一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)屋内アイスアリーナにおける高濃度の一酸化炭素への曝・・・

MMWR抄訳

rss

2015/11/20Vol. 64 / No. 45

MMWR64(45):1267-1270
Exposure to Elevated Carbon Monoxide Levels at an Indoor Ice Arena — Wisconsin, 2014

屋内アイスアリーナにおける高濃度の一酸化炭素への曝露 ― ウィスコンシン州、2014年

2014年12月13日、ウィスコンシン州レイクデルトンの緊急管理システムに、選手約50名、参加者約100名が集まる屋内ホッケートーナメントに出場していた20歳男性の選手が意識を失ったとの連絡が入った。消防による調査の結果、アリーナ内の一酸化炭素(CO)濃度が45~165ppmに上昇していたため、アリーナ内のすべての選手および参加者に対し、CO中毒の可能性を検査するよう呼びかけ、12月13~14日、計92名(男64名、女28名、0~15歳:9名、16~20歳:52名、21~25歳:9名、25歳以上:22名)が救急外来(ED)を受診した。症状は頭痛:84%、悪心:66%、嘔吐:26%、めまい:19%、息切れ:10%などを認め、77名(84%)から採取した静脈血中COHb濃度は0~21.7%(平均:9.7±4.4%)であった。全体で74名(80%、うちホッケー選手は32名)がCO中毒の診断基準に合致し、血中COHb濃度は5.1~21.7%(平均:11.1±3.6%)、ホッケー選手のCOHb濃度は平均13.0±3.6%と観客(9.7±3.0%)と比べて有意に高値であり、アリーナで意識を失った選手のCOHb濃度が21.7%と最も高かった。意識を失った選手と妊娠19週の女性(25歳)には入院にて高圧酸素療法が、91名に酸素補充療法が行われ、痛みに対しアセトアミノフェン(14名)、イブプロフェン(1名)、メペリジン(1名)、悪心、嘔吐、めまいに対しオンダンセトロン(18名)、プロメタジン(2名)が投与された。約2カ月後、91名に郵送にて調査を実施、47名(52%)から回答を得た。回答者のうち、CO中毒であった36名の症状はめまい(70%)、息切れ(33%)、胸部絞扼感(22%)などがあり、うち6名(17%)は記憶障害(4名)、集中力低下(4名)などの症状が7週間以上持続していた。また、他の持続症状として咳、息切れ、気分変動(各1名)などがあった。イベント当日の夜のCO濃度は45~165ppm、選手が意識を失ったロッカールームは140ppmであり、基準値(20ppm未満)を大きく上回っており、原因として、週末に使われる整氷車から排出されるCO[総排気量の4.8%(稼働時)、2.3%(アイドリング時)]の可能性が考えられている。

References

  • Council of State and Territorial Epidemiologists. Public health reporting and national notification for carbon monoxide poisoning. Atlanta, GA: Council of State and Territorial Epidemiologists; 2015. Available at <http://c.ymcdn.com/sites/www.cste.org/resource/resmgr/PS/13-EH-01.pdf>.
  • Masters GM. Introduction to environmental engineering and science. 2nd ed. Upper Saddle River, NJ: Prentice Hall; 1998.
  • Pelham TW, Holt LE, Moss MA. Exposure to carbon monoxide and nitrogen dioxide in enclosed ice arenas. Occup Environ Med 2002;59:224–33.
  • Agency for Toxic Substances and Disease Registry. Toxicological profile for carbon monoxide. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, Agency for Toxic Substances and Disease Registry; 2015. Available at <http://www.atsdr.cdc.gov/toxprofiles/tp201.pdf>.
  • CDC. Nitrogen dioxide and carbon monoxide intoxication in an indoor ice arena—Wisconsin, 1992. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 1992;41:383–5.
  • Minnesota Department of Health. Summary of ice arena rules. Minneapolis, MN: Minnesota Department of Health; 2013. Available at <http://www.health.state.mn.us/divs/eh/indoorair/arenas/forms/keychangestorule.pdf>.
  • Sircar K, Clower J, Shin MK, Bailey C, King M, Yip F. Carbon monoxide poisoning deaths in the United States, 1999 to 2012. Am J Emerg Med 2015;33:1140–5.
  • CDC. Carbon monoxide poisoning at an indoor ice arena and bingo hall—Seattle, 1996. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 1996;45:265–7.
  • Paulozzi LJ, Satink F, Spengler RF. A carbon monoxide mass poisoning in an ice arena in Vermont. Am J Public Health 1991;81:222.
  • Chambers CA, Hopkins RO, Weaver LK, Key C. Cognitive and affective outcomes of more severe compared to less severe carbon monoxide poisoning. Brain Inj 2008;22:387–95.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ