一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)アジア人、ハワイ先住民、他の太平洋諸島民における糖・・・

MMWR抄訳

rss

2015/11/20Vol. 64 / No. 45

MMWR64(45):1261-1266
Diabetes Among Asians and Native Hawaiians or other Pacific Islanders — United States, 2011–2014

アジア人、ハワイ先住民、他の太平洋諸島民における糖尿病 ― アメリカ、2011~2014年

Behavioral Risk Factor Surveillance Systemの2011~2014年のデータより、18歳以上のアジア人およびハワイ先住民または他の太平洋諸国民(NHPIs)における自己申告による医師により診断された2型糖尿病の罹患率およびリスク因子を州別に分析した。アジア人の分析には32州、ワシントンDCおよびグアム、NHPIsの分析には5州(カリフォルニア、ハワイ、ニューヨーク、ユタ、ワシントン)およびグアムのデータを用いた。アジア人全体における2型糖尿病の年齢補正罹患率は9.9%、NHPIsでは14.3%と白人(8.0%)に比べ有意に高値であった。州別ではアジア人が4.9%(アリゾナ州)~15.3%(ニューヨーク州)、NHPIsが13.4%(ニューヨーク州)~19.1%(カリフォルニア州)であり、アジア人は8州にて、NHPIsは分析対象すべてが最上位4分の1(>10.5%)に属した。また、アジア人に比べNHPIsにて有意に高値を示したのはカリフォルニア州(19.1% vs 9.7%)、ハワイ州(13.9% vs 8.8%)、ユタ州(18.6% vs 6.4%)、グアム(15.7% vs 8.5%)であり、ニューヨーク州(13.4% vs 15.3%)、ワシントン州(17.8% vs 10.0%)では有意差を認めなかった。リスク因子の分析では、アジア人に比べNHPIsは年齢および教育レベルが低く、BMIが高値であった。NHPIsはアジア人に比べ18~44歳(5.8% vs 2.0%)および45~64歳(25.0% vs 15.6%)にて有意に罹患率が高く、また、女性(16.1% vs 8.5%)、高卒未満(27.6% vs 11.0%)および高卒より上の学歴(15.9% vs 9.5%)でも有意に高く、BMIおよび身体活動状況による有意差は認めなかった。以上、アジア人およびNHPIsにおける糖尿病罹患率は白人に比べ高く、これら少数民族への効果的な介入の必要性が示唆された。

References

  • American Diabetes Association. Standard of medical care in diabetes—2014. Diabetes Care 2013; 36(Suppl 1).
  • Karter AJ, Schillinger D, Adams AS, et al. Elevated rates of diabetes in Pacific Islanders and Asian subgroups: the Diabetes Study of Northern California (DISTANCE). Diabetes Care 2013;36:574–9.
  • McNeely MJ, Boyko EJ. Type 2 diabetes prevalence in Asian Americans: results of a national health survey. Diabetes Care 2004;27:66–9.
  • Lee JW, Brancati FL, Yeh HC. Trends in the prevalence of type 2 diabetes in Asians versus whites: results from the United States National Health Interview Survey, 1997–2008. Diabetes Care 2011;34:353–7.
  • Maskarinec G, Jacobs S, Morimoto Y, Chock M, Grandinetti A, Kolonel LN. Disparity in diabetes risk across Native Hawaiians and different Asian groups: the multiethnic cohort. Asia Pac J Public Health 2015;27:375–84.
  • Graubard BI, Korn EL. Predictive margins with survey data. Biometrics 1999;55:652–9.
  • Geiss LS, Pan L, Cadwell B, Gregg EW, Benjamin SM, Engelgau MM. Changes in incidence of diabetes in US adults, 1997–2003. Am J Prev Med 2006;30:371–7.
  • Choi SE, Chow VH, Chung SJ, Wong ND. Do risk factors explain the increased prevalence of type 2 diabetes among California Asian adults? J Immigr Minor Health 2011;13:803–8.
  • Gujral UP, Pradeepa R, Weber MB, Narayan KM, Mohan V. Type 2 diabetes in South Asians: similarities and differences with white Caucasian and other populations. Ann N Y Acad Sci 2013;1281:51–63.
  • Ma RC, Chan JC. Type 2 diabetes in East Asians: similarities and differences with populations in Europe and the United States. Ann N Y Acad Sci 2013;1281:64–91.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ