一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)女性と比較したHIV感染男性における抗レトロウイル・・・

MMWR抄訳

rss

2015/11/27Vol. 64 / No. 46

MMWR64(46):1281-1286
Lower Levels of Antiretroviral Therapy Enrollment Among Men with HIV Compared with Women — 12 Countries, 2002–2013

女性と比較したHIV感染男性における抗レトロウイルス治療の低受療率 ― 12カ国、2002~2013年

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染者における抗レトロウイルス療法(ART)の受療機会は、男女共に平等であるべきである。性別によるART受療率の差を評価するため、5地域12カ国(東アフリカ2カ国、南アフリカ5カ国、 西アフリカ2カ国、カリブ海諸国:ハイチ、東南アジア:ベトナム)における成人(本報告においてのみ15歳以上とする)のART受療者計765,087例の医療記録を解析し、2002~2013年の各暦年における新規ART登録者の女性:男性比を、国連合同エイズ計画の推計による一般集団における成人HIV感染者の女性:男性比と比較した。その結果、最新の推計で、2009年、東アフリカのタンザニアおよびウガンダにおける新規ART登録者の女性:男性比はともに2.10であったのに対し、同年のHIV感染女性:男性比はそれぞれ1.38および1.31であったことから、男性と比較して女性のART受療率はそれぞれ53%および60%高かったことが示された。南アフリカでは同様に、ボツワナ(2013年)で1.95、モザンビーク(2013年)で2.73、ナミビア(2012年)で1.61、スワジランド(2010年)で1.91、ザンビア(2009年)で1.57、ジンバブエ(2009年)で1.76であったのに対し、同年のHIV感染女性:男性比はそれぞれ1.30、1.49、1.13、1.43、1.05および1.43であったことから、男性に比べ女性のART受療率は23~83%高かった。西アフリカでは、コートジボワール(2007年)で2.21、ナイジェリア(2011年)で2.34に対しそれぞれ1.28および1.34であったことから、男性に比べ女性のART受療率はそれぞれ73%および75%高かった。ハイチ(2013年)では同1.89に対し1.43と32%高く、最後にベトナム(2009年)では0.34とHIV感染女性:男性比(0.39)と同等であった。以上、ベトナムを除く11カ国における最新の推計で、新規ART登録者数は女性が男性よりも多く、現ART受療者における女性:男性比は成人HIV感染女性:男性比と比較し23~83%高く、性別による受療率の相違が示された。女性におけるART受療率の高さは、妊娠管理の一部としてのHIV検査の実施、母子伝播予防のためのHIV感染妊婦に対する重点的な治療の推奨、治療に対する積極性の差を反映していると考えられる。HIV罹患率/死亡率低減のためには、男性のHIV検査受診の推進および治療への橋渡し、ART受療資格ガイドラインの適用によるART受療率の向上が必要である。

References

  • Office of the President of the United States. President’s Emergency Plan for AIDS Relief. Updated gender strategy: December 2013. Washington, DC: Office of the President of the United States; 2015. Available at <http://www.pepfar.gov/documents/organization/219117.pdf>.
  • Muula AS, Ngulube TJ, Siziya S, et al. Gender distribution of adult patients on highly active antiretroviral therapy (HAART) in Southern Africa: a systematic review. BMC Public Health 2007;7:63.
  • Cornell M, Schomaker M, Garone DB, et al.; International Epidemiologic Databases to Evaluate AIDS Southern Africa Collaboration. Gender differences in survival among adult patients starting antiretroviral therapy in South Africa: a multicentre cohort study. PLoS Med 2012;9:e1001304.
  • Cornell M, Myer L. Moving beyond gender stereotypes. Lancet 2013;382:506.
  • Hawkes S, Buse K. Gender and global health: evidence, policy, and inconvenient truths. Lancet 2013;381:1783–7.
  • Kato M, Long NH, Duong BD, et al. Enhancing the benefits of antiretroviral therapy in Vietnam: towards ending AIDS. Curr HIV/AIDS Rep 2014;11:487–95.
  • Dinh TH, Detels R, Nguyen MA. Factors associated with declining HIV testing and failure to return for results among pregnant women in Vietnam. AIDS 2005;19:1234–6.
  • Cohen MS, Chen YQ, McCauley M, et al. Prevention of HIV-1 infection with early antiretroviral therapy. N Engl J Med 2011;365:493–505.
  • Lundgren JD, Babiker AG, Gordin F, et al. Initiation of antiretroviral therapy in early asymptomatic HIV Infection. N Engl J Med 2015;373:795–807.
  • Hensen B, Taoka S, Lewis JJ, Weiss HA, Hargreaves J. Systematic review of strategies to increase men’s HIV-testing in sub-Saharan Africa. AIDS 2014;28:2133–45.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ