by using HIV surveillance data—United States and 6 dependent areas, 2013. HIV Surveillance Supplemental Report 2015;20. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/pdf/library/reports/surveillance/cdc-hiv-surveillancereport_vol20_no2.pdf>.
  • Baeten JM, Heffron R, Kidoguchi L, et al. Near elimination of HIV transmission in a demonstration project of PrEP and ART. Available at <http://www.croiwebcasts.org/console/player/25541?mediaType=audio&>.
  • Juusola JL, Brandeau ML, Owens DK, Bendavid E. The cost-effectiveness of preexposure prophylaxis for HIV prevention in the United States in men who have sex with men. Ann Intern Med 2012;156:541–50.
  • Supervie V, Barrett M, Kahn JS, et al. Modeling dynamic interactions between pre-exposure prophylaxis interventions & treatment programs: predicting HIV transmission & resistance. Sci Rep 2011;1:185.
  • McNeil DG Jr. San Francisco is changing the face of AIDS treatment. New York Times; October 5, 2015. Available at <http://www.nytimes.com/2015/10/06/health/san-francisco-hiv-aids-treatment.html?smprod=nytcore-iphone&smid=nytcore-iphone-share&_r=0>.
  • CDC. HIV funding updates (2015). Available at <http://www.cdc.gov/hiv/funding>.
  • Laufer FN, O’Connell DA, Feldman I, Zucker HA. Increased Medicaid prescriptions for preexposure prophylaxis against HIV infection—New York, 2012–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep. In press 2015.
  • Bush S, Ng L, Magnuson D, Piontkowsky D, Mera Giler R. Significant uptake of Truvada for pre-exposure prophylaxis (PrEP) utilization in the US in late 2014–1Q 2015. Presented at IAPAC Treatment, Prevention, and Adherence Conference; Miami, Florida; June 28–30, 2015. Available at <http://iapac.org/AdherenceConference/presentations/ADH10_OA74.pdf>.
  • Hood JE, Buskin SE, Dombrowski JC, et al. Dramatic increase in preexposure prophylaxis use among MSM in King County, Washington. AIDS. In press 2015.
  • Stekler J. PrEP 201: beyond the basics: payers for PrEP in Seattle. Available at <http://depts.washington.edu/nwaetc/presentations/uploads/182/prep_201_beyond_the_basics.pdf>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ